<   2009年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧
■銭腹はかえられない
いくら金を積んでも、花子の空きっ腹は埋まらないの意。

  腹が減るとモーレツに機嫌が悪くなる花子語録『新説ことわざ辞典』より。


c0002260_17151940.jpg

余ほどお腹が空いてたんでしょう。
病院でもらったキャットフードを小皿に入れてあげたら
一生懸命  食ってました。

■ 背に皿はかえられない

花子、これも新説に加える。


■ 背に腹はかえられない《五臓六腑(ろっぷ)のおさまる腹は、背と交換できないの意》
さし迫った苦痛を回避するためには、ほかのことを犠牲にしてもしかたない。

by eight-b | 2009-05-30 09:05 | Comments(5)
雨の訪問者
c0002260_8373640.jpg昨日の捨て猫は、昨日の内に
黒卵の ぴーたん(♂) 
と命名され、無事に川越へと
もらわれて行きました。

そんな奇特な雨の訪問者に
せめてもの夕餉を用意しました。


塩麹鶏飯、塩麹イカ炒め、さつま芋とブロッコリーの天ぷら
焼きキャベツ、手土産の金箔入りスパークリング(運転彼女にはそば茶)
c0002260_22513915.jpg
c0002260_22514911.jpg



お豆も大変だったね。お疲れさま。
c0002260_8443652.jpg

by eight-b | 2009-05-29 09:22 | Comments(6)
ナンプラー豚の焼きキャベツ
串切りキャベツにナンプラー豚の薄切りを挟みスキレットで焼き蒸しする。

春キャベツならではの美味しさを堪能できます。
c0002260_22494130.jpg
c0002260_22495198.jpg

by eight-b | 2009-05-29 09:20 | Comments(2)
塩麹鶏飯
あぶかもさんより頂戴した塩麹

南海鶏飯(ハイナンチーファン hainanchifan)ならぬ塩麹鶏飯

どちらも東洋のチキンライスには違いない
ということで、これが馬鹿馬。
そして塩麹に漬けた鶏のもも肉以外何一つ加えない
そんな横着潔さも功を奏す出来。★★★★★

※あぶかもさんの「塩麹をご飯に炊きこむと旨味が増す」記事は、こちら。)

×××××××××
[作り方]
鶏もも肉は広げてフォークで突いて味をしみやすくする。
鶏肉の両面に大さじ1杯ずつの塩麹を塗り広げ
 ジプロックに入れて冷蔵庫で二日寝かせる。
二日経った鶏肉の塩麹を気にならない程度に取り除く。
研いだ米二合を土鍋に入れて、分量の水を加えたら鶏肉をのせてそのまま30分置く。
鶏をのせたまま土鍋ご飯を炊く。
15分後、蓋を開けて鶏肉を取り出し、食べやすいようにスライスして土鍋に戻す。
キュウリの角切りを添えて、どうぞ召し上がれ。
c0002260_2247555.jpg

塩麹イカと薄切りズッキーニの炒めもの
c0002260_22482337.jpg

by eight-b | 2009-05-29 09:18 | Comments(4)
麻婆茄子と酎ハイと、、、
火急にして早急な対応を迫られた昨夜
お豆に齧られた茄子は麻婆茄子に
チルド室で仮死状態のアサリは酒蒸しへと蘇りました。
おかげでスキレットでパリパリのソテーにしようと思っていた鶏肉は
塩麹と、ナンプラーに漬け込み、さて、、、
c0002260_924545.jpg
c0002260_7444947.jpg
c0002260_7392413.jpg

c0002260_871288.jpg




さて?・・・

今日の花子のお弁当も麻婆茄子
そんなランチタイムに
連れと花子がお豆の散歩から帰ってくるや否や
第一声が

「病院に行って来る!」

聞けば、鶴見川の支流である●●川の川上から
どんぶらこと流れてきた子猫を救いだし
(※3mの土手を梯子で降りて、膝まで水に浸かり猫を救出)
一命をとりとめた猫を抱えて動物病院へと駆けだした花子。




さてこの顛末や如何に


つーか、捨て猫拾って病院に駆け込むのはこれで何度目なんだよぉ~

つづき
by eight-b | 2009-05-28 13:19 | Comments(13)
ツジメシ仕様「ナンプラー豚」
c0002260_8374377.jpg
ナンプラーと紹興酒に漬け込み、黒胡椒を挽いて、そのまま冷蔵庫に放置しておくだけです。
脱水シートとか、面倒なことは一切必要ありません。
過去のあの忌まわしい、努力の「ど」の字はどう描くの?が無駄に虚しいです。
c0002260_8541245.jpg
c0002260_8544131.jpg
案外難しいキャベツの串刺し。
c0002260_8561470.jpg


ツジメシさんの見目麗しいナンプラー豚はこちら
by eight-b | 2009-05-27 09:04 | Comments(16)
セージとソーセージ
c0002260_8304311.jpg



やっぱりセージの天ぷらは極ウマでした。
そしてもう一つのセージ、そうセージ(魚肉)の天ぷらは、ぜひマルハブランドでお願いします。
(「加熱して美味しいのはマルハ」、との情報を、とある筋よりゲット)
by eight-b | 2009-05-26 13:00 | Comments(6)
長芋を揚げる
エスニックな揚げ長芋がうまい。
花子が唯一おかんをリスペクトする瞬間。←こんな使い方でいいですか<ちろるさん
c0002260_2044553.jpg
c0002260_2046398.jpg

・長芋は4~5cm長さの輪切りにして皮をむき、縦に切り分け拍子切りに揃える。
・切り揃えた長芋をビニール袋に入れて、片栗粉を加え袋の中で粉をまぶして揚げる。
・ひき肉はフライパンで炒め、塩、こしょう、ナンプラーで味付けたもの(昨夜の残り
・に、水を加え、砂糖、ナンプラー、オイスターソースで味を調え、水溶き片栗粉で
 ひき肉あんを作る。
・揚げた長芋の上にひき肉あんをかけて、香菜の茎のみじん切りを散らして出来上がり。

ところが…
by eight-b | 2009-05-26 12:48 | Comments(0)
ナンプラー豚
ただ今罹患中 豚インフルエンザ ではなく、豚ナンプラー
正式には ツジメシさんのナンプラー豚
ツジちゃんがナンプラー豚を仕込んだと聞いてすぐ漬けました。
それを昨夜はついに辛抱堪らずちょっと味見のつもりのスキレット炒め
-------------
角切りにしたナンプラー豚をスキレットで炒め、余分な脂を取り分け
そこに、珍しい生のキクラゲ、パプリカ、下茹でしたグリンピースを合わせ
ナンプラーで味を調えました。
今夜は ナンプラー豚とキャベツの串 で、完全なる伝染豚になる予定。ブヒ。
c0002260_20513765.jpg
c0002260_20551186.jpg

by eight-b | 2009-05-26 12:47 | Comments(2)
生桜えびの炊きこみご飯
ピンク色に染まる生の桜えびの炊きこみご飯

やはり、サクラエビご飯は生に限る
c0002260_20425888.jpg
c0002260_212177.jpg

by eight-b | 2009-05-26 12:46 | Comments(0)