<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
なまらうまい北海道
やっぱり冬の北海道っておいしいね。

★北海道の出汁昆布
 果たして味の違いが判るのか?という命題はさて置き(ヲイ)
 ここに真昆布が揃うと昆布4兄弟になります。
 水にひたして こんぶこんぶ
 4つそれぞれ こんぶこんぶ
 鍋でゆられて こんぶこんぶ
 こんぶ4兄弟 (だんご3兄弟パクリ)
c0002260_10405348.jpg


★北海道のスイーツ
 べたですが、冬の北海道のスイーツはどれもレベル高いっす。
 次回用に備忘録(次回があるかわかりませんが)
 ◎石屋製菓(札幌大通西4ビル ISHIYA SHOP)
   せっかくなのでバレンタインチョコも買い込みました。(雪だるまくんチョコレート)
   リッチチョコバウムTSUMUGI              パレット・レアチョコ 
 
c0002260_10531053.jpg
 
 それぞれ瞬殺喰いですた。チョコバウムは写真すら撮る暇なく。
c0002260_11135018.jpg

 ◎六花亭 マルセイキャラメル、バレンタイン ラウンドハート  (札幌駅)
 ◎北海道牛乳カステラ キューブラスク・キャラメル (千歳空港)
 ◎千秋庵 山親爺のおきみやげ (本店) 
 ◎柳月 「ボンヌ」 (未知の味)
c0002260_11113079.jpg
 


まだまだいっぱいあるのでつづく。かも。
 
by eight-b | 2014-01-31 10:55 | Comments(4)
2014 札幌牡蠣部
c0002260_7562533.jpg


札幌 ぎゃんと に牡蠣食べに行ってきました。
c0002260_892255.jpg


前回より学び、うまい牡蠣はそのままがうまい!
ということで、生牡蠣、焼き牡蠣、蒸し牡蠣 はシンプルにレモンで。


本日の最高牡蠣 根室
厚岸大、小、カキエモン大、小と食べ比べてもピカイチの根室
お値段も倍しますけど別格です。
c0002260_1425572.jpg


生牡蠣がまだあるのに二本目
c0002260_14445590.jpg


根室を食べ尽くす
このためにグラスのシャブリを残せ!指令発令
c0002260_14292180.jpg


焼き牡蠣
熱を加えると更に牡蠣の旨味が増しますね。
しっかり目のシャルドネが俄然合う。
c0002260_14363427.jpg


蒸し牡蠣
添えられたガーリックオイルがあまりにもおいしくて
この後バゲットをたのんでガーリックトーストにしました。
c0002260_14395215.jpg
c0002260_14414394.jpg


c0002260_14511378.jpg
三本目は軽い赤で(早過ぎませんか?)

牡蠣のコキール
濃厚な北海道牛乳を使ったコクのあるホワイトソースがいいね。
c0002260_14553631.jpg


牡蠣のパスタ
c0002260_7215090.jpg


サービスで出していただいた牡蠣の燻製のオイル漬け
やわらかい!ジューシー!と絶賛に次ぐ絶賛の嵐で感動していたら
あるだけ全部お土産にいただきました。志麻子さんが。
c0002260_7312451.jpg


珍しいアサリの刺身
ここ ぎゃんと に来たら外せない一品。
前回は品切れでした。牡蠣とはまた違う生貝の美味しさに驚く。
c0002260_1449483.jpg
c0002260_747213.jpg



牡蠣以外のサイドメニューも充実しています。
前菜のロールキャベツから絶品で(写真なし)
箸ですっと切れて、そのトマト味も絶妙で、それも圧力鍋なんて使っていなくて
これはきっとキャベツが違うんだろうと絶賛していたら、こだわりの地元豚を
使っているのだそうです。
初めの一皿で感動しまくり、早、牡蠣の前に感動の火ぶたが落とされたのでした。

自家製ベーコン
c0002260_7174381.jpg


長芋のソテー
c0002260_7181449.jpg
そして最後は牡蠣ごはんのおむすびとしじみ汁で〆て
二度目のぎゃんとも大満足でごちそうさま!

c0002260_7385494.jpg
c0002260_739517.jpg
お外は吹雪吹雪氷の世界♪

この後、♪恋するフォーチュンクッキー♪(振り付き)までカラオケ二時間。
札幌の夜は静かに更けていったのでした。

More
by eight-b | 2014-01-28 14:33 | Comments(2)
CHAN LUU  と 161億円メニュー
去年の暮れにデパートの特設売り場で
CHAN LUU のブレスレットを購入しました。orz

しかもニュースのまんまのターコイズのやつ。

南極2号の誕生日プレゼントにしたら
CHAN LUU なんて知らないとぬかすので
まさに ガガさまやら、キムタクやら、福山やらの名前を並べ立て
黄門さまの印籠のごとく括目させた。

ということでお願いしますよ横浜そごうさん。←どうか名前が挙がりませんように。

++++++++++++++++++++++++++++

一足お先に春が来たマーくんの161億円にちなみ

春メニュー

ミモザサラダ
c0002260_10141192.jpg


絹揚げと春菊のキムチ炒め
c0002260_10173542.jpg


雲白肉(ウンパイロー)
c0002260_10195637.jpg
c0002260_10202666.jpg

by eight-b | 2014-01-24 10:10 | Comments(5)
東山温泉 一泊目
今回は前々から気になっていた二宿に投宿しました。
一泊目はこちら いろりの宿 芦名 
c0002260_8482339.jpg

自慢の蔵の中が食事処です。

なんといっても食事がおいしかったです。
c0002260_9201226.jpg
桜肉、鴨のしゃぶしゃぶ、十割手打ち蕎麦
c0002260_9202651.jpg
あれだけ探し回った飛露喜だって飲めちゃったりします(笑)
メニューには載っていませんが、飛露喜を探し回っていたと言ったら
「ありますよ」と出してくれました。一合。
やはりなかなか手に入らないので常備置いているわけではないそうですが
ものは試しに訊いてみるもんですね。
c0002260_9204517.jpg
正座で囲炉裏鍋ってちょっと修行みたいですが
c0002260_9285581.jpg


米どころ会津の朝ご飯
朝からコロッケにちょっとテンション上がりました。
写真では分かりませんが、会津漆器のご飯茶碗や味噌汁椀等
すごくセンスいいです。
c0002260_9362751.jpg
c0002260_9363827.jpg


お部屋は昭和レトロな羽衣でした。
c0002260_9445992.jpg
c0002260_945821.jpg
c0002260_9451852.jpg
c0002260_9452774.jpg
c0002260_9482425.jpg
c0002260_9483730.jpg


アットホームで、女将、若女将、仲居さん(しょーこちゃん?)と美人揃い
そして芦名のいやしの岱影(タイエイ)さんはまるで荒了寛さんのような方でした。
会津東山温泉は向瀧を筆頭にどこもいいお宿ですね。

二日目の会津へつづきます。
by eight-b | 2014-01-24 08:54 | Comments(0)
会津坂下から喜多方へ
暮れの会津です。
写真の整理が追い付かずそのまま怒涛の年末を迎え
そして年をまたいで今さらですがどうぞご覧くださいませ。

12月20日から二日間、東山温泉でのんびりしてきました。

会津美里の美しい里も雪の中。(車中より)
c0002260_8155572.jpg


そこから正月の酒仕込みのため会津坂下の廣木酒造さんへ。
地元でもなかなか手に入らない「飛露喜」はもちろんございませんでしたが
「泉川 純米吟醸」 と 「泉川 純米吟醸 ふな口本生」 の二本をげと。
そしてこのしぼり立てのふな口が飛露喜を上回るうまさ!
いやー、ふな口ってあらためてうまいもんですね。
※ふな口(槽口):無濾過原酒の搾りたて
c0002260_8191519.jpg


会津坂下から喜多方へ
c0002260_8352822.jpg
こちらで喜多方ラーメンと思いきや!そば食べましたorz。
味噌田楽がうまかったなし。
お餅、里芋、厚揚げ、鰊、しし唐、椎茸
c0002260_8491543.jpg
食事の用意が整うまでお隣のうるし美術博物館へ。
漆を幾重にも塗リ重ねて出来上がる一期一会の乾漆模様は
津軽の馬鹿塗りの元でしょうか。美しかったなし。

喜多方まで足を延ばしたのは、TBS女子アナ唐橋ユミさんのご実家
「ほまれ酒造」が目的でしたが、田楽を食べた あづまさ さんで勧められた
馬車の駅 地酒蔵 でつかまる(笑)
試飲に次ぐ試飲の果て、四合瓶3本購入の後、屋根裏部屋で開催されていた
KITAKATA l♥VE ART 半沢政人さんの~紙の立体造形「Ori Kiri Ori」~
一枚の紙が織りなす光と影のアート
開催期間は終了していましたが、ちょうど片づけるところだから
ぜひ見ていきなさいと(地酒蔵のおばちゃんに強引に)
c0002260_9385262.jpg


写真はお粗末ですが、あまりの素晴らしさに半沢さんご本人と
話し込んじゃいまして、その熱き情熱に引き込まれ(お名刺までいただいて)
目的のほまれ酒造にはたどり着けませんでした。

半沢さんのFBはこちら


本日のお宿につづく。
by eight-b | 2014-01-23 10:01 | Comments(0)
雪中百姫(せっちゅうももひめ)
百田 尚樹

つい

ひゃくたももき

て言っちゃう。

どうでもいいですが。orz



中国観光客しかいなかった雪の大内宿から雪中百姫長女(四年熟成)
c0002260_9355776.jpg

  大内宿三澤屋の深井戸から汲み上げた地下水を逆浸透膜方式でRO水に替え
  会津の名酒、醸造元「花春酒造」にて特別純米酒として作り上げました。
  作りたての香りを封印したままにまろやかさを追求し大内宿の山中『雪の中』で
  1月から100日間寝かせます。
  その後に冷凍庫に床替をし、清々と育てます。まろやか美の探求です。
  5℃前後に冷やしてお召し上がりください。


長女(四年熟成)価格:4,000円と訊いて急に酔いが回ったという
なんともかんともな晩酌でした。(マジで目が回った)

椎茸の肉詰めと小松菜とレンコンのサラダ
c0002260_9415231.jpg
c0002260_942359.jpg
c0002260_9432366.jpg
c0002260_9444748.jpg


尚、雪中百姫 長女(四年熟成)は以下もございます。
次女(三年熟成)、三女(二年熟成)、四女(一年熟成)
最初からハードルの高い長女じゃもう戻れません。orz モモキ~
by eight-b | 2014-01-22 08:57 | Comments(2)
鰤照り
c0002260_7545480.jpg
c0002260_755145.jpg
さっとボイルしたほうれん草と新玉ねぎに玉ねぎドレッシング(会津まんまーじゃ)
c0002260_755877.jpg


里芋と豚肉と芹の粕汁
〆炭はスキレット焼きビビンバで。
by eight-b | 2014-01-21 08:09 | Comments(0)
雪の鶴ヶ城と大内宿
味楽で女子会の日
夫ドッコイと花子は日帰りで会津若松へ
c0002260_8384256.jpg

雪の鶴ヶ城では会津藩士が7連発スペンサー銃でお出迎え。
c0002260_9214677.jpg
c0002260_8393451.jpg
私信:エディバウアーPXSでまだ大きい
 


H23春にリニューアルされた鶴ヶ城の天守閣より
平成仕様の手すりがなんとも・・・
c0002260_9193544.jpg

雪の会津城下
c0002260_848249.jpg



大内宿
c0002260_9231985.jpg
c0002260_9233349.jpg
c0002260_925135.jpg
c0002260_9285932.jpg
c0002260_9411773.jpg
c0002260_934640.jpg
c0002260_9414527.jpg
以下、私へのお土産画像。
てなんでやねん。
c0002260_9342143.jpg
c0002260_943563.jpg
c0002260_9432692.jpg
c0002260_9444833.jpg

by eight-b | 2014-01-20 08:26 | Comments(2)
味楽で新年会
昨日は我がテリトリーの「味楽」で新年会でした。
しかも真昼間の酒宴でした。
味楽さんでは昼も一組に限り座敷でもてなしていただけます。
c0002260_134719.jpg



新年の室礼
c0002260_131008.jpg


白で乾杯の後は十四代を空け、ひたすら悦凱陣、義侠を繰り返す。
c0002260_9504162.jpg


諫早の牡蠣で牡蠣通を唸らせる。
今日はまた格別にうまいね。
c0002260_951233.jpg


フォアグラの茶碗蒸し
c0002260_9543251.jpg


味楽の宝石箱
車海老 つぶ貝 松風焼 子持若布 丹波の黒豆 たたみいわし
蛸桜煮 海老の塩辛 なまこのやわらか煮 胡麻豆腐
c0002260_9563265.jpg
なめらかで胡麻の香りが香しい胡麻豆腐からお召し上がりください。
c0002260_9595667.jpg

味楽さんのひたすらやらかい蛸桜煮が目標ですっ!
c0002260_10112592.jpg
c0002260_10293526.jpg
ナマコ嫌いの梅ちゃん完食のなまこのやわらか煮
嫌いなのはグァムのナマコなのでモーマンタイ!
c0002260_1031112.jpg


干くちこは汁にひたる前にどうぞ。
c0002260_10372878.jpg


平貝、イカ、鮃のエンガワ、海草の凝り
あしらいの、より人参、より独活が美しい。
c0002260_10435392.jpg


鮑の酒蒸しと芽かんぞう
初食感。野萱草(のかんぞう)の若芽を「芽甘草」というそうです。
c0002260_14481939.jpg


生ウニと淡路天然もずく
毎回感動する淡路天然もずく。
太くてモチモチのもずくがウニを凌駕する。
c0002260_14514763.jpg


炊き合わせの穴子がとろけるうまさ。
c0002260_1456758.jpg


ユリ根饅頭、イカの塩辛、干し数の子
貴重な国産干し数の子はコリコリとした食感が身上。
「数の子は干し数の子に限る」と言って塩数の子は絶対に
食べなかったのは志麻子のグルメな今は亡きお父さん。
c0002260_1521948.jpg


焼物はアマダイと栃木牛(?)
うれしいお肉がちょうどの量で出てきます。
c0002260_1584318.jpg


蟹の内子と外子の蟹酢ジュレ
c0002260_1593830.jpg


甘鯛飯
c0002260_1514148.jpg
味楽餅
c0002260_1515523.jpg


本日も感動の嵐で言葉になりません。

ご馳走さまでした。
by eight-b | 2014-01-18 15:25 | Comments(6)
干しタコと切り干し大根の煮付け
戻した干しダコをお好み焼きにしようかタコ焼きにしようか悩んだ結果

自家製輪切り干し大根と干しタコの干しもの同士の煮物になりました。

どちらも干しもののせいかこれが思いのほか相性がよく
あっという間に鍋が空に。

絶品パエリアより絶品だったかも。
やらかいタコと、タコだしが目いっぱい滲みこんだ大根の滋味。
c0002260_810385.jpg



炊き込みご飯の薄切りとは違い、煮しめ用タコは5cmくらいに切り分ける。
 煮込み後はちょうど一口大のやわらかいタコになります。

■初しぼり 末廣 末廣酒造 会津若松市日新町
by eight-b | 2014-01-17 08:11 | Comments(0)