<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
エビのビスク
陳健一レシピのエビチリはうまい。
エビチリを作った翌日はそのエビの頭で作るエビのビスクもうまい。
c0002260_17113231.jpg


唐突ですが

ベトナム行ってきます。
by eight-b | 2012-02-24 17:12 | Comments(7)
チヂミ
牛すじと九条ねぎのチヂミ
 この組み合わせは韓国料理店で食べたもの。
 牛すじは味をつけてやわらかく煮込んでいます。
 韓国土産でいただいたチヂミの粉を水で溶き
 卵一個、牛すじ、九条ねぎを加え混ぜて
 フライパンに多目の韓国胡麻油を熱して色よく焼きます。
c0002260_15482650.jpg


牡蠣のチヂミ
 牡蠣、玉ねぎ、ニラ
 豆腐に水を加えてFPにかけて
 豆乳に代えてチヂミ粉を溶いてみました。
c0002260_1558991.jpg
c0002260_15582338.jpg

 
チヂミのタレ
 酢、醤油…各大さじ1、砂糖…小さじ半分、コチュカル(唐辛子粉)…小さじ半分
 すり胡麻、胡麻油…適宜
by eight-b | 2012-02-23 16:05 | Comments(2)
冷凍しょうが
テレビで見た生姜名人による生姜の技を一つ。

しょうがを冷凍してすりおろす

すりおろしたしょうがを平たく伸ばして冷凍にして
は使うけど、しょうがを塊のまま冷凍にしたことはないな。
へえ、と思いながらしょうがを皮付きのままよく洗ってラップに包んで冷凍する。
c0002260_1384999.jpg


ガリガリガリ
案外スムーズにすりおろせる。
c0002260_13193363.jpg


そしてこれのなにが画期的だというと
あの邪魔なしょうがの繊維まですりおろせること。
まるでしょうがパウダーだ。
なのでいろんな調味料にそのまま振り入れても
なにも加えていないように溶けるようによく混ざるのです。
c0002260_13234483.jpg


例えば豚のしょうが焼き
豚肉に軽く塩、こしょうして
小麦粉を茶濾しで薄く振り掛けて、フライパンで豚肉を両面焼き
そこに醤油とみりんとおろししょうがパウダーを合わせた調味料を
加えて煮詰めます。
c0002260_13265971.jpg


はい、この通り。
しょうがの繊維は残りません。
c0002260_13305814.jpg
生姜フェチの花子にはさらにすりおろし生姜をのせる。
c0002260_13312779.jpg


味噌おでんにも
えのき味噌(作り方はクックパッドでどうぞ)に冷凍すりおろししょうがを加えるだけ。
c0002260_13335440.jpg


これを覚えるとおろししょうがは冷凍生姜に限る。

但し、冷凍生姜はおろししょうがにしか使えません。
更に冷凍生姜をそのまま冷凍庫に戻し損ねると
悲惨な末路を迎えるので注意が必要です。
解凍された冷凍生姜の使い道も生姜名人にお聞きしたいです。わ~ん。(ToT)
by eight-b | 2012-02-23 13:27 | Comments(2)
瑞木
旅行前の打ち合わせを兼ねてミシュラン☆のお店へ。
食べログ案内の「馬車道駅から263m」に高を括ってひどい目に合う。
いざとなったらガラケー地図頼りも、いざとなったら文字が小さくて見えなかったし(ヲイ)
唯一の目標とする目印が「横浜××社」ってなによ。どこよ。
レスキューに電話を入れたら「関内ホールで待て」と指示を受け
コンビニのおねいちゃんの「まっすぐ行って左」の教えと、最初に声をかけた
栃木のおにいちゃんたちに手を振って見送られ、ほうほうの体で関内ホールに着く。

関内ホール前で無事レスキューに拾われようやく瑞木にたどり着きました~。

もう一度行けと言われてもたぶん行けない。
馬車道駅何番出口?からの~振り出しに戻る。 ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー!


アスタロトさんのブログで見慣れたすっきりとした店構え。
c0002260_16414376.jpg
宙孤が飲みたかったけど品切れだったので
メニューから十四代を
c0002260_1642147.jpg
キンメの蒸し物
c0002260_1640653.jpg
白木の一枚板のカウンターは火気厳禁(当たり前)
(オープン間もない天ぷら屋のまっさらの白木のカウンターを
 酔っ払ってタバコの火で焦がしたのはなにを隠そう夫ドッコイです)
c0002260_16401380.jpg
今の時期のヒラスズキ(鱸の旬は夏)、メジ、炙り帆立、サヨリ
c0002260_16402127.jpg
c0002260_1652573.jpg
牛すじ大根
薄紙よりも薄く桂剥きしたと思わせる白く美しい大根
c0002260_16521218.jpg
焼き物は鱒でしたっけ。
c0002260_1652273.jpg
器も素敵。同じものだけど番いと独り者。あ、そのままだ。
c0002260_16523442.jpg
c0002260_16524289.jpg
揚げ物はそら豆と根三つ葉の根 三つ葉のお浸し
c0002260_16551346.jpg
おこげがおいしい炊き込みご飯。
c0002260_16553638.jpg
c0002260_16554448.jpg

十四代の後はひたすら〆張鶴しぼりたて生原酒で
心地よく酔っ払って寄り道せず帰還いたしました。

翌日は義父の三回忌だもんで。

ご馳走さまでした。
by eight-b | 2012-02-20 16:34 | Comments(0)
イチボとタジン鍋
グリルパンでの焼きがうまいのか、はたまたヨシダソースがうまいのか
定かではありませんが、一枚300円のイチボがうまかった。
c0002260_1434161.jpg
c0002260_14364334.jpg
伊豆土産のきんめの味噌漬け
c0002260_14344436.jpg
誕生日プレゼントのタジン鍋で
イカとブロッコリーの豆鼓ソース&花椒ソース
c0002260_14352171.jpg
里芋忘れたけんちん汁
c0002260_14345951.jpg


もしかしたらワタシ
タジン鍋使いこなせてません。
ど、どうやって使うの?
どんな料理が一番おいしいの?
おせーて、モロッコの人!
by eight-b | 2012-02-16 15:02 | Comments(6)
豚肉の旨煮
東坡肉(トンポーロー)じゃない豚の角煮を作ってみました。
八角がなかったので五香粉で香り付けしましたが
そのおかげで一気に中華っぽくなりました。
んが、この間¥13,000もかけて修理した一眼が
またしてもこんな有様。
c0002260_14162598.jpg
c0002260_1416333.jpg


ピントが合わないどころか
仕舞いにはまたもやシャッターが下りない。
するとカメラからカラカラと音がする。
どうやらその音はレンズの中からのようだ。
レンズを外し中を見てみると、中で部品が外れて転がっている。

てことで、またもや入院した。(今度は標準レンズだけ)

再来週は旅行に持って行くんだから至急でお願いしますよ。NIK●Nさん。
これで直らなかったら次はCAN●Nするぞ。ごら。
by eight-b | 2012-02-16 14:23 | Comments(2)
しょうがポタージュ
しょうがはよく洗って冷凍してカチンコチンに凍らせて
そのまま擦って使うんですってよ奥さん!
そうするとホワホワのパウダー状に下ろせて繊維も気になりません。ほう。
c0002260_17264834.jpg


鶏がらスープでポトフ
鍋の底にはじゃが芋、玉ねぎ、ベーコンが入ってます。
c0002260_1730332.jpg

by eight-b | 2012-02-15 17:31 | Comments(4)
しぼりたて生原酒
白瀑 山本 純米吟醸生原酒 新酒しぼりたて
c0002260_1353545.jpg


前回ほどの感動はないかも。
この前に、喜久酔 しぼりたて無濾過生原酒を飲んだばかりだから。
CPの違いも大いに味に影響するところ。
by eight-b | 2012-02-15 13:17 | Comments(0)
金針菜と豚ばら肉炒めのラー油がけ
生の金針菜は肉ではなくイカと炒めたかったところですが
買い置きがなかったので豚ばら肉と炒めました。
ネギ、しょうが、にんにくで肉を炒め金針菜を入れます。
ゼラチン化した鶏がらスープ、塩、こしょうして皿に盛り
桃屋の食べるラー油をたっぷりかけました。
c0002260_12434516.jpg
一時のラー油熱もすっかり冷め、いろんなラー油が使いかけで残っている。
当時は旅行先でも買い集め、「おまいはラー油コレクターか」と思うほど
中には鰻のラー油だとか、牡蠣のラー油なんてものあったけど(まだある)
なにを血迷ってあんなにラー油ばかりコレクションしていたんだろう。
今になって、スーパーの陳列棚に山積みになっている桃屋の空前のヒット作
“辛そうで辛くない少し辛いラー油”を見るたびに自分の馬鹿さ加減と懐が痛む。。。南無。
by eight-b | 2012-02-15 12:50 | Comments(0)
ターツァイと台湾腸詰
中華街で買った見事に丸く広がった冬野菜のターツァイ(搨菜)で
ターツァイのニンニク炒め
ターツァイをニンニクオイルで炒め、金華ハムスープの素
鶏がらスープ、塩、こしょうで、一把丸っといけますね。
c0002260_1302097.jpg


台湾腸詰は生で購入。
茹でてフライパンでカリっと焦げ目をつけスライスしてネギと一緒に。
台湾腸詰は香腸というように香辛料がばっちり効いてくせになるおいしさ。
こちらは會芳亭前の露店で6本/千円で売っていました。
お土産屋で買うと一本250円なので一本得したかも
そしてこれ、五香粉が効いてすごく美味しい腸詰でした。
腸詰は會芳亭前のおばあさんから買うことにする。
c0002260_13563194.jpg

by eight-b | 2012-02-13 13:07 | Comments(0)