<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
異国で誕生祝い
19日、羽田から金浦へ。

「トルジャンチ」といわれる
子供の一歳の誕生を祝うため、初の韓国へと向かいました。
韓国では結婚式の次に一歳の誕生を盛大に祝う習わしがあるそうで
まったくのオノボリサン気分のまま、異文化交流と韓国グルメと物欲に
まみれて来ました。
c0002260_1434424.jpg

お国変われば景色も変わる。
どうよこの雨後のタケノコのようなにょっきり感。
すごいよ韓国。
地震がない国の自信の現れのような超高層ビル林立は
イコール日本がなくした勢いすら感じる。
真央ちゃんが勝てないわけだ。

===============

金浦空港から車で一時間
バビエン スイート 1 レジデンス (Vabien Suite 1 Residence)に
荷をおろし、一足お先に到着していた嫁たちと合流して
トルジャンチ会場のパークハイアットソウルへ。

車社会ソウルの激渋滞の中、グエムルが出てくるという
漢江(ハンガン)を渡ると、63ビルディングが夕焼けに染まっていました。
(クリックで大きい画面になります)
c0002260_1457054.jpg
 

孫にもハンボック衣装。
すっかり韓流娘に変身してしまった孫もまたギザカワユス(死語硬直)。  
c0002260_15344856.jpg
親戚からのお祝いは
金のネックレス、金のブレスレット、金の指輪(十本指全部らしい)で金満孫。
円高やら金の値上がりがなぜかうれしい今日この頃。
c0002260_15472221.jpg
そしてトルジャンチのメインイベントのトルチャビ。
目の前のなにを取るかで将来を占います。
巻物や糸巻きを取ったことは完全に無視して
孫がついにお金を手にした瞬間
「やったー!」といち早くそれを掲げる嫁。さすがうちの嫁。
c0002260_16284987.jpg
はっと我に返る嫁(笑)。
c0002260_133451.jpg
将来左団扇が約束された二人と純真無垢な孫。
c0002260_16264415.jpg
すべて日本語で丁寧に説明してくれて、いろいろ気を使ってもらい
すっかりお世話になって、異文化交流も楽しいものですね。
ただ一つ残念なのは、当の本人が覚えているのか?
ってことでしょうか(笑)。
c0002260_16352788.jpg
弟くんが気を利かせて
バリ婚ビデオを流したりして
遅ればせながら結婚のご報告も出来ました。
c0002260_16353952.jpg
親子三人お揃いのハンボック(韓国民族衣装)
c0002260_16371868.jpg
こんな風に写真を飾ります。
なので韓国では赤ん坊の写真館が格安でいっぱいあるそうです。
c0002260_16373322.jpg
おおた慶文風は花子から。
c0002260_16402362.jpg



不思議だね。
国際結婚も、異文化交流もまるで偶然のなせる業で
この歳になって日本以外の国や人と交流ができるなんて
想像もしていなかった。
それどころか加齢とともに人との繋がりさえ避けていたように思う。
厭世的になって、段々家に引きこもるようになって、唯一人との関わりが
ブログやネットだったこの私が(笑)、なんの因果か韓国に親戚が出来たり、
韓国に来ている。
面倒だなと思いながら次々と予想外の予定が決まる。
恐る恐る足を踏み出せば知らない世界が広がり、新しい人間関係がうまれる。
夢や希望は、もう縁のないことだと諦めていたけどまだまだ隠遁するには早いよと
言われた気がしたこの度のご縁でした。カムサハムニダ。

アンニョンハセヨとカムサハムニダだけで通した三日間ですた。


次は韓国B級グルメへとつづく(予定)。

More
by eight-b | 2011-11-25 14:57 | Comments(8)
プレソウル
日本人の日本人による日本人のための鮨。鮨辰。
11月はプレ渡韓で酒が飲めるぞー酒が酒が飲めるぞー酒が飲めるぞー
みたいな。
c0002260_16462328.jpg
c0002260_1646473.jpg
c0002260_16454742.jpg
c0002260_16543987.jpg
c0002260_16463799.jpg
ボジョレー解禁も祝う
c0002260_16511395.jpg
ラーメンも食う
c0002260_16522187.jpg
かたつむりがいいんだって情報も仕入れる
c0002260_1653190.jpg
行って来ます
c0002260_16532713.jpg

by eight-b | 2011-11-18 16:55 | Comments(1)
11月のアルピノ女子会
綱島駅前の時計屋さんに、掛け時計の修理を依頼しに来る
という友だちと、日吉銀玉まえで待ち合わせ、6時オープンの
アルピノへと向かいます。

LIS '06   (リス ネリス)
女三人、シャンパンで乾杯した後はシェフお勧めの白。
これが大ヒット!超好み。
未だサローネのワインが忘れられないけど(料理はすぐ忘れた)
サローネに負けてない。
c0002260_1615774.jpg
秦野産バターナッツのムースとサンダニエレ産生ハムのパテ
c0002260_1624650.jpg
バーニャ・カウダ
c0002260_1633952.jpg
愛知県産白ミル貝と北海道産帆立貝のサラダ
c0002260_16211855.jpg
北海道産ずわい蟹肉のトマトラグーソース
c0002260_1642584.jpg
恋の風水に盛り上がりながら2本目
c0002260_1644121.jpg
北海道産真鱈の白子のポワレ
c0002260_1651251.jpg
ちょっと飲みすぎじゃないですか
ということにはまったく全然気がついていない三人に
ソムリエちゃんからこんなかわいいラテアートが
c0002260_1655296.jpg


べろんべろんで別れた後
駅に向かう友人はそのままどこまでも直進して迷宮入りになりました。合掌。
by eight-b | 2011-11-17 16:05 | Comments(0)
カルボナーラ
アルピノのカウンターに座ってぢっとシェフの手元を見つめて研究したカルボナーラ
ですが到底及びませんな。
c0002260_15265299.jpg
c0002260_15272431.jpg
塩、砂糖、ディルでマリネしたサーモンと春菊のサラダ
c0002260_15275270.jpg
c0002260_15273991.jpg

by eight-b | 2011-11-17 15:28 | Comments(0)
エアリゾット
塩麹豚と白いんげん豆のトマトスープの残り汁で
ちゃちゃっとリゾットを作りました。
仕上げにフライパンを振る工程をきっちり行ったら
リゾットに空気が入り、あわ立つような仕上がりになりました。
c0002260_155949100.jpg

by eight-b | 2011-11-16 15:54 | Comments(0)
韓国写真館事情
先月韓国の写真館でトルジャンチ(1歳祝い)用に撮ってきた一枚。
持参した衣装は採用されず(笑)
今回も写真館のスタイリストの思うがまま
ランニングシャツにチュチュ
その上にケープ
そしてお決まりの帽子

これはほんの一例ですが
この他にも“おやぢの靴下”バージョンとか
“七福神”バージョンとか、親の意向なんて
完全無視の強力スタイリスト付き(笑)
そんなコーディネート付きスタジオ撮影4通り100ポーズが
日本なら四つ切り2枚合わせの値段で撮影されます。
とは言えダサイ(笑)、それが似合う(笑)
c0002260_10243940.jpg

韓国の方によろこばれる日本のお土産ってなんですか?

孫の1歳の祝いに韓国ソウルに行く予定です。
ソウルでは韓国の親戚の方にいろいろお世話になるので
日本ならではのお土産を持って行こうと考えていますが
これが皆目見当がつきません。
横浜崎陽軒のシュウマイ(真空パック)じゃなんだし(ドッコイが言った)
ちょっと気の利いたお土産ってなにかありますか?
かなり悩んでます。どなたかよい知恵をお貸しください。
by eight-b | 2011-11-11 11:11 | Comments(12)
ホームランまっこり
c0002260_16552542.jpg
c0002260_16554211.jpg
c0002260_16573296.jpg

by eight-b | 2011-11-10 16:58 | Comments(2)
孫とキンメ
孫が遊びに来たのでささっと(前日と大かぶりの)ごちそう。

キンメの清蒸鮮魚
ネギがなかったので物足りない画ですが
熱々のピーナッツオイルをジュっとかけて好評のうちに完食。
c0002260_1649838.jpg
蛸、キドニービーンズ、マッシュルーム、インゲン
c0002260_1649157.jpg


きのこの残りできのこパスタ
他いろいろ。

c0002260_16521779.jpg
大人のおもちゃ

by eight-b | 2011-11-10 16:53 | Comments(2)
きんめ
久々の須崎のキンメ。
c0002260_16561156.jpg
イカとセロリとクレソン
c0002260_16555614.jpg
豆腐抜きのけんちん汁
c0002260_16563358.jpg

by eight-b | 2011-11-09 16:56 | Comments(0)
リゾット
土曜日、スカパーの辻調チャンネルでリゾットの作り方を習ったので
忘れないうちに復習します。
c0002260_16515431.jpg
きのこのリゾット
スープはコンソメを溶かしたものでもいいのですが
ここは辻調さんの基本に倣い先ず、米に対して8倍の鶏ガラ
スープを用意します。
辻調さんでは、丸鶏一羽とよく洗って下処理した鶏ガラ一羽から
鍋一杯のチキンスープを摂っていましたが、家庭用ですので
1パック50円の鶏の手羽先や、手羽元などを用意しました。
丁寧に灰汁を取ったチキンスープが用意できたら、きのこの
準備をします。きのこは舞茸、しめじ、椎茸、マッシュルーム
トルコの松茸を用意しました。これをすべてさいの目に切ります。
バターでキノコを炒め、白ワイン、塩、こしょうしておきます。
フライパンにガーリックオイルを熱し、玉ねぎのみじん切りと米カッ
プ半分を入れて炒め、白ワインを加えアルコールを飛ばします。
ワインが煮詰まったら鍋が冷えないように熱い鶏ガラスープを
1カップ加えます。米は最初に水分を多く吸収するので多めの
鶏ガラスープを加えます。スープを加えたらそのままなるべく
かき混ぜないで目を離さない。その後熱いスープを足しながら
きのこは10分くらいで入れる。
15分を目安にアルデンテに仕上げます。
仕上げに塩、こしょう、バターを入れて混ぜます。
火から下ろしたらパルメザンチーズを加えフライパンを大きく揺すり
全体に空気を含ませます。
熱いフライパンの一辺を台に固定して、左手でフライパンを持ち、右手は
逆手にして持って大きく揺すり、リゾットをフライパンの中で何度も返して
空気を含ませふわっとしたリゾットに仕上げます。リゾットが泡立つ感じ。
そんな大技が出来なかったのでリゾットが泡立つ感じにはなってませんが
出来なければシリコンのフライ返しで大きくすくって混ぜてくださいとのこと。

ポイントは、
◎米に対して8倍のスープ。
◎ワインは最初に加えてアルコール分を飛ばす。
◎熱いスープを加えること。
◎スープを加えたら必要以上に混ぜ返さない。
◎15分を基準にして仕上げる。
◎仕上げにリゾットに空気を入れる。
◎皿に盛ったら2〜3回皿を揺すり丸く平らに均す。
 これはリゾットの緩さ具合を見せてくれたパフォーマンスかも。

分量など詳しくはこちらをどうぞ。

応用編
明太子のリゾット
c0002260_16514279.jpg

by eight-b | 2011-11-09 16:51 | Comments(0)