<   2014年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
ワインのお取り寄せ
サーモンのハニージンジャーマリネ
c0002260_8274235.jpg
c0002260_8282043.jpg



ジャガイモ、カリフラワー、ブロッコリーのグラタン
c0002260_8293516.jpg


一年間取り寄せた赤ワイン3本セットが今月で終わり
すっかり赤にはまったドッコイが今度は6本セット(赤、白)で継続しよう
と提案してますが悩ましいところ。フトコロ具合が。
c0002260_8355755.jpg

by eight-b | 2014-10-31 08:35 | Comments(0)
本日の晩酌メニュー
朝作ってアルミ箔で包んでタオルにくるんでおいた
黒毛和牛のたたき
余熱がいい感じでたたきというよりローストビーフ。
c0002260_81745.jpg


Jのサラダ再び
前作は花子がお持ち帰り。
今回はカニカマをパナメイエビに替えました。
殻を剥きワタを取り除き二等分にしたエビを
酒を加えて沸騰した湯に入れたらすぐに火を消し
蓋をして、そのままじっと3分(~5分)待つのだぞ大五郎←ダレ?
この手間でやらかくてジューシーで風味絶佳なエビになる。
c0002260_893664.jpg


白魚の塩辛のせ冷奴
ドッコイの泊まりゴルフ土産の白魚の塩辛はそのままだと
塩っ辛くてイマイチだけど、こうやって食べるとたまらない旨さ。
c0002260_8143774.jpg


牡蠣の酒蒸しはタジン鍋で
牡蠣の蒸し汁は翌日雑炊に。
c0002260_8204982.jpg


ドッコイの炭水化物は
在庫の栗ごはんチャーハン
たっぷりのネギとバター醤油で「ウマイウマイ」と完食したよ。
c0002260_8235043.jpg

by eight-b | 2014-10-29 07:38 | Comments(0)
回転寿司と時代劇の記
c0002260_1620398.jpg
最近はまっている回転寿司。
今月なんて三回も行ってしまった。
いつからこんなに回転寿司がおいしくなったんだ
と、遠い記憶を呼び起こしてみれば、そう寿司が100均で
食べられる時代の回転寿司からの~

たまに行くことはあったけど、回転寿司を使いこなしていなかった。
それが三回も通ったらすっかりコツを覚えてしまったことが勝因かも。
ただおいしくなった分、100円握りなんて(あるのか?)たのまなくなったので
それなりのお値段ですのよね。
この日はしょっぱなから生牡蠣二個スタートでした。
でかい!岩牡蠣かと思うくらい大きい新鮮ぷりっぷり! (一個360円は適正かも)
ドッコイが注文したノドグロなんて¥864!
映画の後のお楽しみが一つ増えた日曜ランチなのでした。
c0002260_1621345.jpg
映画は 「蜩の記」
クライマックスまで冗長過ぎてやや退屈感はあったものの
次は 「柘榴坂の仇討」か? と時代劇脳にさせてくれました。

c0002260_1621281.jpg
暑くてファスナー下げ過ぎですが
この日の出で立ちは偶然にもTOMMYのペアルックになってしまった
アラ還夫婦なのでした。自撮へたくそ。
c0002260_16263611.jpg
 
by eight-b | 2014-10-27 16:20 | Comments(0)
すべてはJのために
Jのサラダ
 ユリ根が手軽に手に入る今が旬のサラダです。
 お供は竹鶴をロックで。
 ニッカは久しぶり。ニッカの味だ。懐かしい。
c0002260_93852.jpg


トンテキ
c0002260_9393413.jpg


黒豆ブームの黒豆ごはん
c0002260_9494325.jpg


最近の食卓。
並んで食べてます。
c0002260_9401841.jpg


台風の置き土産
by eight-b | 2014-10-27 09:36 | Comments(2)
ハロウィン
土曜日 ハロウィン孫襲来。

黒豆入りのハンバーグ、ジャガイモのグラタン
徳島大豆のしょうゆ豆(志麻子さん徳島土産)等々。

翌日も引き続き余りもので赤ワインな老夫婦。
c0002260_9252332.jpg


More
by eight-b | 2014-10-26 14:03 | Comments(0)
小机『味楽』で決起集会
志麻子さんの長年の持病がついに手術という運びになり
来月の手術に向けて立会人を任命されました。
今日は志麻子さん術前検査の後、手術の説明を一緒に受けました。

二人ともちょろい手術だと高を括って挑んだら
全身麻酔の他に筋弛緩剤投与も合わせて行われ
その際自力呼吸が出来ないので呼吸器を装着しての
手術になるのだとか。
手術による副作用も説明されて、その際の発病率は?
な、な、なんと 10%!

延命治療はしないという辞世の句まで請けて責任重大なわたし。

術前に思い残すことなく飲みまくろう。
c0002260_8154443.jpg

お通しは 食べ頃三週間程度と言われる幻の丹波の黒豆枝豆
c0002260_822675.jpg
先付のフォアグラの茶碗蒸し
c0002260_823393.jpg
味楽の宝石箱
c0002260_8264951.jpg

余命三十年の志麻子さん辛抱堪らず伊勢の白酒を
c0002260_827759.jpg
ご相伴。
c0002260_8475275.jpg
立会人の私はいつもの綿屋
c0002260_829186.jpg
松茸の土瓶蒸しは国産に間に合わずでしたが無問題。
鱧の下にたっぷり松茸
c0002260_8351481.jpg
お造りの鮪 鯛 平貝 ともう一品のぼたん海老の設えに感動。
まさに日本料理の美のツボ。
c0002260_8412666.jpg
c0002260_8454080.jpg
強肴 蒸鮑 雲丹 落花生 は割山椒で
c0002260_8535016.jpg
炊合せ  石川芋 穴子 蓮草 しめじ 菊花
食材ずつの味付けが完璧で唸ります。
c0002260_8512281.jpg
焼物 銀鱈の西京焼き(?)と栃木牛 は 酔って食べるのに夢中になって撮り忘れ。
志麻子さんは胸がいっぱいで銀鱈はお持ち帰り。
地上最強の美女バイオニックジェミーと畏れられた志麻子も人の子だった。

いづみはし 赤とんぼ(神奈川) と 義侠 (愛知) だったでしょうか。 
朝鮮白磁と備前徳利(?)が美しい。
c0002260_8592696.jpg
無花果の天ぷら
c0002260_931140.jpg
柿生酢
食べるのがもったいないくらい美しい。
c0002260_995264.jpg
鯛めし
c0002260_9105312.jpg
c0002260_9113061.jpg
味楽餅
c0002260_9115389.jpg


志麻子さんごちそうさま。
お酒は一人四合飲みました(飲み過ぎ)
いっしょに頑張って長生きして老後は楽しく遊びましょう。
by eight-b | 2014-10-24 08:01 | Comments(4)
秋刀魚定食
リンナイのビルトインコンロはハーマンのもの。
グリルはオートメニュー付き。
秋刀魚は「姿焼」メニューでスイッチオン・・・

焼け過ぎて受け皿にたっぷり秋刀魚の脂落ちで
思いがけずカリカリの焼き秋刀魚となったのでした。
秋刀魚苦いかしょっぱいか。
あわれ
秋かぜよ。
c0002260_955966.jpg


芋煮汁、豚ばら煮、菊水ひやおろし
c0002260_959987.jpg

by eight-b | 2014-10-23 09:41 | Comments(2)
丹波黒大豆枝豆ごはんとあんぱん注意報
c0002260_7461681.jpg
絶品!
夜も朝も食べ過ぎ注意。自分。
黒豆枝豆の薄皮は剥きません。
c0002260_7465867.jpg


かたや ずんずんずんずんだあん♫ の方は薄皮を取り除きます。
取り除いた薄皮は豆繋がりで豆ぞうへ。
こちらも油断すると枝ごと食うので要注意。
c0002260_75211.jpg
ひと塩と夏の工事に用意したガムシロップの残りを少々タラリ。
c0002260_7545134.jpg
c0002260_755485.jpg
塩パンにはさんでずんだあんパン
c0002260_7553142.jpg


あー、食べ過ぎた。やばいやばい。

More
by eight-b | 2014-10-22 08:16 | Comments(4)
丹波の黒大豆枝豆
まずは茹でて
c0002260_8153734.jpg
c0002260_8175726.jpg
c0002260_819419.jpg
c0002260_8193147.jpg
c0002260_8241245.jpg
c0002260_8243858.jpg


ワインのアテにおいしかったー

これからずんだ餡に。

c0002260_834027.jpg


More
by eight-b | 2014-10-21 08:30 | Comments(2)
おひとりさま
年に一度のお泊りゴルフでドッコイ留守の週末でした。
一人の晩酌はなんにもやる気しなくて
昼間にキズモノ里芋を全部剥いて
唐戸市場土産のお出汁で煮ただけの芋に
柚子殿(柚子こしょう)味の田楽味噌をかけて
芋を肴にワイン開けました。
c0002260_844738.jpg


物足りないので
サンジェルマンのくるみパンに“ぬるゴンゴーンゾーラ”のスプレッド
の上に、いちじくとトマトのジャムをのせて。まいうー。
c0002260_8133250.jpg


翌日は朝一で映画「グレース オブ モナコ」
おひとりさまならではのチョイスです。
c0002260_8221889.jpg
予告も見ずに先入観なしにただのシンデレラ物語だと思って見たら大間違い。
政治的な社会派サスペンス映画ですのよ、奥さん。

グレースケリー=ニコール・キッドマンの違和感も
国家存亡の危機のサスペンスならありかも。
後半は不覚にも感動の涙まで流し
見終わった後は『ほんまかいな』と思うほどの感動作。

最初に”事実に基づくフィクションである”との前置きだったので
帰ってから“モナコ公国”の変遷などにわかにwikっちゃいますた。

あー、おもしろかった。
c0002260_8364840.jpg

by eight-b | 2014-10-20 08:40 | Comments(2)