<   2013年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
イカとホタテのピーナッツ油
さっとボイルしたイカとホタテに
蒸魚豉油(清蒸鮮魚専用醤油@中華街)と
熱したピーナッツ油
c0002260_9331762.jpg
c0002260_9363698.jpg


叶屋の富士宮焼きそば
どこかのなんちゃって富士宮焼きそばとちゃいまっせ
麺が違う、ちゃんと肉かす入り。
c0002260_950334.jpg

by eight-b | 2013-09-30 09:50 | Comments(0)
東北楽天おめでとう!
ダンナが億を稼いできたら
里田まいよりうまいもんつくってやる

と息巻いたら

そりゃそうだ、
ヨメが億を稼ぐなら毎日せっくすしてやる

と某氏より返事が返って来た。


稼げないせっくすレスの我が家の晩酌メニュー(大きなお世話)
マスカルポーネのリガトーニ
レッドチェダー、グリエール、エメンタール、ブルーを足して
c0002260_829456.jpg
軽井沢工房 限定コッホサラミ  雪印小淵沢チーズ工房 ブルーチーズ
c0002260_8332257.jpg
イカオクラ
c0002260_8333117.jpg
c0002260_8333915.jpg



過去ログより ベスト版

エテ公一匹に、ポリ公100人


スピード違反で捕まりそのポリ公に
「なんで捕まったかわかってますよね」と問われ

「運が悪かったからだ」と応えた某氏に幸あれ。
by eight-b | 2013-09-28 08:38 | Comments(4)
鶏のから揚げ
c0002260_1652384.jpg


鶏のから揚げ、鮭の白子ポン酢と大根おろし、人参のサラダ、野菜のコンソメ煮

久しぶりにメインメニューが鶏のから揚げですが
えーと、とく筆すべきことは・・・・・特にありません。

野菜食べなくちゃと思っているけど、野菜キライ。
野菜をメインに考えるとなんだか料理がすごく苦痛な毎日です。
よって酒も進まず。ハイボール一杯かろうじて飲んでやめました。
とんだカミングアウト。これはきっと夏バテという名の秋バテに違いない。
頭痛いし。睡眠障害だし。

睡眠障害を従妹に相談したら
どのくらい不眠なんだと聞くので
いや、違うの。眠れるの。それが眠れるから心配なの。
だって夜の七時には眠いんだよ。さすがにそれはマズイので
なんとか九時、がんばって十時まで死ぬ思いで起きているのが現状。
そして早く寝たからって早く起きるわけでもなく、いつもの起床時間まで
ぐっすり熟睡しているという睡眠障害なのよ。と相談したら


一言「バカか」と張り倒されました。


食ってすぐ寝ると豚にな(って)るよっ!
by eight-b | 2013-09-27 09:42
秋刀魚の塩焼きと赤ワイン
c0002260_8125985.jpg

酒屋を併用しているスーパーの魚売り場の秋刀魚の前に
ずらりとこれ見よがしに赤ワインが並べられている。

日本の秋の風物詩である秋刀魚にワイン?

その秋刀魚に添えられた
秋刀魚塩焼きワイン
のPOPな文字に惹かれて
今夜は秋刀魚の塩焼きと、今朝届いた追加の赤ワイン
ホンジョー2011 マスカット ベリーA 山梨(ミディアムフルボディ)
が食卓に並びます。

そのPOP広告の説明には、秋刀魚の塩焼きに欠かせない大根おろしに
かける醤油が相まって、秋刀魚の塩焼きと赤ワインが合うのだとか。

結論から云わせてもらうと、合う。
今夜のワインが国産ワインだから、ということではなく
スーパーに並べられていたワインは重厚そうなおフランス産だったし
コクのある赤ワインに秋刀魚の塩焼きは大いに有り。

秋の夜長、意外な組み合わせが楽しい晩酌タイムになりました。


c0002260_904455.jpg


汗かきながら食べる芋煮汁も合うよ(^m^)
c0002260_843282.jpg

by eight-b | 2013-09-26 08:25 | Comments(3)
豚のポワレ 巨峰ソース
c0002260_9203915.jpg
ポワレとソテーの違いが解せぬまま
チルド室できんきんに冷えた豚モモ肉塊をざっくり厚めにスライスし
岩塩、黒粒胡椒 ガリガリ。
イタリアンハーブミックス(オレガノ、バジル、セージ、パセリ) フリフリ。
exvオリーブオイルでマリネし、プランターのローズマリーを摘んで載せ
そのまま肉を室温に置いて戻します。
フライパンにスライスにんにくとオリーブオイルを入れて火を点け
中火でニンニクが色づいてきたら竹串でニンニクをさくさく刺して取り除き
そのガーリックオイルで豚肉をほっこりポワレする。 by文化庁国語課

道の駅 “はくしゅう” で買った巨峰ジャムはどうもイマイチ
従来のジャムとしてではなく、豚に添える巨峰ソースとして使用しました。
巨峰ジャムに、フライパンに残った肉汁を足し、醤油少々、塩、胡椒。

巨峰ソースが豚の旨味を引きだし、箸がさくさく進みました。
ざっくりなナイフとフォークだったけど。
c0002260_9195884.jpg


インゲン、ジャガイモ入りニース風サラダ
c0002260_936745.jpg
岩の原ワイン 深雪花(みゆきばな) ロゼ
オリジナルラベルのデザイン絵は陶芸家・齋藤三郎氏による雪椿
葡萄じゃないんだ。椿なんだ。という素朴な疑問は置いといて。
c0002260_9335669.jpg
今夜もきんきんに冷えた美味しいワインの宴でほっこりごちそうさま。わたし。
c0002260_9365831.jpg

by eight-b | 2013-09-25 08:22 | Comments(2)
白かびサラミ
ふふふ。
先の軽井沢工房でフラれたのでスペインで調達しました。

フエ・カリダ・エクストラ・カタルーニャ・サラミ
c0002260_940510.jpg


なんとも言えない香味が鼻に抜ける~!極上のサラミです。
サラミ好き必食!(白カビは取り除いてください)
c0002260_939473.jpg
c0002260_9401660.jpg
クラッカーのクリームチーズ&ルバーブジャム
c0002260_9402239.jpg

c0002260_9431738.jpg
焼肉


たてしな自由農園からルバーブ
ルバーブ、砂糖(ルバーブの30パーセントの量)、シナモンシュガー、レモン汁
c0002260_9463979.jpg

by eight-b | 2013-09-24 09:46 | Comments(0)
ワインぶどうのうわばみ母
山梨ぶどうの丘から帰ってワインばかり飲んでいる。
でも6本なんてあっという間に終わるものですね。
志麻子の左右6本、6本のヤジロベエを笑ったけど
(自宅のワインセラーの中にも24本備蓄あり)
決して多くなかったのだとわかりました。
てことで昨日1ダース追加注文しました。
そちらが届くまで、岩の原ワインぶどうの父でしのぎます。(違)

c0002260_91597.jpg
c0002260_911229.jpg
鰹の塩たたき
c0002260_911992.jpg



++++++++++++++++++++
中秋の名月と共に
c0002260_965215.jpg
c0002260_97026.jpg
c0002260_971897.jpg
c0002260_973192.jpg
こちらは甘口過ぎて途中パス。
c0002260_973977.jpg



++++++++++++++++++++
c0002260_913631.jpg
c0002260_9131426.jpg
クレソンのお浸し
白州道の駅の白州唐辛子の醤油漬けで
c0002260_9132667.jpg



++++++++++++++++++++
白はこちらを追加注文しました。
c0002260_9152469.jpg



++++++++++++++++++++
赤はこちら。ちょうどよく樽が利いておいしい。
c0002260_9174264.jpg

塩山駅前で食べた山梨B級グルメの甲州鶏もつ煮がおいしかったので
たてしな自由農園で買ってきた “鶏もつジンギス” おいしー!赤に合うー! 
c0002260_9225112.jpg

by eight-b | 2013-09-24 09:07 | Comments(0)
新潟 上越 讃岐うどん房 鶴越(つるこし)
翌日は台風の影響で朝から雨だったので
急遽思い立って、日本海側へ。新潟上越へ。

そう、たまさんのところへ。
先月はのりちゃんご家族が乗り込んで、その記事を指を咥えて眺めていたんだった(笑)。

我が家の年越しは毎年お取り寄せの鶴越の讃岐うどんです。


白樺倶楽部から2時間半もかかるのに誰も反対しないどころか
わーい!新潟だー!たまさんのうどんだー!とノリノリな全員ブラッドタイプB。

そして念願の
せせり天 ぶっかけで
うつくしいんだよねこれが。
そして言葉にならないくらいおいしい。
c0002260_1493879.jpg


花子はちくわ天 かけで(温)
ドッコイは半熟玉子天 ぶっかけで
c0002260_15122788.jpg


いずれも美しくておいしい鶴越うどんに、
上越まで食べに来た甲斐があったねと全員一致の大満足。

忙しい昼時に、持ち帰り生うどんも無理を言ってサービスまでしていただいて
本当に失礼しました。
またぜひ伺わせてください。今度は一家総動員の孫連れで。


◇◆◆◆◇◆◇◇◆

上越に着く頃にはピーカンとなった天気の下
たまさんに教えてもらった岩の原葡萄園へ向かいます。
広大な高田公園を抜けて十数分、日本のワインぶどうの父川上善兵衛が拓いた
岩の原葡萄園の雪室と石蔵を見学して来ました。ピーカンには打って付け。
c0002260_15482593.jpg
c0002260_1639571.jpg
c0002260_1638168.jpg
c0002260_1644111.jpg
c0002260_15435085.jpg

そしてお約束の
c0002260_1552251.jpg


新潟もいいなあ。今度はゆっくり越後の旅もいいね。
c0002260_16442887.jpg

by eight-b | 2013-09-23 14:21 | Comments(0)
秋の白樺倶楽部
c0002260_11515977.jpg




c0002260_1154054.jpg
c0002260_11532215.jpg
c0002260_11553981.jpg
c0002260_1157531.jpg
猫だよね?
c0002260_1229553.jpg
c0002260_11591261.jpg
c0002260_1222733.jpg
長穂の白吾木香でしょうか。
c0002260_1265332.jpg
c0002260_12112338.jpg
夜の散歩は鹿も出てくるよ。
c0002260_12101387.jpg
c0002260_12193740.jpg

テーブルを飾るのは千日紅
吾亦紅じゃないよね。
c0002260_12274644.jpg
食事も美味しい白樺倶楽部
こちらは2日目の夕飯のメニューです。
信州牛の翌日はイベリコ豚でした。まいうー。
地産地消。卵は有精卵。高原野菜は言わずもがな
ハウスワインもおいしくて(アルプスワイン@山梨)
〆のコーヒー、モーニングコーヒーは何杯お代わりしたことやら。
地元の“オイシイ”を知り尽くして、こだわっているので
毎回食事が楽しみでもあるのです。
c0002260_13464050.jpg





台風前の姫木平なのでした。
c0002260_1152426.jpg

by eight-b | 2013-09-23 11:34 | Comments(0)
ちょこっと軽井沢
連休の軽井沢。最初の連休の方ね。
夏バテの犬と、働き過ぎの亭主とおまけの花子を連れて。
二年ぶりの白樺倶楽部で、二泊の初日は軽井沢に立ち寄りました。
先ずは花子の希望で軽井沢ハルニレテラスへ。
こちらは新しい軽井沢ですね。確か20数年前、軽井沢高原教会だったで
しょうか、夢の花嫁写真館で、子どもだった花子と一緒に花嫁写真を撮った
記憶が・・・・・。
c0002260_11541396.jpg
c0002260_7462112.jpg
「熊がいる!」と花子が騒ぐ。
c0002260_7532870.jpg
80kg。花子二人分(笑)。
c0002260_8481515.jpg
c0002260_754524.jpg
片や小型化されたハスキーと遭遇。もう豆ぞうじゃない豆ぞうの半分くらい?
今や大きいハスキーは珍しいとまで言われる時代なんだね。
c0002260_7572244.jpg
80kgの熊には及ばないけれど
実はここのところまた大きく育った豆ぞう。30kg→35kg。
そんなに身を縮めたって隠しきれないよ。
c0002260_841677.jpg
OKAN熊には及ばないけどな。
c0002260_8914100.jpg



ハルニレテラスの後、軽井沢工房へ。
こちらの「白樺サラミ」を求めに行ったけれど
ただ今白カビ熟成中で残念ながら手に入れることはできませんでした。

More
by eight-b | 2013-09-22 11:55 | Comments(0)