<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
YOKOHAMAじゃ今
c0002260_9493911.jpg
c0002260_15301855.jpg
c0002260_15303959.jpg
c0002260_15305983.jpg
c0002260_15323394.jpg
c0002260_1533524.jpg
c0002260_1533598.jpg
c0002260_9542918.jpg
c0002260_1534951.jpg
c0002260_15374240.jpg


11月最後の休日の三渓園

思いがけず紅葉に染まる一日になりました。
その中でももみじの赤が圧巻!

そんな色とりどりの三渓園を思う存分堪能して
その後、原三渓さん直系の「隣花苑」で
三渓さん考案の三渓そばランチ(¥3,500)
を楽しみました。


私の一押しのヨコハマスポットです。

但し、年齢制限あり。R還指定。

ヨコハマじゃ今 乱れた恋が揺れる
50と60のまんなかで
どこに入れられてももう感じないけど
お別れの Good bye も囁かれ・・・
(元歌の面影なし)

いや~、それにしてもじじばばばっかり。
なーんて、言っちゃってる私たちもすっかりじじばばカラーで落葉。
c0002260_20521487.jpg
c0002260_20523343.jpg


三渓そばランチ
by eight-b | 2009-11-30 14:34 | Comments(4)
心から温まる酒粕石狩鍋
連日子持ちのハタハタの塩焼が続きます。
この日は20㎝強の大ぶりなハタハタのほとんどを占める卵が
殊の外ネバーっと糸を引き、満足度も鰻上り。(雷魚なのに)
前日の15~16㎝のハタハタの方が、卵と、脂の乗った身の
バランスが取れていましたが、いずれも甲乙つけがたい美味さに
晩酌もいっそう進みます。
そのハタハタの付け合せに
今年も出回り始めた蔵出し酒粕(緑川)
を使った石狩鍋を添えました。
これがまたハタハタに負けず劣らずの美味!
c0002260_11175936.jpg
立派なノルウェーサーモンの切り身を戴いたので、取り合えず塩麹漬けにして
その肉厚サーモン2切れの塩麹を洗い流し、大根、人参、ジャガイモ、玉ねぎ
茸(ヒラタケ、舞茸、エノキ)、豚バラ肉、最後にセリを天盛りにして、お鍋一杯完食。
作り置きの今年のイクラもこれですべて食べ尽くしました。
by eight-b | 2009-11-28 11:18 | Comments(2)
ハタハタの塩焼と日輪田
東北の酒には東北の食材がよく合います。
c0002260_8221980.jpg


ブリコたっぷりの今の時季のハタハタは
ねっとり糸を引く卵も勿論おいしいけど
脂の乗った身もブリコに負けずおいしいなあ。
c0002260_8272761.jpg
c0002260_8274168.jpg


かつお出汁の鍋焼きカレーうどん
by eight-b | 2009-11-27 08:36 | Comments(6)
鍋焼きうどんと日輪田
二人前海老天二本入り
c0002260_922124.jpg
日輪田美山錦60純米 1800ml ¥2500(税込み¥2625) 
宮城県 「荻野酒造」 栗原市金成町
この他にも、日輪田山田錦65純米 1800ml ¥2800(税込み¥2940)
日輪田美山錦50純米吟醸 1800ml¥3000(税込み¥3150)の三種類が初お目見え。
こちらのお酒は初めてですが、やっぱり宮城の地酒はウマイよ。
c0002260_7473561.jpg
※日本酒、焼酎(巷でプレミア付)はすべてこちらで定価購入しています。
by eight-b | 2009-11-26 07:47 | Comments(4)
こんかニシン
余程の飲兵衛じゃないと反応しづらいビジュアルですが
モノホンの飲兵衛ならこの絵面だけで三合はいけちゃいます。
市販のパック詰めのコチコチに干上がったこんかニシンとは違い←知らないけど
しじょーにしっとり、塩分濃度もそれほど高くなく保存食というより生に近い
ので、炙ったりせずこのまま生で齧るとそれはもう得も言われぬ美味しさ。
鼻腔に広がる唐辛子の効いた糠の醗酵臭がなんとも堪りません。
そう、この糠がまた美味なのです。茶漬けでも昇天。
c0002260_857670.jpg
生麩湯豆腐 よもぎ麩、粟麩、花麩(桜)
c0002260_8571541.jpg


ところで昇天繋がりで、昨夜イカの丸焼き(フライパンソテー)サンドを
一人こっそり作って爆死しました。

はい、昇天ではなくて爆死。

爆死が耳障りなら殉死でも可。

なぜならその勇姿を画像に収める勇気がなかったから。
それ以上に、イカわたを滴らせながらかぶりつく己の姿が
妙にオドロオドロシイ晩秋の夜。享年28歳のトン死。ブヒ。

ご馳走さま。(-人-)
by eight-b | 2009-11-25 08:57 | Comments(6)
三連きゅ~最終日
鬼の居ぬ間(花子出稼ぎ中)の鮨辰。
c0002260_15155850.jpg
さっきまで活きていたかと思うようなカサゴとキンメ
カサゴは半身を刺身で、残り半身は塩焼きで
c0002260_15162627.jpg
メヒカリの天ぷら
c0002260_15163878.jpg
香箱蟹
c0002260_1517199.jpg
刺身湯葉
c0002260_15171793.jpg
カサゴの塩焼き(半身)
c0002260_15173186.jpg
鶏のから揚げ
c0002260_15174552.jpg
カサゴの骨酒
c0002260_15175779.jpg
冗談から、、、焼きそば
c0002260_151810100.jpg
ドッコイお気に入りの青森のおねいさんがご夫婦で隣り合わせ調子こくドッコイ
昔はそのユーモア溢れた軽口とひょうきんなところが好きだった、、、
c0002260_8511241.jpg
プロポーズあの日に帰って断りたい(サラ川大賞作)

それでもすごーーーく楽しくて、多分一升くらい空けたと思われる・・・。(割れ鍋に綴じ蓋)


今年もありつけました!
こんか鰊 鮨辰の大将のおねいさん作
c0002260_15185869.jpg
去年のおねいさん

帰り際、2号が彼女とやって来て、ズワイガニとか。散財。
by eight-b | 2009-11-24 15:19 | Comments(2)
三連きゅ~中日
新横浜からタクシーで2~3メーターくらいの距離の
坂を登った山の中のイタリアンへ。
c0002260_1573785.jpg
c0002260_1575038.jpg
c0002260_1581328.jpg

c0002260_1592145.jpg
c0002260_1582940.jpg

c0002260_1594688.jpg
c0002260_15111042.jpg
c0002260_15102711.jpg
c0002260_15113072.jpg
ゆっくりたっぷり三時間ランチを終えると満杯だった店内は人っ子一人いない。
タクシーで新横浜まで戻り、かつてラブホだったカラオケビルを目指すものの
一時間半待ちとのことで、場所をコンビニ隣のカラオケに変えて三時間発情してきました。

発散ともいう。
by eight-b | 2009-11-24 15:11 | Comments(0)
三連きゅ~初日
私と豆ぞう以外は普通に仕事の日。
それでもいつもより少し早い帰りのドッコイから
「元町でも行こうか」 と誘われる。

で、なんでお前がついて来るんだ、花子。
c0002260_1555069.jpg
ドッコイの「元町」の目的はここc0002260_1617036.jpg
どえりゃー高額のゴルフシューズは試し履きだけして
今なら試着するだけでデンマーク王室御用達のチョコを
頂いて出てきました。
私はブラウス買ったけど。


そして腹ごしらえは元町の居酒屋で十四代を一合ずつ。
「本丸」 650円/一合 から、ずらっと勢ぞろいの十四代の行き着く先は

なんと!7,000円/一合ですってよ、奥さん。

いったいどれだけのプレミアム値段で仕入れるんだ。
居酒屋で一升空けたら、な、な、ななまんえん!ですよ!

eccoのゴルフシューズか
十四代(一升)か迷うところです。(迷いません。買いません。飲みません。)
by eight-b | 2009-11-24 15:05 | Comments(0)
Cin cin ソパ・デ・アホ 
昨夜の椎茸のアヒージョのフォンデュ鍋の底に残ったガーリックオイルで

ソパ・デ・アホ(スペイン語: sopa de ajo)
はスペイン・カスティーリャ地方でポピュラーなスープの一つ。
「ajo」(アホ)はスペイン語でニンニクの意。
(Wikipedia引用)

フォンデュ鍋に残った椎茸のエキスがしみ出たガーリックオイル
(大さじ4~5杯分)とニンニクの厚切りがたっぷりの鍋をこのまま
熱してオイルが沸々としてきたら、そのまま頂くにはちょっと賞味
期限が危ない生ハム二切れの粗みじん切りと、2㎝角に切った
バゲットを加え炒め合わせます。
水カップ1杯半を注ぎ、見切り品の完熟トマトを入れて、コンソメ
パプリカ、塩、こしょうで味を調え、溶き卵を回しかけて出来上がり。
お手軽なワインのアテの食べるスープが出来上がりました。
(おいしいスペイン料理の数々はこちらを参考にしました)

乳化されたオイルスープをたっぷり吸ったバゲットが
かなりボリューミーなこってりスープ煮の一品です。
ボジョレーヌーボー片手に
熱々をハフハフでお召し上がりください。

( ^_^)/▼☆▼\(^_^ )
ちんちん
(ひらがなはやめなさい)
c0002260_8254830.jpg
2007のソパ・デ・アホ

トマトソースとゴルゴンゾーラのペンネ
c0002260_8575974.jpg
小豆島オリーブと柚子柿林檎とクリームチーズ
c0002260_8581172.jpg

by eight-b | 2009-11-21 08:47 | Comments(10)
椎茸のアヒージョ
マッシュルームのオリーブオイル煮を真似て
秋田から送られてきた椎茸をガーリックオイルで煮てみました。
c0002260_9212325.jpg
残ったオイルで今夜はもう一品の予定です
c0002260_9213026.jpg

by eight-b | 2009-11-20 15:16 | Comments(0)