<   2013年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
冷蔵庫一掃
ラタトゥイユ
c0002260_81053.jpg
タコとマッシュルームのイタリアンサラダ
c0002260_8115898.jpg
白濁(しろにごり)
なんで飲み口が逆さまなんだろう的なベルギービール
おいしく飲んでいただくために、缶を上下逆さにしています。
特別な白生酵母を発酵用、熟成用と二回使用する画期的な
二段仕込みを手法とし、その白生酵母をフィルターにかけない
事で風味豊かな香りの白濁を創り出しています。
c0002260_8202996.jpg


八宝菜
c0002260_8212637.jpg
c0002260_821547.jpg


豚肉のみそニンニクハチミツ漬け
c0002260_8232939.jpg
八宝菜と豚肉のみそニンニクハチミツ漬け入り味噌ラーメン
c0002260_824271.jpg


ポークソテーと野菜(キャベツとほうれん草)のオムレツはつぶやきレシピ参考
c0002260_8373938.jpg


あんぱん漬け
c0002260_8375940.jpg

by eight-b | 2013-08-29 08:18 | Comments(0)
秋風と日本酒
茄子の田楽

お米一俵と一緒に送られてきた秋田の茄子を揚げて。
肥沃な大地で育った秋田野菜は果肉が密で濃厚で、本来の野菜の味がする。
c0002260_153323100.jpg


豚肉のみそニンニクハチミツ漬け 
こちらもはなまるマーケットレシピから
c0002260_1543586.jpg

c0002260_15442491.jpg

by eight-b | 2013-08-28 15:46 | Comments(0)
エッグベネディクト oishii
三回言ってみ。

えっぐべねでぐと えっぐべねでぐど

えっぐべででぐどになっちゃうから>゜))))

c0002260_11352943.jpg


c0002260_11375357.jpg
c0002260_1138344.jpg


c0002260_11355463.jpg




はなまるマーケットレシピで作りました。
イングリッシュマフィンをフォークで刺して開いてトーストして
焼いた厚切りベーコン、ポーチドエッグをのせて、オランデーズソースをかける。
ポーチドエッグの上手な作り方
水1Lと酢100ccを沸かし、菜箸で丸くかき混ぜて渦の真ん中に卵を落とす。
お酢の力で卵の蛋白質が固まり、渦の遠心力で卵が丸くまとまります。

エッグベネディクトの決め手はなんといってもオランデーズソース
そのオランディーズソースは、卵の黄身(三個)、溶かしバター70g
と自分で作ってみてびっくりカロリアス分量ですが、ここにレモン汁が
入ると、さっぱり仕上がっちゃう隠れ肥満メニューですのでご注意ください。

でも、まいう~
c0002260_7452784.jpg

by eight-b | 2013-08-28 11:27 | Comments(0)
藤 圭子
十五 十六 十七と
私の人生 暗かった
過去はどんなに 暗くとも
夢は夜ひらく


どストライク世代。
藤圭子の歌声を聞くと、当時のあれやこれやいろんなことを思い出す。

だけどこんなかたちであなたを思い出したくなかった。


+++++++++++++++++++++++++++++
夕飯を食べながら花子と宇多田ヒカルの母親の藤圭子の話題になり
どんな歌手だったのかと聞かれ、憐れでけなげで暗い歌手だったと答え
全くもって伝えきれないろくでなしと反省。

藤圭子以降の時代は ネクラ ネアカ と人は二分され
ずいぶん生きにくくなったんだった。


■桃ときゅうりとモズクと茗荷の酢のもの
 冷蔵庫に常備している土佐酢は野崎洋光さんレシピのもの
c0002260_933318.jpg
c0002260_914884.jpg
c0002260_916085.jpg
茹で落花生
c0002260_9161016.jpg

by eight-b | 2013-08-23 08:57 | Comments(6)
紫の泡
花子がラグー・アッラ・ボロネーゼ(ミートソース)を作るというので
今夜はちょっと珍しい赤を用意しました。
メディチ・エルメーテ 
クエルチオーリ レッジアーノ
ランブルスコ セッコ (やや辛口の微発砲ワイン)¥980
c0002260_9493695.jpg
c0002260_9494895.jpg
c0002260_9502425.jpg
c0002260_9511596.jpg
c0002260_9515928.jpg
c0002260_952851.jpg
c0002260_9522936.jpg

by eight-b | 2013-08-22 09:54 | Comments(2)
名残りメニュー
あるもので。
c0002260_875334.jpg

c0002260_8293926.jpg

c0002260_8315988.jpg
c0002260_832873.jpg

by eight-b | 2013-08-21 08:46 | Comments(0)
名残りのゴーヤを見ると夏の終わりを感じます。
今朝もすずなりゴーヤから

おめざのゴーヤジュースで一日が始まります。嗚呼。


朝麺
c0002260_10444957.jpg



夜はきゅうりと沖縄もずくと長芋とベビーホタテの酢の物
c0002260_10454765.jpg


マグロのかまのオーブン焼き
c0002260_10471432.jpg


豆腐田楽 柚子味噌と味楽の田楽味噌で
c0002260_10472748.jpg

by eight-b | 2013-08-20 10:48 | Comments(0)
暑さ痛さで悲観です。
暑い暑いも彼岸まで、にはまだひと月もあるじゃん。
とはいえ、朝晩に秋の気配を感じる今日子のこころ
いかがお過ごしでしょうか。

こちらある日突然腰痛。
おかげで盆休み中ずっと腰痛に悩まされていました。

そんな痛みを抱えながらも週末は
9月の一泊旅行の打ち合わせと称して関内へ。
その前に関内からだ工房骨盤・股関節矯正をうけました。
事前に、ボキボキ、バキバキは勘弁してと伝えると
ボキボキやバキバキ といった骨や関節に大きな負担を与える
矯正ではなく、「周りの筋肉からアプローチし、矯正する」
というスタイルを変えることなく10年以上続けてきた『からだ工房』

なので安心して、と云われ身をゆだねることに。
実際我慢できない痛い思いはほとんどなく、身体中に滞る澱みが浄化され
体幹が整えられ、終わったときには、心身共に軌道修正してもらった感じ。
まるで清く正しく美しい処女に生まれ変わったみたい。
@@@@@@@@@@@@@@@@(@_@;)


処女は言い過ぎ。
かつては処女だったはずのおばさん三人で
今月オープンの小さなビストロワインバー KATIA へ。

ビールで乾杯
c0002260_8565538.jpg

その後はびっくり価格のムルソー(安っ!)と前菜三種盛り合わせ
中でもパテドカンパーニュは梅ちゃん志麻ちゃんの絶賛を浴びていました。
そして定価価格かと思われるムルソーを瞬殺で飲み干し、二本目をオーダー
したところで、「えー!品切れ!」「ムルソーあるだけ飲むのにー」
「5本あったら5本飲む気満々なのにー」「●×■@%&=|#$*+」

うるさいよ。かつては処女だったかもしれないおばさん方。
c0002260_914850.jpg


しょうがないのでその後は好みの条件に合うワインを開けさせ
まいいかということで、500円まけさせまけてもらい
二本目のワインを空けたのでした。

フォアグラのポワレとトリュフフレンチフライ(トリュフ使用のフライドポテト)
c0002260_915766.jpg
STAUBメニューからはイベリコ豚ソーセージと羊挽肉のカスレ
c0002260_92951.jpg

ムール貝、トリュフ入り濃厚カルボナーラで〆て

一泊旅行計画表(梅ちゃん作成)プリント忘れて帰ってきました(-_-)
志麻子さん後でfaxで送って。




私信:おかげで日に日に腰痛がよくなってくるのでびっくりしてます。
     三人目の子宝に恵まれたM先生ありがとう。

More
by eight-b | 2013-08-20 09:37 | Comments(0)
盆の入りの味楽
孫一家は蓼科へ。

静かな盆の入りです。

アベノミクスで忙しい夫ドッコイは盆休みもなく
盆の入りの今日も花子を道連れに出勤しました。
午後からは私も少し事務仕事を片づけに行きました。
電話もなく静かだろうと思っていたら、みなさん普通に仕事中でびっくり。
ご先祖さまを路頭に迷わせてもいけないのでせめてお盆の15日は
それぞれの実家の仏壇に手を合わせに行けますように。



お盆中の味楽は穴場です。
こちらも普通に営業中。
貸切でした(笑)

先ずは味楽といえばこれ
エーデルピルス樽生(サッポロビール)
通常のビールの3倍のホップ(ファインアロマホップ)を使用
と聞くまでもなく一口目でその旨さの違いを実感します。
なかなかこのビールを置いているお店を見かけない分
のっけから幸せだなと思える貴重な一杯。
c0002260_10223676.jpg
店内はどこもすべてプロ仕様で美しいです。
c0002260_10394956.jpg


今夜はちょっと奮発して【慶 コース(十三品)】
先付は京都舞鶴産 天然岩牡蠣
牡蠣苦手なドッコイには利尻・礼文の濃厚なエゾバフンウニ
c0002260_10295458.jpg
c0002260_10303131.jpg
この日は十四代から
c0002260_10333533.jpg
名物 フォアグラ茶碗蒸し
c0002260_10371635.jpg
前菜
たたみいわしの後ろの江戸切子の中には大好きな海鞘が
c0002260_925460.jpg
あっという間の完食c0002260_943947.jpg


c0002260_98710.jpg
冬瓜と鱧の椀
味楽さんのこの出汁を味わえる口福至福
c0002260_9104144.jpg
造り
ドカンと毛ガニは緑の織部で
食べきれない分は持ち帰り出来ます。
c0002260_9222963.jpg
鯛、鮪、平貝、エゾバフンウニ
c0002260_93332100.jpg
c0002260_935241.jpg
そして伊勢海老
c0002260_939414.jpg
煮物
ブランドもの子安の穴子
花子絶賛
c0002260_9442076.jpg
朝鮮白磁で綿屋
c0002260_108069.jpg
焼物
本日は松阪ではなくて松阪に負けず劣らずの常陸牛
(違いすらワカリマセンが)
c0002260_9475441.jpg
c0002260_954439.jpg
c0002260_955253.jpg
酢物
鮑とモズクの酢の物
私の絶賛。沖縄モズクが最高級だと思ってましたが、これは淡路島天然モズク
だったでしょうか。
なんといってもこの極太モズクのモチモチ食感はただものではないです。
ここまでくるとさすがに十三品は無謀だったと後悔の満腹感ですが
絶妙な酢加減と絶品のモズクでつい完食してしまいました。 
c0002260_959771.jpg
鯛飯と伊勢海老の味噌汁
土鍋で炊いた鯛の頭ご飯を写真に納めるのを忘れました。お腹いっぱいで。
ただし別腹にてすべて完食。残った土鍋鯛めしはおにぎりにしてお土産に。
c0002260_10433630.jpg
c0002260_1043552.jpg
名物 味楽もち は花子の別腹
ドッコイの分まで食べきっちゃうすご胃袋の持ち主。
c0002260_1044954.jpg



いやー、もう入らない。動けない。

贅沢三昧で ごちそうさま。

今度は女子会で昼味楽(一組限定)予約します。
by eight-b | 2013-08-14 10:03 | Comments(4)
孤独のグルメ わさび丼
わさびは茎の部分をポキンと折って
折った茎の方からまーるく擂ります。
c0002260_1025077.jpg
それをおかかののった炊き立てのご飯にのせて
しょうゆを垂らして ねこまんま のように掻き込みます。
c0002260_10251842.jpg


■生わさびの保存方法
 残った生わさびは全部摩り下ろして
 一回分ずつラップで茶巾絞りに包み冷凍します。
by eight-b | 2013-08-13 10:32 | Comments(0)