<   2011年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧
蕪のグリーンスープ
雑穀入り蕪丸ごとスープ
c0002260_1619429.jpg

by eight-b | 2011-10-31 16:19 | Comments(0)
雑穀米のスープ
十穀米、そば米、押し麦、白米、松の実、クコの実、皮蛋、黒潮町の黒塩
c0002260_16172856.jpg

by eight-b | 2011-10-31 16:18 | Comments(0)
ロールキャベツ
c0002260_15292728.jpg

by eight-b | 2011-10-31 16:16 | Comments(0)
西横浜スペリアーモ
遠征イタリアン

「西横浜にうまいイタリアンがある」

そう聞いてからずいぶん経ちました。
いつか行こうねと言いながら30年はゆうに経ったね。ヲイ
それが今週末はドッコイ泊まりのゴルフが入っておるではないの。
花子もオールでハロウィンだし、チャンスだ。行くべ。

横浜から相鉄線の鈍行で2駅目の西横浜へ。
わー、西横浜なんて初めてだ。人が歩いてないよ。車が通ってないよ。
そんな静かな住宅地?の道路沿いの塀にセンスよくライトアップする
スペリアーモの煌き
c0002260_1534792.jpg
あら、なんか素敵よ。
c0002260_15324798.jpg
ブルーの厨房がスマートでイケてる。広さも十分。
c0002260_15332822.jpg
c0002260_15375485.jpg
店内は清潔で明るく、
まるで南イタリアの燦燦と降り注ぐ太陽のよう。行ったことないけど。
c0002260_16514339.jpg
それでは期待を込めて、Cin cin!
朝、昼、抜きのカラダに染み渡るこの一杯。
この一杯のために生きている。ぷっはー。
c0002260_15352686.jpg
カワハギの肝和え、と思ったらそこはイタリアン
セロリのムースが敷いてある。
ああなるほど。一気にイタリアンぽくなるのだな。
ワインワイン。ここは白ワインを急いでオーダーしなくては
c0002260_16482218.jpg
メニューをいじくり回しながらあーだこーだと決めかねていたら
「そろそろ出番かなと思って」とママ登場(笑)
ワインのことなら店長の出番ということでこちら
脂ののった熟女好みのワインを勧められました。
c0002260_16482956.jpg
そうそうこういう薄褐色のワインを求めていたの。
c0002260_16484658.jpg
釜焼きフォッカッチャ
c0002260_16485466.jpg
そしてかぶっちゃいましたが鯛のカルパッチョ
これも卵の黄身のムース、アボカド、その上になんだったか
三層のソースの上にのった鯛がうなるほどおいしい。
複雑じゃない単純な組み合わせだけど、まさに白ワインのための肴。
スプーンにのせて一口で食べてください。
そしてすぐさまワインを飲んでみてください。
どこかで聞いたようなセリフが記憶に蘇る。
だけどここではあくまでもカジュアルに、好きに食べて飲んで
本能のままに「うんまいねー」とつい口に出る。
c0002260_1649138.jpg
そして事前に予習してきたスペリアーモ自家製ソーセージ。
「肉汁が飛び出しますから気をつけて」
恐る恐るナイフを突き刺すとピュ~
これはまさに南イタリアの小龍包。こんなジュシーな肉の塊は初めて。おいちい。
前を見れば相方はしっかりナプキンが首根っこに挟まれている。さすがのマンマミーア
c0002260_15565176.jpg
あふれ出た肉汁こそカメラに納めるべきだった。
c0002260_15565967.jpg
香り高いジャンボマッシュルームのサラダ 
リチャードジノリのお皿で。
c0002260_15571397.jpg
キノコのピザ
キノコのチョイスは相方でした。
こんなにモチモチした生地のピザを食べたのは初めて。
とくに盛り上がった外側の部分のモチモチ感が絶妙。
今まで食べていたピザってなに?
c0002260_15572894.jpg
c0002260_15573668.jpg
ヤリイカのイカスミスパゲッティ
スミイカじゃないところであっさりした仕上がりです。
今日のメニューのラインナップではちょっと物足りなかったかな。
相方のいうようにラグーソースのパスタにしてもよかったけど
実はもうお腹パンパンでいい加減に酔いも回ってました。
追加のグラス赤も飲み切れず。
c0002260_15574395.jpg
c0002260_15574944.jpg
別腹パンプキン
c0002260_1558362.jpg



日吉の本格的イタリアン
ちょっと気どって中華街
ぐっとカジュアルに西横浜

どれも甲乙つけ難い
アルピノとサローネと、それからスペリアーモ

みんなちがって、みんないい。

ご馳走さまでした。
また行こうね。

                 みすず。
by eight-b | 2011-10-31 15:26 | Comments(0)
厚木名産とん漬け
厚木で平日ゴルだったドッコイがお土産にいただいてきた
【波多野のとん漬け】樽入り12枚
厚木のB級グルメといえばグランプリをとったシロコロホルモンが
記憶に新しいですが、他にも厚木バーガーなんてご当地グルメも
耳にしたことがあり、こちらのとん漬けも厚木グルメの一つのようです。

波多野とん漬けの真っ黒い味噌はふき取らずそのまま
アルミ箔を敷いたフライパンで蓋をして中火で焼きます。
焼きに飽きたらカツで。
カツの場合は味噌をふき取ります。
味噌の染みたとん漬けカツはソース要らずで
これもまたいかにもお惣菜ぽくておいしい。
c0002260_16323880.jpg
c0002260_1633777.jpg
c0002260_144415.jpg
新潟魚沼産の新米は南極の友だちがわざわざ新潟から持ってきてくれたもの。
精米し立てのおいしいうちにもりもり食べましょう。
c0002260_16332429.jpg

by eight-b | 2011-10-28 16:34 | Comments(0)
焼き玉ねぎの簡単オニグラスープ
c0002260_1417834.jpg
c0002260_1615493.jpg
c0002260_162712.jpg
c0002260_162153.jpg
c0002260_1622343.jpg

南部鉄のグリルパンで焼いた玉ねぎを茹でて
コンソメで味付けただけで、本格的な味のオニグラスープに
なっちゃうお手軽さに我ながら感動しました。
南部鉄がよくて、その上グリルパンがよくて
これで焼き玉ねぎにすると、玉ねぎの余分な水分が取れ
玉ねぎの甘味が増すんですね。
そしてその焼き玉ねぎを鍋でトロトロに煮て
マギー化学調味料無添加コンソメを一袋入れるだけ。
スープ皿に玉ねぎごと注ぎ入れ、焼いたバゲット一切れを浮かべ
粉チーズを振ってオーブングリル機能で焼き色をつける。
あんまり簡単過ぎて朝からオニグラスープ朝食の出来上がり。
やばいわこれ。うますぎる。

c0002260_1643186.jpg

by eight-b | 2011-10-28 14:17 | Comments(1)
マッシュルームのスープ
c0002260_14594358.jpg
ホワイト、ブラウンマッシュルーム、椎茸、ジャガイモ
c0002260_1453113.jpg
キノコはそれぞれ角切り、ジャガイモは半月切りをバターで炒めたら
水カップ1を加えジャガイモがやわらかくなるまで煮る。
牛乳とコンソメを加えFPにかける。
c0002260_15013.jpg
c0002260_150136.jpg

by eight-b | 2011-10-27 15:08 | Comments(2)
秋深し隣はナニを
昨日は木枯らし一号だったようです。
去年と同じ日だったそうですよ。
それでも例年より早いとか。
猛暑の年は木枯らしも早いんでしょうか。

そんな秋深しな昨夜
一人の女が顔面蒼白でインターホンを鳴らします。

「あらどうしたの、 今日はジムに行く日じゃなかったの?」

「なんだか調子悪くてまっすぐ帰って来ちゃった」

具合が悪くて死にそうだというのでおかーさんは黙って

イカワタパスタを作って食わせました。
c0002260_137378.jpg


秋深し うちの花子は 腹減りすぎ(字余り)
by eight-b | 2011-10-27 15:07 | Comments(2)
キャベツのスープ
c0002260_1621353.jpg


鍋にオリーブオイル大さじ1を入れてベーコンと玉ねぎを炒める
c0002260_165118.jpg
ブロッコリーの芯
c0002260_1651262.jpg
キャベツをてんこ盛り
c0002260_1653861.jpg
くたくたに煮る
c0002260_1654519.jpg

by eight-b | 2011-10-26 16:11 | Comments(2)
秋刀魚のアラ出汁味噌スープ
c0002260_15501567.jpg


ブロッコリーと蕪とソーセージのタルタルソース
c0002260_15562778.jpg
餃子の王将の水餃子
c0002260_15564632.jpg
秋刀魚のアラ出汁味噌汁、豆腐、ブロッコリー、ゆで卵、ねぎ、
c0002260_15521885.jpg

by eight-b | 2011-10-26 16:10 | Comments(0)