<   2009年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧
六月晦日は年の臍
今朝のコボちゃんで“の輪くぐり” 
お昼の高田文夫で“六月三十日みそかは年のへそ” 
今日 6月30日は “夏越の祓なごしのはらえ”ということで

明日からはいよいよ7月です。今年も夏バテせずに、頑張っていきまっしょい!

【棒棒鶏涼麺】
棒棒鶏の胡麻ダレ冷やしラーメン
c0002260_2251712.jpg

by eight-b | 2009-06-30 23:08 | Comments(11)
残業飯
地味色飯。
『花子がいないのでどこかに食べに行こうか』
と、つい遠慮してお互い言えなかったということが後で判明。
c0002260_7435745.jpg
c0002260_7443035.jpg
c0002260_7463724.jpg

by eight-b | 2009-06-30 07:44 | Comments(0)
hanako飯
一人で食べる花子飯。
どちらも自己評価は“イマイチ”だそうなので料理の腕をカメラでカバー。
どう、おいしそうに撮れているでしょう。
c0002260_7413584.jpg
c0002260_7424223.jpg

by eight-b | 2009-06-30 07:42 | Comments(0)
ラ・ピアッツァ
美容院の帰りに花子と待ち合わせて駅ビルのイタリアンで遅いランチ。
c0002260_2136529.jpg
c0002260_21374259.jpg
子羊のラグーソースパスタ
c0002260_21385354.jpg
イベリコ豚のグリル
c0002260_2139916.jpg
c0002260_21392264.jpg

by eight-b | 2009-06-27 21:39 | Comments(0)
ロト当選金の行方
「当ったよ!」

そんなドッコイに強請集って、おいしいと評判の焼肉屋に焼肉を食べに行く。

…花子のナビで

「焼肉“北京”の、きげつ交差点の先」

きーげーつー?

あー、驚いた
隣町とはいえ、車で数分の木月交差点といえば
ちょっとは知られた地名だとばかり思っていたのに
花子の人生のほとんどで“きげつ”とは迂闊だった(-_-)
c0002260_982459.jpg
c0002260_9104026.jpg
c0002260_928376.jpg
c0002260_92918.jpg
c0002260_9292062.jpg
c0002260_985021.jpg
c0002260_930331.jpg


当ったのは¥13,000
家族全員の焼肉代には遠く及ばず
そもそも、花子にロト当選を知られたのが失敗だった。



【清養苑】
川崎市高津区明津93 044-788-2194 11:30~24:00営業・年中無休
尻手黒川街道沿い市バス井田営業所の向かい
綱島街道木月交差点方面から来た場合、右手。
     (きづき)

子供たちは大絶賛。塩系と冷麺はやめてまた行こっと。



■■■
20数年前に東京ドームだったっけ
米粒くらいのマイケル・ジャクソンを観に行きました。
こういうふうにいなくなる人のような気はしていたけど
残念ですね。朝から流れる ビリー・ジーン が悲しい。
by eight-b | 2009-06-26 09:53 | Comments(12)
オイルサーディン
ち×る「なんだか秋のバス停のベンチに スキレットを一晩置き忘れたような状態に
     なってますが、きっと美味しいものが底に沈んでいるのでしょう。」








「ペガサスの睾丸ですか。」
c0002260_8242595.jpg



アタリ。
    

ペガサスの睾丸(蒸かし芋)をつぶしながらオイルサーディンを食べる。
この組み合わせは最強です。
パセリのみじん切りと、レモンの皮をすりおろしてどうぞ。
c0002260_7412541.jpg
c0002260_7432459.jpg
白ワインのつもりの中々(麦)ロック
c0002260_7535537.jpg


More
by eight-b | 2009-06-25 08:44 | Comments(2)
スキレットでオイルサーディン
やっぱりarincoさんはあの日効き過ぎた冷房で、帰省後発熱ダウンしたようです。
まったく
①伊達の薄着といいますか
②若気のイタリーといいますか
③とっしょりの冷や水といいますか
当てはまるものを答えなさい。

そんな寄る年波なarincoさんですが、この日のオイリーなサーディンもarincoレシピから。
ところがarincoレシピを見た日からずーーーっと探すものの、ウルメイワシが見当たらず。
ついに辛抱堪らず真鰯で妥協。
ウルメイワシとマイワシはそもそもその出自が違うというところから始まるarincoレシピに
甚く感動し、俄然オイルサーディンにはウルメイワシだ!と合点がいったのです。(コメ参照)
それまでウルメさんのどこがウマいのか私にはさっぱりワカリマセンでした。

だのに真鰯ってどうよ な、真鰯のオイルサーディン
ハーブはプランターに生い茂る、タイム、ローズマリー、オレガノ、セージ、パセリ、ローリエ等
オリーブオイルにはナンプラーを加えてみました。真イウ。
c0002260_10372070.jpg

by eight-b | 2009-06-24 10:38 | Comments(8)
麻婆豆腐
土曜日に久しぶりの土佐ariさんに会って旧交を温めました。
そのときにarincoさんの麻婆豆腐の話になり
ピー県の豆板醤なるものを知る。←記憶にないのは余りにも古いarinco記事だから?

そういえば花椒も、醤じゃない豆鼓も、arincoブログで知って
今では麻婆豆腐になくてはならないものになっている。
そんなariさんを偲んでemoticon-0111-blush.gif、横浜開国150の中華街でピー県の豆板醤(小瓶)を
探し出すことをここに誓います!

黒い麻婆豆腐を思い描きながら赤い麻婆豆腐を作るワタシ
c0002260_7513770.jpg
京野菜 丹後の有機栽培サラダごぼう
c0002260_7541863.jpg
トロロと沖縄もずくの酢の物
c0002260_7551241.jpg

by eight-b | 2009-06-24 07:52 | Comments(2)
ゴールデンパイナップルご飯
パイナップル丸ごと一個使って
今年も恒例のパイナップルご飯です。
完熟、追熟のゴールデンパイナップル(頂き物)だからこそ出来る
大盤振る舞いです。emoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gif意味もなくパーチー気分emoticon-0169-dance.gif
c0002260_1249276.jpg
今回、豚肩ロース500gは軽く、塩、こしょう、した後ナンプラーに10分漬けて
ナンプラー豚にしました。おかげでコクのある豚肉に仕上がりました。
毎年一回こっきりのことではあるけど、4年も続けて作っていると、少しずつ作り方もこなれてきて、当初のレシピとは変わったところや、気付いたところ、コツ等もつかめてきました。
そんな絶品なパイナップルご飯をまたいただけますように、来年のお中元もどうぞプレミアムなゴールデンパイナップルでありますように。南無阿弥陀仏。(-人-)

↓それなのに私が食卓についたときにはすでに…↓
c0002260_8435710.jpg



■■■■■■■■■■■■
2006パイナップルご飯
c0002260_944315.jpg
2007パイナップルご飯
c0002260_953542.jpg
2008パイナップルご飯
c0002260_973510.jpg


今年もおいしくいただきました。
ごちそうさま。

by eight-b | 2009-06-23 09:58 | Comments(4)
夏の酒肴
ビールもウマいけど
じめじめジトジト湿気た梅雨どきは
冷蔵庫できんきんに冷やした冷酒がこれまたウマいのだ。

青森帆立とプランター初収穫の叩ききゅうり
c0002260_9243925.jpg
帆立のひものバター炒め
c0002260_9244974.jpg
水茄子のぬかみそ(渋谷東急)
c0002260_9253654.jpg
キュウリの辛子漬け
c0002260_9264667.jpg
c0002260_811652.jpg
c0002260_7592796.jpg
空っぽの白瀑
全国の山本さんお待たせいたしましたの「山本」
c0002260_10115427.jpg

by eight-b | 2009-06-23 09:26 | Comments(3)