<   2009年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧
お疲れしたー
百年に一度の大不況の中
なんとか無事に一年を終えることが出来ました。

今日は午前中大掃除の後、みんなで鮨やオードブルを囲んで
この一年の無事と、来年への期待を胸に、ぱーっと盛大(?)に
麦茶とウーロン茶で打ち上げて終えました。

_________________________

さあ今晩から正月モードです。
日本酒飲みます。樽酒(の瓶詰め)飲みまくります。
c0002260_17555152.jpg
暮れのご挨拶に行ってちゃっかりいただいてきたキンメを
今夜はキンメのしゃぶしゃぶで、あざーす!
                             (WBC二連覇の今年を振り返りつつ)



c0002260_2012386.jpg





                             自宅大掃除終わってませんけど・・・。
by eight-b | 2009-12-29 18:05 | Comments(14)
広島牡蠣
広島の友人から牡蠣が届きました。
その量たるや莫大
殻付き牡蠣100個以上。剥き身の牡蠣500g。
花子はいないし、ドッコイはアンチ牡蠣だし、どうすべえ。

ということで悩む前に 喰う!

生牡蠣
発見! 牡蠣部(番外)としたら、これくらいなら一人で食べられるもんだなあ。
c0002260_8343695.jpg


続いて
牡蠣の酒蒸し
c0002260_8394726.jpg
フライパンに殻付き牡蠣を並べコンロに火を点け白ワインをどばどば注ぎ蓋をして蒸します。
生牡蠣剥きの生傷が痛々しいですが、酒蒸しなら簡単に殻も剥けて食べやすいです。
c0002260_840915.jpg
ボジョレーの白ワインと迷いましたがハーパーのハイボールで。
c0002260_8402781.jpg
剥き身の牡蠣を残し、残りはご近所さんと、南極の彼女の実家に
無理矢理お分けしました。↓これでも残り半分。
c0002260_8464276.jpg


一昨年辺りからスーパー牡蠣を食べると夜中に必ず悶絶するので
今年はあえて見ない振りしていましたが、こんなおいしいそうな牡蠣
を見ちゃったら 死んでもいい。

そんな覚悟で死ぬほど食ったのに、これが全然なんともないんです。
そうは言っても、鮨辰やアルピノの牡蠣ではなんともないので大丈夫
だとは思っていましたが、スーパーの牡蠣に限りこのまま禁食とします。



+++++++++++++++++++++
トシだねえ。会津日帰りの疲れが取れません。
昨夜はゴルフ帰りのドッコイに鮨辰に誘われましたが
せっかく化粧して仕度していたにも関わらず
ご飯を炊いて、ヒジキの五目煮、出汁巻き卵、大根膾、助惣鱈子煮、豆腐と芹のお味噌汁
を急遽用意して、わずかばかりの酒を夫婦で分かち合ってバタンQ~。

南極に私信
ビールも焼酎も持っていくから飲む酒がないだろ。
by eight-b | 2009-12-28 08:59
暮れの最後のご挨拶に
会津日帰りは
無謀だ!
 
c0002260_8234376.jpg



死の行軍のような会津詣ででした。

帰りは仕事納めとクリスマスが重なって、東京大渋滞の中
4時間かかって帰宅。正味7時間。往復12時間の旅。




なんちゃって。
クリスマス大渋滞は本当ですが、雪中行軍はやらせです。^^
                    ※あえて雪山を通りました。



クリスマスの早朝5時に自宅を出発して
混雑する東京を6時30分までに抜けます。
途中事故渋滞があり、30分余計にかかりましたが
難なく東京渋滞を免れ、薄曇ながら概ね快適な往路ドライブです。c0002260_8431274.jpg
朝食は上河内SAで。
かき揚げうどんと餃子ラーメン
c0002260_8452553.jpg
案内標示板に「那須」の文字が見え始めると山の風景が変わります。
c0002260_11424053.jpg
c0002260_11242625.jpg

郡山から磐越自動車道に乗り、会津若松を目指すと更に景色は一変します。
東北地方の一週間前の大雪の名残、、、にしてはここだけ山盛りです。
c0002260_1128731.jpg
しかし幹線道路に雪の影響はなく
わざわざスタッドレスタイヤに履き替えたことを少し悔やむのでした。
(タイヤ交換代一回¥3,000)

会津若松から1時間で目的の場所に着き、そこで暮れの挨拶を済ませ

「遊びに来たんじゃないんだからね」
そんな一人突っ込みをしつつ(ドッコイに言われる前に)

七日町へ。
c0002260_992885.jpg
c0002260_994732.jpg
野口英夫青春通りとかあるように(行ってないけど)
大正浪漫に溢れた町並みです(か?)。
c0002260_917074.jpg
会津地鶏の親子丼を食べました。
c0002260_9183058.jpg
そして復路は、山内宿に向かって、こぶしラインの山越えで
せっかくのスタッドレスタイヤであえて無謀な雪山越えに挑みました。
この雪のカーブを曲がると、雪の大内宿です。
c0002260_9282934.jpg
がここには立ち寄らず
目指すは会津鉄道「湯野上温泉」駅から「塔のへつり」駅に向かう下郷町物産館の
会津地鶏です。
今回は一羽セット(ムネ、モモ、ササミ、手羽元) 1kg入 2,700円 を二羽分と
会津地鶏の丸鶏一羽 1,900円 を心残りなく購入しました。



◎ ◎ ◎ ◎◎◎

ほぼ半日、助手席のシートに座りっぱなしでした。
当初の計画では東山温泉に一泊するつもりで、今年のクリスマスはのんびり
温泉に浸かれると喜んでいたけれど、年が押し迫るにつれてどうやら泊まりは
無理だと、こんな無謀な日帰りになりました。

それにしても長旅のなにが一番の難関かといえば、行きも帰りも東京を
いかに抜けるかという一言に尽きます。
往路5時間は、朝の混雑前に通り抜けるのでなんら問題はなかったのですが
復路の7時間は、クリスマス、仕事納め、通勤時間帯全てにぶち当たり、ただ
ひたすらじっと我慢の 死の行軍 なのでありんした。 

                                     メリー・苦シミマス♪




このとき以来の会津と地鶏でした。
by eight-b | 2009-12-26 08:17
メリークリスマス
c0002260_2058198.jpg
c0002260_20581949.jpg
c0002260_20595411.jpg
c0002260_210854.jpg
c0002260_2102365.jpg
c0002260_2104525.jpg

by eight-b | 2009-12-24 21:01
クリスマス ローストポーク
これはおまけ。
ドッコイの千葉リーヒルズ(ゴルフ)土産のロース肉もクリスマス仕様。
肉汁でグレイビーソースも作りました。
c0002260_836141.jpg
漬汁(塩、こしょう、シードル)に一晩漬け込み、表面こんがり焼き目をつけたら
スキレットごとオーブンへ
c0002260_837215.jpg

by eight-b | 2009-12-24 08:40
クリスマス チーズフォンデュ
奥能登 珠洲焼きの思い切り和風な器に
串刺しのフォンデュ食材の色彩がまるでツリーのようでしょ(^m^)
c0002260_822244.jpg
「三日ぶりだね、豆ぞう」
熱い接吻を交わし、愛を語り合う二人
c0002260_829489.jpg

by eight-b | 2009-12-24 08:29
2009 メリクリ
出稼ぎ花子の休暇が
今週は天皇誕生日の今日だけなので
今年のクリスマスは前倒しの23日に行いました。

焼きあがったローストチキンは花子が盛り付けました。
c0002260_8122154.jpg

by eight-b | 2009-12-24 08:13
山菜そば
秋田から届いた山菜の水煮を使った山菜そばです。

暮れも押し迫って、事務仕事ではない現場仕事が忙しく
なかなか更新できませんが、毎日こんなもの食べて

凌いでます。ああ。
c0002260_8315361.jpg

by eight-b | 2009-12-22 23:47
ぶり大根
会社に行く途中の農家の直売で1mの捥ぎ立て大根購入。
捥ぎ立てで瑞々しかったからでしょうか、すぐ煮えて、味が凍みて
おいしい鰤大根を小一時間で食べることが出来ました。
c0002260_2112085.jpg
c0002260_21121531.jpg
卵豆腐も出来立て。
(具のない茶碗蒸しとも言う)
c0002260_21122959.jpg


※マリーに泣きながら
by eight-b | 2009-12-18 22:50
京急 日の出町
ディープな「日の出町」ではありません。
超初級の日の出町入門編としてどうぞ。
京急「日の出町駅」下車。徒歩100歩。
c0002260_9245315.jpg
やき鳥 だるま
町屋落語組の我々(どS&どH)と、本日勤労のどM子さんとここで待ち合わせました。
c0002260_12201483.jpg
きゅうりのおしんこ、銀杏串、焼茄子。
その他にも撮り忘れの串が何本かありますが
ビール、燗酒を浴びるほど飲んで覚えてません。
c0002260_12234367.jpg
c0002260_12235770.jpg
c0002260_12243445.jpg
c0002260_12244938.jpg
c0002260_1225342.jpg
c0002260_12251829.jpg
コの字型のカウンターの中におやじさま(推定80超)と弟子と称するおにーさん二人の
本当に小さな焼き鳥屋さんです。
いつも満杯の噂通り、狭い店内は老若男女が隙間なくひしめき合って満席でした。
基本焼き鳥はお任せで、寡黙で矍鑠としたおやじさんがひたすら焼きに徹しています。
それでもどM子さんが、「30年前に一度来たことがあるんです」というと、素早く反応し(笑)
かつて燗酒はだるま型のお銚子だったと、「だるま」の所以まで証言して喜ばれてました。
さすがどM子さん!昭和の生き字引と、畏敬の念で見つめる×十路な私たち。
                                  (註:十代ではない)


c0002260_9373354.jpg健全な日の出町圏内・・・と思ったら、脇道を隔てた隣は
ストリップ劇場でした。
幹線道路の向うは知る人ぞ汁、彼の「光音座こうおんざ」。
ただ今の上映映画は
光音座1
「藍宇 LAN YU 情熱の嵐」
「愛のラビリンス」
(以上、ゲイ専科)
光音座2
「絶倫、名器、三段締め」 
「ハミ乳姉妹 ゆれて男あさり」
            「新妻奴隷 強制愛撫」
               絶倫上映中!


そして隣は野毛だった
by eight-b | 2009-12-18 17:06 | Comments(5)