<   2016年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
今週のオイシイ
スルメ二杯でサラダとゲソのイカワタ炒め
c0002260_8481451.jpg
かつお
c0002260_85044.jpg


ピーマンのえび肉詰め
c0002260_8502189.jpg
c0002260_8505659.jpg


大根の煮物が食べたい
c0002260_853884.jpg


More
by eight-b | 2016-06-10 08:52 | Comments(0)
先週のオイシイ
天橋立土産 柿巻きをクリームチーズで
干し柿好きにはたまりません。
c0002260_8382358.jpg
グルテンフリーの玄米麺パスタでナポリタン
c0002260_8384280.jpg
焼きベビーコーン
c0002260_8342821.jpg
バーボンソーダ
c0002260_8324964.jpg
焼き茄子
c0002260_8322995.jpg
牛しゃぶサラダ
c0002260_8321197.jpg

by eight-b | 2016-06-10 08:35 | Comments(4)
29日 30日 31日
毎日ブロッコリー食べてます。
c0002260_754042.jpg
出石そばリベンジは深大寺そばで
c0002260_816128.jpg


最高に脂の乗った鮎でした。
焼き茄子も美味しい。
c0002260_831416.jpg
c0002260_85282.jpg


潰したアボカドに、レモンの絞り汁、すりおろしニンニク、塩コショウ
マヨネーズ少々
ブロッコリー、ボイルエビ、 または高級カニカマ
c0002260_855419.jpg


鰹の刺身 新玉ねぎと薬味たっぷり 自家製甘酢で
c0002260_8102825.jpg

牛丼
c0002260_8205323.jpg
c0002260_8135181.jpg
c0002260_8141475.jpg

by eight-b | 2016-06-10 08:21 | Comments(0)
26日 27日 28日
旅行後の料理画像たまってます。

26日
アスパラガスの肉巻きフライ
c0002260_7562640.jpg
c0002260_7575285.jpg

出石そば(う〜む)
c0002260_7592535.jpg


27日 28日
アスパラガスと桜えびの炊き込みごはん
c0002260_817295.jpg

焼き茄子美味しい
c0002260_873122.jpg

c0002260_891997.jpg
c0002260_810449.jpg
c0002260_837450.jpg
c0002260_8134577.jpg

by eight-b | 2016-06-09 08:15 | Comments(0)
ちょっと振り向いて見ただけの丹後半島初夏景色
最終日 今日は何処へ行くのだろう
もはやミステリーツアーと化して参りました(≧∇≦)


最終日は9時集合9時出発でした。
城崎温泉を後にして、但馬の小京都 出石城下町へ

辰鼓楼(日本最古の時計台)
c0002260_1621353.jpg
実はここ兵庫県なんです。
えーーー!兵庫も日本海に面していたんだという驚きが2人を襲う…
やだM子も知らないの?伊根の舟屋に行きたいって言ったのに?
未知の日本海。無知の近畿。丹後半島日本海~♪ (石川さゆりで)
近畿地方に疎いというより、日本に疎いわたしたち。
60年間なにしていたんでしょうか。
モシカシタラワタシタチチョットフリムイテミタダケノ異邦人♪
(帰って日本地図から勉強し直そうねと反省したとかしないとか)

出石町の誕生
出石町は、「古事記」「日本書紀」にも名前の見える歴史の古い町です。
但馬開発の祖神ともいわれる新羅の王子天日槍が、垂仁天皇3年に
渡来してこの地を拓いたと伝えられ、町名も、天日槍の宝物である
『出石小刀』に起因したといわれています。
 (なに言ってるかワカリマセン)

記憶に残ったのは、出石そばが信州上田藩伝承のものだということと
お土産屋さんのおばさまが岸恵子より10歳年下ということ、その岸恵子
が今だもって超美人だったという話で盛り上がったことでしょうか。
(岸恵子さんには7年前遭遇)
だいたいね、天橋立って地図上のどこ?とか言い合ってるんじゃないわよ。
スマホで日本地図出して「ここらへん?」の京都の隣が兵庫だったなんて
あなたにとって私、ただの通りすがり、ちょっと振り向いてみただけの阿呆人♪


日本標準時子午線 東経135度標識 
東経135度北緯35度30分 兵庫県豊岡市但東町中山
そばに子午線公園がありました。
関東地方は東経140度、その時差20分
全国を網羅する超頭の切れるご年配のバスガイドさんが
猿でも分かるように詳しく教えてくれましたが、猿たちは
ガイドさんの実年齢が気になって皺の数ばかり数えていた
ことはナイショ。バスガイドさんの定年っていくつ?
c0002260_169294.jpg


丹鉄こと丹後鉄道 栗田(くんだ)駅
絶景の海の上の由良川橋梁を渡るローカル列車
「京都丹後鉄道」に乗車します!

c0002260_1610095.jpg
ここって日本地図のここ!とピンポイントで指せない悲しさ。
c0002260_1611366.jpg
長閑と懐かしむよりついこの間までここにいたような気がします。
c0002260_16134481.jpg
ちんぷんかんぷん
c0002260_16143886.jpg
雅な駅名もふりがなのおかげです。
c0002260_16151243.jpg
四所(ししょ)で下車。
乗車時間20分くらいだったでしょうか。
電車に乗り遅れるとその後1時間電車が来ないというので
早い到着。電車が来るまで30分くらい待ちました(^_^)v
c0002260_16154335.jpg
そして由良川橋梁を渡るローカル列車も乗ってみればなんてことなく
こんなところを走っていたのを今知りましたorz
無駄に人生生きてます。
c0002260_173558100.jpg


五老ヶ岳公園から
田辺富士と呼ばれる建部山
c0002260_1616247.jpg
近畿百景第1位に選ばれた絶景です。
c0002260_14153559.jpg


そして最終日最終地はここ、舞鶴引揚記念館
この度ユネスコ世界記憶遺産に登録されることが決定しました。
引揚者自らの寄付金とさまざまな品々で開館に至ったことと
日本人が忘れてはいけない自国の歴史がそこにはありました。
心の琴線に触れる最終地でした。
(帰宅後、オバマ大統領広島訪問が実現され、忘れてはいけない
歴史の重み、戦争の悲しみというものを改めて心に刻みました。)
c0002260_16174021.jpg
c0002260_1618722.jpg
まるで修学旅行のような二泊三日の弾丸ツアーもこれにて終了。
これより新幹線米原駅に向かいます。
(この方はツアーガイドさん)
c0002260_16192252.jpg


行きは岐阜羽島駅から観光バスで3時間。
帰りは舞鶴引揚記念館から米原駅まで2時間半
そしてこだまで3時間(^_^;)
日本海は遠いなという感想以上の感動と楽しい旅でした。
いろいろあったけどw

また機会があったら地図の読めない(コラ)
修学旅行みたいな旅に出ましょう。

股ね。

More
by eight-b | 2016-06-07 16:20 | Comments(0)