<   2009年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧
鰹のユッケ
大好評!につき
いつもより多目に画像を増やしました。

あぶかもさん一押しの鰹のユッケです。
我が家でも大好評のうちにあっという間に鰹一柵完食。
網元のあぶかもさんでさえなんで今まで作らなかったんだろうと仰っていましたが
ほんと、ありがちなのに初めて作りました。そしてこれが驚くほどウマイ!
これはひとえに鰹の活きと鮮度に頼るところが大きいと思いますが
スーパーに並ぶ鰹で作ろうと思わないのはまさにこういうところか。
c0002260_8283331.jpg
c0002260_8251736.jpg
c0002260_823434.jpg
c0002260_8241613.jpg

鰹のユッケは鰹を叩いてユッケだれで和えるだけで簡単に出来ます。
我が家のタレは、ごま油、コチュジャン、ヤンニンジャン、ニンニク味噌、醤油、砂糖を
目分量で鍋にかけて練って作りました。
今夜も食べます。たぶん残り三柵すべてユッケの可能性大。うま過ぎる。
by eight-b | 2009-09-30 08:25 | Comments(7)
新横浜 ラントラクト
新横浜ラーメン博物館前に聳える
c0002260_15215571.jpg
高さ25mの山
c0002260_1522653.jpg
しかも滝が流れる
c0002260_15255314.jpg
新横浜瀑布ですよ奥さん!
c0002260_15222842.jpg
そんな新横浜新名所で熟女三人のランチでした。
どM子さんが介護疲れからかほっそりしていて驚きました。
今やバイオニックジェミーの面影皆無。
c0002260_15534077.jpg
この日は¥3,500のランチで。
生ハム一枚の一皿目でまあこんなもんかなと
グラスワインの白と。
c0002260_16112993.jpg
鮮魚と三浦の朝採り野菜の-SUSHI-スタイル
うっかり食べちゃった絵で失礼。そして二皿目で「えっ」って感じ。
白身の刺身にパッションフルーツ系のソースが添えられ絶妙なうまさ。
紅芯大根の彩りも見事でした。
c0002260_16145618.jpg
"鱸のポワレ"サフランソース 梅の香り
そして二皿目からは期待以上でした。
というより店構えが派手なので味は期待していなかった、というのが本当のところですが
いい意味で裏切られたとうれしい誤算。これも素材の鱸が新鮮でおいしい。
c0002260_16275118.jpg

"ホロホロ鶏のクリスピー焼き"マデイラワインとレンズ豆のソース
つい先日アルピノのほろほろ鳥を食べたばかりなので私の評価は厳しいよ
と食べてみればこれもまた申し分ない美味しさでした。
ボトルで頼んだ赤ワインもリーズナブルなお値段で、お店の評判通りに
料理に合うワインでした。
c0002260_16312899.jpg

一月ぶりの近況報告の話
確か妻夫木くんのことが好きだったはずなのに
瑛太に抱きしめられて唇を強引に奪われ
瑛太の女になってしまった。

という夢を、前日観た「X-MEN2」のキスシーンの影響で見ちゃったのよ。

女っていくつになっても貪るようなkissには弱いものなのよ

そんな敬老の日だった。冥土の土産のいい夢だった♥

というおめでたい近況報告を、いまだ興奮覚めやらずした。


そしてホームメイドデザート
滝を目の前にテラス席に移動します。
9月の風が気持ちよく、ほろ酔いの頬に気持ちいい。
はずですが、更年期のおばさんたちはいつでもどこでも暑いのだ。
c0002260_16371355.jpg
暑がりおばさん三人で「おいしかったねー」と話が弾んでいたそのノリで
イケメンウエイターにも称賛の声を掛けると
「草食系でなくてすみません」って
申し訳なさそうに謝るイケメンの彼。

さっきの話を聞かれていた(ーー;)

そういえば、ワインの栓がうまく抜けなくて四苦八苦していたあの時
口角泡を飛ばして興奮しまくってしゃべってました。私。

「肉食系も好きよ」

そゆことじゃなくて。。。
c0002260_1637306.jpg


いやー大満足。
このところ月一熟女ランチがイマイチなこともあって
この日もランチは二の次でこの後の熟女カラオケに期待していたのだけど
どM子さんが在宅介護に呼び戻され、残念かな食事だけになってしまったのでした。
それでも久々においしい食事が出来てよかったです。
介護の合間にほんの少し息抜きが出来る。そんな時間も必要です。
馬鹿な話で大笑いして、ときどき眉間の皺を伸ばしましょう。


無駄にトシを取ってきたとばかり思っていたけど
無駄だと思っていた年月がいつの間にか「経験を積む」に変わり
お互いの心情が手に取るように理解できるようになった。
語り尽くさなくてもその苦労が忍ばれる。
若い頃の浅はかな虚栄や見栄が枯れ、今こんな具合にそれぞれが笑顔で
解り合えるトシになったということか枯れ尾花。←人生の秋だけに。


ごちそうさまでした。
来月は雑食系の亀ちゃんよ。←懲りてない。


c0002260_10182285.jpg
    ↑                         ↑                   ↑
本命だった妻夫木           意外にも強引な瑛太           従順な私

                                      以上、夢の配役でした。
by eight-b | 2009-09-29 15:22 | Comments(8)
戻り鰹
あぶかもさんより大漁鰹のおすそ分けです。
「小さくはないけど大きくもない」
って、思わず50cmの物差しで測っちゃいましたよ。
十分過ぎる大きさです。
c0002260_8454754.jpg
血抜きと内臓処理も済んだ
見事な戻り鰹です。
c0002260_846096.jpg
下処理が済んでいるので大物三尾でも捌きやすいです。
c0002260_8465454.jpg
5枚に捌くと魚の山になりました。
c0002260_8471320.jpg
美味しそうでしょう。
c0002260_8502674.jpg
獲りたて鰹と聞いて南極が早速取りに来ました。(刺身とユッケで食べたそうです)
c0002260_8472631.jpg
血合いも我が家では貴重なたんぱく源(鉄分)です。
だれかワンの。(いつもは鮪の血合いが主食です)
c0002260_8474027.jpg
骨の剥身もスプーンを使って残さず確保。
c0002260_8475478.jpg
ビール片手に台所で試食。うひひ。
c0002260_8481975.jpg
脂ののりもちょうどで申し分ないです。
c0002260_8483512.jpg

鰹大好き。昨夜は捌くので手一杯でしたが
今夜はあぶかもさんお勧めの鰹のユッケでまた晩酌が進みそうです。

「毎日鰹」を合言葉に、またの大漁をお祈り申し上げます。ありがとう。
by eight-b | 2009-09-29 08:50 | Comments(4)
ずんだ餅
究極の贅沢!秘伝豆のずんだです。
c0002260_833522.jpg
去年サクラ・えびぞうさんにいただいて味を占め(こちら
今年も無理を言って頂戴しました。
夏に普通の枝豆で作ってみたものの
まあ、こんなものか、の出来にしかならず
今年は半ば諦めていたいたところに届いた秘伝豆でした。
そしてこの味(T-T)ジーン。
感動も一入です。うまい。おいしい。デリシャス。ボーノ。ブラボー。
c0002260_8322034.jpg


尚、今回はFPで作ったせいか、やや緩過ぎましたが味とかおりは極上。

ありがとう。ごちそうさま。
by eight-b | 2009-09-29 08:30 | Comments(2)
ブゴク(干し鱈のスープ)
韓国の肌が綺麗になるスープだそうです。
つい最近テレビで評判になったようで干し鱈が手に入らないとか(?)
おデートで新宿に行くついでに韓国食材店で仕入れて
南極の彼女が花子のリクエストで作って持ってきてくれました。
c0002260_15561428.jpg
これは食材に添えられていたレシピですが、このレシピの材料とは別に
彼女のアレンジ?で、大根と豆腐入りです。
ニンニクを入れてもおいしいとか。
c0002260_810460.jpg
サランヘヨな夕餉
c0002260_15522166.jpg
c0002260_15523999.jpg


More
by eight-b | 2009-09-28 15:53 | Comments(0)
秘伝豆
c0002260_15393830.jpg
c0002260_15394880.jpg
mottainai
秘伝豆の薄皮と玉ねぎの薄切り、トウモロコシ、パンの耳、牛乳をFPにかけて
秘伝豆の薄皮スープです。
c0002260_1540714.jpg

by eight-b | 2009-09-26 15:46 | Comments(2)
秘伝豆とプレミアムモルツ
秘伝豆に敬意を表して
c0002260_15425175.jpg
c0002260_15431327.jpg
c0002260_15463311.jpg


More
by eight-b | 2009-09-26 15:43 | Comments(0)
小机 味楽
出稼ぎ花子が今夜遅く帰ってくるので
その前に夫婦で久しぶりの味楽です。
と思ったら予定より早い時間の帰宅になり
味楽で待ち合わせるはめに。

なんて運のいいやつ。

+++++++++++++++++
c0002260_13273255.jpg
c0002260_13283922.jpg
c0002260_13285375.jpg
c0002260_13294030.jpg
c0002260_1329235.jpg
c0002260_13295618.jpg
c0002260_13301198.jpg
c0002260_13302344.jpg
c0002260_13311810.jpg
c0002260_13313865.jpg
c0002260_13325839.jpg
c0002260_13315363.jpg
c0002260_1332894.jpg
c0002260_13322538.jpg
c0002260_13332856.jpg
c0002260_13334379.jpg


当日予約なのでコース料理よりチョイス。

先付    秋刀魚  あわび酒蒸し
       名物 フォアグラの茶碗蒸し
前菜    いくら醤油づけ 松風焼 蛸桜煮 子持若布 車海老 むかご真丈 
       新銀杏 つぶ貝 かます寿司
椀      松茸の土瓶蒸し はも 車海老 三つ葉 酢立
造り     鯛 鮪 みる貝
炊合せ  鮎煮浸し 焼茄子 みょうが 蓮草
焼物    松坂牛の塩焼き いちじく 黒酢にんにく 胡麻醤油
食事    鯛めし
デザート いちじく 名物味楽もち

ビール、焼酎ボトルの残りを空けた後、山崎ロックで

この日も感動しっ放しで ごちそうさま。


追記
近々あの方もお見えになるそうです。
by eight-b | 2009-09-25 23:38 | Comments(4)
りんごきんとん
c0002260_8352334.jpg
c0002260_8411057.jpg
c0002260_8411877.jpg
c0002260_8413325.jpg


More
by eight-b | 2009-09-25 08:35
日吉 アルピノ
「なんで帰って来るのよ」

シルバーウィークから一週間限定泊り込み仕事の二日目に
早、休みをもらって帰って来た花子です。

マイペースなB型女の典型です。

「せっかくなのでアルピノでご馳走して」

あくまでも自己中。


※本日のアルピノはワケあって気合入ってます。
  どうぞ存分にご覧ください。
  
++++++++++++++++++++++
当日予約なので5人でカウンターです。(おとん、おかん、花子。他、熱々の二人。)
花子は飲まないというので、ビールで乾杯の後、ママさんお勧めの赤を。
ラ・コルテ ネグロアマーロ
c0002260_1738273.jpg

岩手県産ほろほろ鳥ささみのサルティンボッカ 鶏団子のズッバ
『ほろほろ鳥ってニワトリ?』 『サルティンボッカ?』 『ズッバ?』
ほろほろ鳥は、アフリカのギニア原産のキジ科の鳥でした。
いわゆるジビエに該当すると思われます。
サルティンボッカは肉(ささみ)を生ハムで巻いたもの。
ズッバは具入り(野菜、魚、肉など)のスープです。
百聞は一見に如かずでこちら。
一つ一つの素材の持ち味をうまく引き出しながら無駄のない
滋味溢れるスープです。ポロネギは花子が食べました。
c0002260_17394082.jpg

モツァレラのフリット
添えられた野菜は加賀野菜の金時草(きんじそう)です。
言われて裏返すと、ほんとだ、金時色(赤紫色)だ。
野趣溢れる生、とは大いに意外でしたが、フリットと合いますね。
c0002260_18413974.jpg
フリットを半分に切ってみます。
いい仕事してますね。惚れ惚れします。
c0002260_18463424.jpg

バターナッツ南瓜のポタージュ
見るからにおいしそうじゃない瓢箪型のかぼちゃなのに
認識を改めさせられたバターナッツ南瓜でした。驚きのうまさです。
c0002260_2122517.jpg

北海道秋刀魚のバベッティー
バベッティーとはリングイネのことです。
アルピノの燻製は絶品です。その証拠に写真撮るのを忘れました。
美味し過ぎる。
c0002260_20512557.jpg

スペイン産イベリコ豚のペジョータ(最高級の証し)のテリーヌ・ド・カンパーニュ
これは隣で熱々の二人の世界よりおすそ分け。
c0002260_2164253.jpg

ウニのトマトソースのオレキエッテ(小さな耳たぶ型のパスタ)
残念。カメラの腕が悪過ぎてきれいなウニの色が出てません。
自家製オレキエッテにウニのトマソースが絶品でした。
本日ドッコイの一番のお気に入り。
c0002260_21242237.jpg

小鹿のラグーソースのボロネーゼ
これも熱々カップルより。
c0002260_2133413.jpg

岩手県産短角牛リブロースのビステッカ
肉食おやじのニク~!
さすがに一皿を三等分に分けました。向うの奥のテーブルはこれを一人一皿でした。
敬老の日に息子より老父母へご馳走だったようです。食べ切れたのでしょうか。
こう見えてもかなりのボリュームで大満足のメインの一皿でした。
c0002260_21353772.jpg

茨城県産小鳩のグリル
灼熱カップルたちが注文しました。
約一名、小九鳥と読んだ人がいますが、だれとは恥ずかしくて云えません。
c0002260_21461171.jpg
クックルックルクルー
今にも鳴き出しそうな(笑)小鳩のお頭。
残さず食べたんでしょうか、あの暑苦しい二人。
c0002260_21502218.jpg

食後のグラッパ
c0002260_21513027.jpg
c0002260_21571078.jpg
本日のドルチェから
なんのタルトだか忘れましたが、デザートは忘れないこの別腹が憎い。
c0002260_21521513.jpg


イケメンシェフのK藤ちゃんご馳走さま。
この日イケメンシェフから突然「ハスキー飼ってますか?」と訊かれ
新手の口説き文句かと期待しましたが(笑)
どうらや私のブログを見てここアルピノに吉祥寺からお見えになった方がいらしたそうです。
(ヒエェェェ~)

どうも画面の向うを意識することなくいつもいい加減に記事を書いているので
今日はまだ見ぬ貴方に向けて力一杯言葉を尽くしました。これでも。

いかがでしたでしょうか。おいしさが伝わったでしょうか。

それではいつかアルピノで愛が芽生えるお会いできる日を期待して

ペンを置きます。おやすみなさい。


追記
K藤ちゃん、イケメンだったでしょ?
by eight-b | 2009-09-23 17:58 | Comments(4)