<   2013年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧
早く買わなくちゃ
銀行の帰りにちょっとだけ立ち寄ったコーナンで
気が付けば三時間。
「お義母さんご無事ですか?」と嫁に電話で心配される
まだまだイケそうなばーさんです。

 マリンルージュで愛されて
 大黒埠頭で虹を見て
 シーガーディアンで酔わされて
 まだ離れたくない
 早く買わなくちゃ 夜明けと共に
 この首筋に夢の跡
 だから愛の谷間で溺れたい~♪

 『LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜』 作詞・作曲 桑田佳祐



駆け落ちでもしたと思われたんだべか。



*************************************
豚とろろ丼、きぬかつぎ、キャベツの土佐和え、鰹のたたき
c0002260_1062079.jpg
美丈夫 夏酒
c0002260_1083310.jpg
c0002260_10195124.jpg
c0002260_10225842.jpg
c0002260_10272924.jpg


 北へ帰るの 誰にも会わずに 低気圧に乗って 北へ向かうわ
 彼に伝えて 今でも好きだと ジョニーに伝えて 千円返して
 潮騒のメモリー 57才は 寄せては 返す 波のように 激しく

 来てよ その川 乗り越えて 三途の川のマーメイド 友達少ないマーメイド~♪









                                 はいはい。どこへでも行って。
by eight-b | 2013-05-31 10:04
早乙女
5月の連休真っただ中、私は早乙女になった。

そう始まる、昨日の読売新聞 【くらし】 の中の読者投稿記事。
読み進んでいくと、東京暮らしから田舎暮らしになって4年
農作業の野菜作りからついにこの春、稲作デビューを果たした。

そして、67歳の早乙女が誕生したのだ。
空飛ぶ鳥や泥の中のカエルは、そのへっぴり腰に大笑いしていたらしい。


そう結ばれていた。
昨日は朝からぷっと頬がゆるむ小さな幸せをいただきました。

早乙女=田植えをする若い女


c0002260_757197.jpg
鶏ささみのチーズはさみフライ、ピーマンの肉詰め、茹で卵入りポテトサラダ
モヤシの胡麻ダレ和え、きゅうりの糠漬け
c0002260_8135125.jpg

by eight-b | 2013-05-30 07:58
砂肝と鶏レバーでじぇじぇじぇ
失敗すた砂肝のコンフィと大成功だった鶏レバーの南蛮漬け
じぇじぇじぇー!
砂肝のコンフィは調子こいて煮てたら煮過ぎて硬くなっただ
(“あまちゃん”観ながら更新)

砂肝のコンフィはこちらのレシピを参考に作りました。
下処理済みの砂肝は塩を振り、プランターのローズマリーとタイム
ローレル、たたいたニンニクでマリネして一晩置きます。
c0002260_8142168.jpg

一晩置いた砂肝のマリネの水気をとったら、厚手の鍋に移し
ひたひたにオイルを注ぎ、中火でオイルを沸騰させたら
蓋をして弱火のとろ火で60分。
のはずが、おら、一時間半も煮てしまっただよ。
c0002260_8263473.jpg


するとどうなるかというと
しっとりやわらかい砂肝のコンフィになるところ
水分が抜けきってガチガチのガチな砂肝にじぇじぇじぇ~>゜))))彡

残念過ぎる砂肝のコンフィ
くれぐれも煮込み時間は60分がぎりぎりタイムリミット。
※ガスコンロの弱火ではまだ強く、本来なら100度のオーブンで60分がええんとちゃう?
c0002260_12461158.jpg


起死回生の鶏レバーの南蛮漬け
こちらは新聞レシピを参考に
鶏レバーとセロリがこんなに相性いいなんてとびっくりしたメニューです。

ゆでレバーとセロリの南蛮酢
【材料】 鶏レバー300g、セロリ2本、しょうが1かけ、赤唐辛子2本
【南蛮酢】 みりん大さじ3杯は鍋に入れて沸騰させアルコールを飛ばす。
       出汁大さじ4(ナンプラー大さじ1を大さじ3の水で溶いたもの)
       しょうゆ大さじ1 1/2、酢大さじ2、しょうがの薄切り、赤唐辛子
       ごま油小さじ2を合わせておく。
しょうがは皮をむき薄切りにし、しょうがの皮は取っておく。
赤唐辛子は種を取り除き小口切りにする。
セロリは1cm厚さの斜め切りにして葉は取っておく。
鍋にたっぷりの水を入れ、セロリの葉としょうがの皮を入れて沸騰させ
斜め切りのセロリを入れてさっと湯掻き、セロリだけを取り出す。
次に鶏レバーを入れて10分湯掻き、セロリと鶏レバーを南蛮酢に漬ける。
冷めたら鶏レバーを取り出し、食べやすい大きさに切って盛り付ける。
c0002260_925485.jpg

by eight-b | 2013-05-29 07:41
鰯バーグ
刺身にしようか、マリネにしようか、つみれ汁にしようか
迷いながら鰯バーグになりました。
c0002260_8501547.jpg

手開きでおろした鰯は包丁でたたき、長ネギ、しょうが汁、塩、
水切り豆腐、片栗粉を加え、小判形に丸めてフライパンで焼き
ヨシダソース(BBQソース)をからめました。

焼き鳥
浅蜊のお吸い物
セルバチコ(野生種のルッコラ)と生モツァレラとフルーツトマト
c0002260_8542063.jpg

by eight-b | 2013-05-28 08:55
朝うどん
篠島しらす、揚げ玉、納豆、メカブ、カイワレと冥加、万能ねぎ
c0002260_9165438.jpg

by eight-b | 2013-05-27 09:19
塩からじゃがバターときのこパスタのしらすおろし
じゃがバタにうにいか塩辛をのせて
c0002260_9273429.jpg
きのこのパスタにしらすおろしをのせて
c0002260_9263819.jpg
c0002260_929045.jpg
I.W.HARPERを
c0002260_9291235.jpg
炭酸で割る
c0002260_9292896.jpg


孫とセン北に朝ごはん食べに行ってきま~す♡
by eight-b | 2013-05-26 09:31
篠島シラスとサスペンス
篠島しらすと新玉ねぎのサラダ、牛すじの味噌煮込み、出汁巻き卵
c0002260_1127101.jpg
自家製ぽん酢で
c0002260_10574256.jpg
c0002260_11202331.jpg
c0002260_11253930.jpg

c0002260_11303670.jpg
〆張鶴、黒牛、美丈夫、アクアクララをそれぞれ一合ずつ
c0002260_1133144.jpg
篠島しらすと大根葉のナンプラー炒め
夜のおむすびは危険。
c0002260_11331887.jpg



ユージュアル・サスペクツ(1995)

見逃していた18年前の映画を花子に“名作”と勧められて観る。
しかし残念かな、内容も結末も、最早色褪せた感が否めない。
ただ一つ目を惹いたのは、チョイ役のチンピラ役がどうも誰かを彷彿とさせる。
「××じゃない?」「似てるけど違うんじゃない」
何度かそんな会話を繰り返す内に映画は衝撃(だった)のラストシーンを迎える。
画面にテロップが流れ、そしてラストシーン以上の衝撃の名前が映し出された。


コバヤシ 部活やめるってよ


違う違う(-_-)

そこには
by eight-b | 2013-05-25 10:58 | Comments(0)
そら豆とサクラエビの炊き込みご飯
c0002260_10212863.jpg


昆布、生サクラエビ、塩
そら豆は茹でて皮をむき
その皮を入れて炊き込み
最後に皮を取り出し剥き身を入れました。
c0002260_10254165.jpg


c0002260_10264667.jpg
c0002260_10275557.jpg

by eight-b | 2013-05-24 10:28 | Comments(0)
大根の鶏塩麹煮と美丈夫
c0002260_9411776.jpg
産直屋たかでの、秘伝の出汁で炊いた大根と
高知のお酒の美丈夫(純米吟醸)の組み合わせが忘れられず
昨日は朝から大根煮てきました。
大根は面取りしてお米のとぎ汁で透きとおるまで丁寧に下茹でし
ざるに空けさっと水洗いして、鍋に大根と一口大に切った鶏塩麹(ムネ肉)
を入れ、茅乃舎だし(減塩タイプ)を注ぎ沸騰したら弱火でじっくり煮こみます。
大根って丁寧に煮込むと本当においしくなる。
怒りながら作ると尖った味に。泣きながら作るとシケた味に。
心穏やかに作ると滋味あふれる味に。
料理ってほんと不思議。
そんなことを思いながら美丈夫“夏酒”(特別本醸造)をぐびぐび
ぐびぐび?
産直屋たかで飲んだ美丈夫とは違い、「食中酒」としてどうぞ
と勧めていただけあって美丈夫“夏酒”は淡麗で軽い口当たり。
このままでは水のようにガブガブ飲み過ぎるので、仕込み水代わり
のアクアクララを用意しました。
おかげで無駄に酔っぱらうことなく食事とお酒を堪能できました。偉いな私。
c0002260_1024569.jpg




あまちゃん絶好調!
今朝の「あさイチ」ゲストはあまちゃんの脚本家クドカンでしたね。
クドカンと一緒にあまちゃんの名場面でやっぱり吹き出しちゃったよ。
コーヒー飲んでたのにぃ。

More
by eight-b | 2013-05-24 08:49 | Comments(2)
ひゅうがめし
22日の新聞レシピを参考に。

愛媛のひゅうがめし
鯵の漬けダレに卵黄が入っていてコクのある丼ものです。
c0002260_1174930.jpg



三枚におろした鯵は冷水でよく洗い、キッチンペーパで水気をふき取る。
ここ案外大事かも。新聞記事では流水で洗うとありましたが、なにせ鮮度がね。
もたもたしているとしまりのない身の鯵の刺身になってしまう。
産直屋たかのぷりぷり関あじに遠く及ばないところを、少しの手間をかける。
あとは刺身におろし調味料(しょうゆ2、みりん1、酒1)に漬ける。
タレごとごはん(酢飯にしました)にのせて、薬味をのせ、卵黄はタレに混ぜずに
のせてみました。
by eight-b | 2013-05-23 10:02 | Comments(0)