<   2013年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
行ってらっしゃい。お帰りなさい。
GWは毎年カレンダー通りなので普通にいつもの日常。
私もお昼過ぎから会社に行って事務仕事をちょこちょこっと
済ませて遊んで帰りました。

豚キムチの冷奴
 丸い奴の上に、豚こま切れ肉と小さく刻んだキムチを炒め
 冷奴の上にのせただけですが、酒の肴にささっと出したら好評でした。
c0002260_152262.jpg
c0002260_16133938.jpg
c0002260_15232731.jpg

by eight-b | 2013-04-30 22:19 | Comments(0)
109-4
反省猿の戦利品で

たことマッシュルームのサラダ
ぶつ切りたこ、薄切りマッシュルームに、塩、こしょう
レモンを絞り、とっておきのexvオリーブオイルを回しかけ
パセリのみじん切りをパラリ。
さらに、mixナッツをみじん切りにして振りかけてもgood。
c0002260_1702015.jpg
きゅうりと鶏のささみの塩昆布
たたき胡瓜、鶏ささみ、万能ねぎ2本、塩こんぶ
土佐酢、砂糖一つまみ、ごま油
c0002260_10341297.jpg
田楽豆腐のふきの葉味噌とゆず味噌
ふきの葉味噌好評
c0002260_15125716.jpg
胡瓜の糠漬けの一本漬け
毎日三本は消費しているきゅうりの糠漬けが、う、う、う、まい、う~!
このおいしさを維持しなければ。
c0002260_1032346.jpg



※今年は白い器が無意味に多かったです。
by eight-b | 2013-04-29 23:19 | Comments(2)
笠間 陶炎祭
今年は初めて「陶炎祭」の初日に行ってみました。

自宅を5時10分前に出て
会場前に着いたのが7時半。
そのままひまつり会場を通り越して
笠間つつじ公園のつつじまつりへと向かいました。
c0002260_14375241.jpg


なんだか胸騒ぎがしてつつじのお山を30分で切り上げ
会場駐車場に引き返すと、すでに満車一歩手前でした。
会場に一番近い駐車場は8時には満車ですよ。お気を付けください。
c0002260_14524239.jpg
c0002260_14534299.jpg
c0002260_14535170.jpg
c0002260_14535985.jpg
今年はかわいい動物たちが目につきました
c0002260_1454883.jpg

んが、その後は物欲に目がくらんで写真どころではなくなり
一人単独行動に走り、駐車場二回往復するほど買い込むに至る。

反省猿。
by eight-b | 2013-04-29 22:31 | Comments(0)
日曜美術館
渋谷Bunkamura アントニオ・ロペス展
c0002260_1336743.jpg



晴天の日曜日
お豆の散歩を終えて渋谷へ
c0002260_13373049.jpg


東横線渋谷駅が3 月16 日(土)から地下化し
しかも渋谷ヒカリエ地下3 階改札口できっと迷う
と花子に脅されたので、花子を道案内に連行しました。

案の定、地下5階から地上に這い出るのも大変
這い出てから渋谷のスクランブル(エッグではない)交差点に
向かうのも大変なおのぼりさん状態でした。わたしだけですが。

久しぶりの美術館。Bunkamuraは花子が高校生の時、
今話題のミュシャ展を観に行った以来です。光陰矢のごとし。
今回のアントニオ・ロぺス展は日本初の個展とのことで
作品数は少ないながらも、油彩、素描、彫刻とさまざまな
ジャンルでその類いまれなる才能を発揮していました。

今日のスペイン美術を代表する作家アントニオ・ロペス(1936~)は、
その卓越した技術と観察力によってリアリズムを追求しながら独自の世界を
描き出しています。また、マルメロを描く作家自身の姿を撮った映画『マルメロ
の陽光』(監督:ビクトル・エリセ)は、日本でも公開され話題を呼びました。


てことでお土産はマルメロのジャム。

そして美術鑑賞の後は東急本店8F「シェ松尾」で¥3,000のランチと
三人でワイン二本空けました。

花山椒がアクセント
c0002260_14244851.jpg

by eight-b | 2013-04-28 23:27 | Comments(0)
4月吉日
本日はお日柄もよく

結婚式日和ですね。
c0002260_12211269.jpg
c0002260_13124516.jpg
c0002260_17405139.jpg
c0002260_8511073.jpg

by eight-b | 2013-04-27 08:37
ちょっと一杯のつもり
有りもの 余りもので

レンジ蒸し茄子ときのこのしょうゆ漬け
c0002260_747877.jpg


牛すじ煮込み
c0002260_7474653.jpg


山ねこ
c0002260_748975.jpg




ワラサの白子粥
上のぽん酢漬けの白子入りお粥
ぽん酢が滲みた白子がいーね!
c0002260_8514450.jpg

by eight-b | 2013-04-26 07:50
白子ぽん酢
c0002260_7512098.jpg

出世魚  の前のワラサの白子ぽん酢です。
ワラサの切り身がスーパーの棚にずらっと並ぶ中
20cm越えのワラサの白子が二腹¥250で目と目が合う。
大きくて持て余すかなと思いながら合っちゃったものはしょうがない。
白子の天ぷらでもと思いながら湯掻いて白子ぽん酢になりました。

c0002260_82243.jpg
今年の糠漬け第一弾
米ぬかは精米したばかりの生ぬか750g/¥60二袋
糠1,5㎏に対し塩200gを煮溶かした塩水6カップ
昆布、赤とうがらし、実ざんしょう、それぞれ適宜
捨て漬け用のキャベツの外葉を取り出した後、
干し椎茸、いりこ、大豆を加えました。
きゅうり、かぶ、人参を漬けて、人参を残し2日目で引き上げて
ちょうどいい塩梅で食べきりました。おいしかった。
c0002260_82541.jpg

by eight-b | 2013-04-25 08:24 | Comments(0)
信田巻きと豆腐田楽
誕生日イベントが無事終わり
晴れて嫁は二人の孫を連れて二年ぶりの里帰り。
これからしばらく孫に逢えない日が続くと思うと
(GWが早く終わりますように)
昨日は妙に切なくて、思わず孫たちをぎゅっと抱きしめてしまいました。


そしたら見事に思い切り拒否られたばーちゃんです。ふん。

酒飲むぞ。こ゛ら。


鶏肉とふきの信田巻き
 誕生日メニューの信田巻きが好評だったので残っているふきで再び。
 ※油揚げ2枚、鶏挽肉150gに酒、塩、しょうが汁、溶き卵1/2個分
  (※京禅庵 京都の「ぽたぽた揚げ」は揚げ自体に厚みがあります)
 油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、長い方一辺を残し、三辺を
 切り落とし開きます。
 開いた揚げの内側に片栗粉を茶こしでふりかけ
 鶏ひきにくをゴムべらでのばし、水煮のふき三本をのせ巻いていく。
 巻き終わりを楊枝でとめて、出汁(茅乃舎出汁、薄口しょうゆ)で煮る。
c0002260_7593029.jpg


ふきの葉味噌の豆腐田楽とヤリイカとわけぎのぬた
c0002260_8195092.jpg
 木綿豆腐はキッチンペーパーで包みレンジでチンして水切りします。
 豆腐を四等分し串を刺して、ガスコンロのグリルで両面焼き
 ふきの葉味噌をのせて表面こんがり焼き、煎ったけしの実をふる。

生ひじきのサラダ
 佐島の生ひじき、新潟の甘い雪下にんじん、きゅうり、新玉ねぎ
c0002260_8314450.jpg
c0002260_8315890.jpg


ヱビスビール
日輪田 山廃


 
by eight-b | 2013-04-24 08:51 | Comments(0)
誕生一升餅
c0002260_1662315.jpg

孫の初節句と誕生祝いを兼ねて
なんと!
30年ぶりに段飾りを引っ張り出しました。

正確には32年ぶり。
ご無沙汰にもほどがある。
我が家の押入れに眠るお宝に誰一人気づくこともなく
月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。はいはい。

孫1号の場合はお隣の国でトルジャンチな祝宴だったので
孫二にはぜひ日の丸ニッポンを背負わせたい。
そして韓流嫁にも日本のシキタリを教えたい。

キムヨナ「うわぁ~すご~い!よくできてますね、この武者人形」

夫ドッコイ 「だろ。30年ぶりに出したら髪の毛伸びてたよ


「ひぇぇぇぇぇぇぇぇ~!」

夜になると歩き出すんだって
c0002260_9411354.jpg




c0002260_8264975.jpg




今年は丹頂鶴を撮りに行く。(余談)
c0002260_2152366.jpg
c0002260_21594889.jpg
c0002260_8181354.jpg

c0002260_2236212.jpg




段飾りにアスパラガスを飾るおねいちゃん
と一升餅
c0002260_19173312.jpg



32年前、親にしてもらったことを、今度は親になって子に伝える。

今時段飾りも一升餅もないだろうと思っていたけれど
段飾りの前で一升餅を背負う子(孫)に一喜一憂することが
家族の歴史と絆になっていくんだね。

お誕生日おめでとう。
by eight-b | 2013-04-22 16:11 | Comments(4)
蕗の葉味噌
孫爆弾低気圧襲来の翌朝
気を取り直して6時ヨガでヨガり
朝粥定食で英気を養う。
c0002260_9345043.jpg
木の芽裏返し(-_-)の五分粥には能登平釜手づくり塩「珠洲の海」
若狭高浜「里の恵み杜仲茶」


蕗の葉味噌がおいしい
c0002260_9283070.jpg
よく洗った蕗の葉は5分程度湯掻いて
c0002260_9221170.jpg
溜め水で一日水にさらし
c0002260_9222719.jpg
水気をしぼりみじん切りにしたら大さじ1の油で炒める
c0002260_923570.jpg
味噌、みりん、砂糖で味付け
c0002260_9231155.jpg
蕗味噌ほどの香りはないけれどごはんのお供にどうぞ
c0002260_929115.jpg




                             昨日の爆弾低気圧はまた後ほど。
by eight-b | 2013-04-22 09:51 | Comments(0)