<   2016年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
丹後半島死のロード
天橋立(縦断編)
c0002260_16585799.jpg


二日目 
ホテル前8時集合7時55分出発(゜゜)
平均年齢70古希の集団行動は時間に厳しく正確過ぎて
5分前に集まろうものならなにやら平身低頭な遅刻気分で
バスに乗り込むことになります(笑)
今日のメニューは朝一で天橋立3,6kmを歩いて渡るんだそうです。
昨日につづき、今日も天橋立ということは、そうかこのツアーって
天橋立がメインなのか、と今更気づく還暦二人(ここでは若手)。
そりゃそうだよね。なんせ日本三景だもんね。
天橋立、松島、、、、えーとあと一つ、、、
宮島さんごめんなさい。
M子は数年前お一人さまツアーで行ってます。
私は修学旅行で行きました。48年前に。


==============

廻船橋の小天橋(しょうてんきょう)を渡って天橋立公園を縦断しまつ!
c0002260_1654754.jpg
しじみ漁でしょうか
c0002260_16574239.jpg
いざ白砂青松へ
c0002260_16534622.jpg
飛龍観から眺めたのこぎり状の白砂の先端が見えます。
c0002260_16545826.jpg
岩?
岩が積まれた堆砂堤
c0002260_1764449.jpg
どうやら岩で堆砂堤をこさえて流出する白砂を食い止めている
と後にwikiで知りました。
私ら道草しつつの最後尾だもんでガイドさんの説明聞いてません。
c0002260_16225480.jpg
けっこうごつい岩だけど飛龍観からはきれいに波打つ砂浜に見えます。
c0002260_1623228.jpg
夏は海水浴場になるんだそうですよ。うらやましい。
c0002260_1655838.jpg
景観を損ねないシャワーも完備。
c0002260_1723626.jpg
なんて美しくていい季節なんでしょうか。
c0002260_16574267.jpg
磯清水「日本の名水百選」
なんと真水が湧き出る磯清水。海の真上ですよここ。神秘極まりない。
ほのかに磯のかほりがしますが。
c0002260_17203480.jpg

はし立てや松は月日のこぼれ種  蕪村
M子がすらすらっと詠んだのでびっくりしました。ぷ。
c0002260_17185445.jpg
c0002260_17144556.jpg
ゴールは元伊勢籠(この)神社
みなさん天橋立3,6kmをなぜに急いで渡るかと言うと制限時間内に
ケーブルカーに乗って笠松公園へ。そこで今度は天橋立を内海から
眺めようという文字通り斜め一文字の天橋立でございます~。パチパチパチ。
あ、私ら若手は棄権。
その代り、年配のバスガイドさんお勧めのお土産屋さんで丹後ちりめん
の洗顔パフ買いました。これすっごくいいです。¥630




そしてここから怒涛の丹後半島めぐりに突入します。
先に言っておきますが平均年齢70に届きそうなツアーです。
至れり尽くせりとは言え、メニューぎゅうぎゅう詰めな観光巡り
と言うか、“終活旅行”と言っても過言ではありません。

天橋立から丹後半島 鬼退治伝説の 立岩 へ。
高さ30m、周囲約1kmの巨大な一枚岩(玄武岩)だそうです。
c0002260_16253240.jpg
ここでの滞在時間20分だったでしょうか。
あの向こうの立岩までみなさん律儀に歩いて行かれるんです。
天橋立を疾走したばかりなのに。orz
そばには間人皇后(はしうどこうごう)と聖徳太子の母子像が
遠目に見える。
地名は「間人」と書いて「たいざ」と読む。
超難関な読みのワケは自力で解いてください。をい。

c0002260_1626356.jpg
はい、私ら待機組。
波打ち際で時間つぶしてました。
c0002260_16263067.jpg

袖志の棚田「日本の棚田百選」
ここも歩いて上ります。全員参加。
真夏日近い炎天下に上ってはみたものの、さほど達成感が
ないのは、近年の過疎化、高齢化で休耕地が増えたせいかもね。
それともみなさんもっとすごい「日本の棚田百選」眼をお持ちだとかw
c0002260_16354244.jpg
c0002260_1637548.jpg
c0002260_16374093.jpg
c0002260_16382595.jpg


経ヶ岬 (丹後半島の先端)
の灯台まで徒歩20分が本日最強のカリキュラム(@_@;)
おいら岬の灯台守は妻と二人で沖ゆく舟の無事を祈って灯をかざす灯を かざす♪ですよ。
ここをね、天橋立、立岩、袖志の棚田からの~全制覇する古希軍。
c0002260_16385322.jpg
登らない私らは経ヶ岬公園で弁当広げて食べました。
c0002260_16391597.jpg
鳴砂の琴引浜
日本の白砂青松100選・日本の渚100選・日本の音風景100選
c0002260_16414370.jpg
穏やかな日本海と美しい白砂ですがこれもすべて
「琴引浜の鳴り砂を守る会」の方々の人力で守られています。
禁煙はもちろん、砂も持ち帰っちゃだめなのよ。
c0002260_1642899.jpg
こんなむくんだ足でもきゅきゅっと鳴きます。
c0002260_16423927.jpg


そして本日のゴール! 
縁もゆかりもない城崎温泉へ(号泣)
c0002260_1645342.jpg
c0002260_16512080.jpg
c0002260_16514250.jpg
c0002260_16521144.jpg
c0002260_16544057.jpg


                         つづく(うわ~ん)
by eight-b | 2016-05-30 16:55 | Comments(2)
象のはな子が死んだ
縁もゆかりも一面識もない井の頭動物園の象のはな子さんですが
死んだというニュース映像を見て思わずもらい泣きしてしまいました。
それよりなによりどうして象にあの「かわいそうなぞう」の名前をつける
んだろう。悲し過ぎる。
地元横浜の野毛山動物園のぞうさん(2003年享年59歳)だって、、、
と思ったら、野毛山動物園の象さんの名前ははま子さんでした(≧∇≦)


そんなぞうさんの思い出にちなみ私の中の象の話。

足が象さん。

足首が象さん化。

早い話がむくみというやつです。

血液ドロドロで血行が悪いのが原因なのでしょうか。(高血圧)
そう思って酒もやめて血圧を下げましたが足のむくみは一向に改善されず
むしろ最近は朝からむくみ始める始末でした。
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほどなのに、血行の悪さを自らの
象化した足で如実に知る。このままでは確実に象になってしまう。パオーン。

そして土曜日、こんなものを従妹から借りてきました。

ふくらはぎマッサージ機
c0002260_12325446.jpg


結論から言います。
ここ数年悩んでいたむくみがきれいさっぱりなくなりました。
たった一晩のふくらはぎマッサージで翌日一日歩き回ったにも関わらず
夕方までむくみ知らず。え、マジ?と我が目を疑うほど軽やかな足元。
それまでは足首を曲げるとむくみで圧迫され、ぱんぱんに腫れ上がった
足首周辺にかつて足首があったことさえ忘れそうな象化現象。パオーン。
それがたった一晩のマッサージ機効果で足首が出現!なにこれ?
ただ残念かな、これほどすぐに効果が現れるとは思わなかったので
ビフォー画像を撮るの忘れました。
アフターはほれこんなに細い足だったのよ。
「細くはないだろ」 by夫ドッコイ
どっちにしても見せられませんが足首が出現したことだけはマジびっくり!
その即効性に驚く。

実際使用した感想は、ふくらはぎについては両脇をつねられている感じで
後ろ側をツボ押しして欲しいのとは違う仕様だった。
その代わり足裏のツボ押しは悲鳴をあげるほど痛い。
ま、いろいろコースがあるので自分に合ったコースや強弱を選択すれば
あなたも一晩でその効果を実感できるでしょう。

ドロドロに滞っていた血管を強引に揉みほぐして
淀みなく貫通してもらった感じ。
満足度100%です。
ありがとう!60thスプリング!(還暦の春!)
by eight-b | 2016-05-30 08:56 | Comments(7)
伊根の舟屋
c0002260_1635490.jpg
c0002260_16505794.jpg

c0002260_16335882.jpg
c0002260_16333053.jpg
c0002260_16275388.jpg
c0002260_1626375.jpg
c0002260_16565381.jpg


c0002260_1624391.jpg
c0002260_17315135.jpg
c0002260_16235584.jpg
c0002260_1659214.jpg

海も山も空も
日本って本当に美しい。
まだこんな風景が残っていたんだと
鄙びた漁村に郷愁を感じていたら
海から見える舟屋の奥にはみなさんの山が眠る蔵をお持ちだとか
(蔵に 宝 と描いてある(笑))
しかも蔵三つ持っているおばーさんがガイドさんでした。
その昔は鯨や鰤で賑わってそれで儲けて蔵を建てたらしいです。

お天気にも恵まれて、観光地とは思えないGW明けの静かな丹後半島
伊根の舟屋でした。
磯臭い空気までも澄んで眼福でした。
日本ってホントすばらしい。
c0002260_16233342.jpg

by eight-b | 2016-05-26 15:05 | Comments(0)
天橋立(鳥瞰編)
「私、伊根の舟屋に行きたいの」

そんなM子の一言に二つ返事で飛びついたのが三か月前。

「ツアー行程は旅行会社のHPからコース番号を入力すると検索できるよ」

その後一月経って一度アクセスしてみたけど、見知らぬ地名だらけなので
そっと閉じたあの日からついに下調べもなくその日がやってきました。

ちなみに私は“団体さまツアー”は修学旅行と社員旅行以来初めてです。
ざっと●●年ぶりでしょうか。
註:10年ではありません。20年でもないです。30年でも…以下省略

──────

京都が日本海に面していると知ったときの驚きから幾星霜。
天橋立が京都だという確たる思いもなくただぼんやりと・・・
そしてここではまだ目的地の伊根の舟屋のおまけみたいな・・・

ばか。

ところがそのあまりにも風光明媚な絶景に軽く眩暈にも似た驚きと
感動が二人を襲うのでした。ああなんという想像を絶する美しさよ。
まさに日本が誇る景勝地!
ちなみに日本三景の一つです。三つ全部言えなかったけどorz
c0002260_15252438.jpg


---------
団体ご一行さまと
c0002260_14463686.jpg
先ずは丹後一宮元伊勢籠(この)神社
天橋山 智恩寺参道のお土産屋さん二階で団体昼食。
焼きアワビとサザエの壺焼き、ウニやイクラの寿司10貫の内容については
あえてスルーしまつ。


籠神社天橋山 智恩寺のおみくじは扇です。美しい。
c0002260_14472856.jpg
M子さん二冊目の御朱印帳持参でありがたく御朱印ゲット。
ちなみに扇おみくじは「小吉」でした。
c0002260_14344198.jpg


More
by eight-b | 2016-05-26 12:11 | Comments(0)
白砂青松
序章
c0002260_1257114.jpg


超ハードな激烈ツアー 二泊三日 目標 10,000歩/1日

平均年齢70! (バスガイドさん含む)



             つづく(続かなかったら死んだと思ってください)
by eight-b | 2016-05-25 22:38 | Comments(0)
のどぐろ
錦織くんですっかりお馴染みののどぐろ(赤ムツ)
初めて口にしたのは、初めての北陸旅行金沢で
浅野川沿いの魚常さんでした。
三陸気仙沼で食べた吉次(キンキ)と同じくらい感動しました。
いずれ菖蒲か杜若(本日の言葉検定)
c0002260_771810.jpg

c0002260_6565990.jpg
食べたのはこちら。炙りで。
c0002260_6564175.jpg
うわーやっぱりおいしい!
c0002260_6562124.jpg
今年はサンマ並みに入荷が難儀な鰹だそうです。
こちらも炙ってもらって塩で。
c0002260_656697.jpg
そら豆好き。バケツいっぱい食べたい。
c0002260_6555119.jpg
鮨辰特製カレー 今夜はやまと豚尽くしのポークカレー
カウンター隣の初めてのお客さんが「ここは何屋さん?」と驚くのも
もう慣れましたw
c0002260_6553549.jpg

ホタルイカ、アサリの酒蒸しツユたっぷり
カレーの前に鯵フライも食べたんだった。ソースとタルタルで。
by eight-b | 2016-05-20 06:57 | Comments(0)
寛(ゆったり)
寛ぐの寛の文字も一文字だとゆったりと読むそうです。

今朝の言葉検定 「油断」の語源
を一滴でもこぼしたら命をつ。
他、「寛(ゆた)に」が音変化し「油断」の説から。


本日の血圧検定 128/74 下がってるからとゆったり油断めさるな。
c0002260_7223696.jpg
c0002260_7332673.jpg

by eight-b | 2016-05-19 07:27 | Comments(0)
煮魚定食
水素水カードを購入しているので毎日スーパーに水素水を汲み?に行く。
行ったら買い物しちゃうよね。おかげで毎日その日の目玉商品やその日
入荷された新鮮なものが手に入るのだけどつい買い過ぎて鮮度を落とす
ことにもなりかねないわけで、ご利用は計画的に、且つ、その日食べる
分だけのご利用をオススメしまつ。私。
ところで水素水の効能がいまだよくワカリマセン。
あえて言うなら、酒量が激減した?とでもしておこう。

今夜はビール飲みました。

手のひらサイズの鰈の煮付け
鶏手羽中のカリカリポン酢荏胡麻オイル掛け
ほうれん草のお浸し、トリュフ塩ポテト、豚汁、玄米ご飯、ぬか漬け
c0002260_885910.jpg
c0002260_8111972.jpg


夕方の痛み止め(カロナール)やめました。
by eight-b | 2016-05-18 08:10 | Comments(0)
豚汁定食
鰆の西京味噌、北海道海鞘酢、トリュフ塩ポテトのローストビーフ包み
c0002260_8384642.jpg

今年の宮城海鞘は不漁だな(ショボい)と感じていたところの北海道海鞘!
これぞホヤ!大きさも味も申し分ありません。
トリュフ塩ポテトのローストビーフ包みは、新ジャガをマッシュして
バター、トリュフ塩で味付け、ローストビーフで包みました。


昨夜のタコパセリに蕪を加え、塩昆布、オリーブオイル。
c0002260_8363856.jpg


豚汁定食はお疲れのドッコイへ
c0002260_837126.jpg



夕方になるとどういうわけか体調が悪くなるので、酒なし、飯なし
久々の緊急地震速報にビビりながらも定刻22:30就寝。
by eight-b | 2016-05-17 08:38 | Comments(0)
週末の過ごし方
c0002260_837036.jpg

土曜日は月一美容院からの夏物ショッピング。
のつもりがついニットのロングカーディガン買いました。
こんな風に着られるともはや別物ですがorz
c0002260_8543412.jpg
来週二泊の旅行用にDesigual
サイケなスペインにしては地味でしょ。


夕方になると喉の痛みが増し、体調が猛烈に悪くなる。
料理の写真も撮れないほどなので、アスパラの肉巻き一枚しか
アルバムには入っていませんでした。
寝る前の痛み止めとプロポリスキャンディーで凌いでいます。
全ては来週の日本海のために。
by eight-b | 2016-05-16 08:37 | Comments(0)