<   2008年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧
B型の計画性
久々の家酔い。
調子こいて一人でワイン一本空けました。


本日のおすすめ
ねぎとろと長芋のミルフィーユ仕立て
は、一昨日横須賀の居酒屋で食べたものの再現。
天盛りの揚げ湯葉は、シューマイの皮がなかったので代用したけれど
このメニューの身上であるサクサク感に欠け、丁度のアクセントにはなりませんでした。
マグロも長芋もいずれもFPでみじんにしたもの。
山葵マヨとバルサミコ酢でいただきます。
c0002260_229142.jpg

c0002260_732056.jpg
ブルギニョンバタートースト
擂ったレモンの皮を上から振ると風味アップします。(してないけど)
c0002260_7321392.jpg



明日から福島~山形、出羽三山を巡る予定ですが
山形の宿が決まっていない。
行けばなんとかなると楽観的なB型夫婦ということで

今度生まれ変わるなら、A型で生まれたい。056.gif
by eight-b | 2008-04-30 22:06 | Comments(9)
追いかけて横須賀
c0002260_16585520.jpg
c0002260_1659410.jpg
c0002260_16591472.jpg
c0002260_16592593.jpg
c0002260_170390.jpg
c0002260_172463.jpg
c0002260_1722070.jpg
c0002260_172334.jpg
c0002260_1725156.jpg
c0002260_173376.jpg
c0002260_1731458.jpg
c0002260_1733292.jpg
c0002260_1743481.jpg
c0002260_1752042.jpg
c0002260_1753660.jpg

by eight-b | 2008-04-30 17:05 | Comments(0)
パプリカのマリネ
1個¥198のパプリカでは作れません。
これは2個¥130のパプリカ6個で作りました。

パプリカは半分にカットし、ヘタと種を取り除きます。
カットしたパプリカの皮ををグリルで真っ黒に焼き
パプリカの皮を剥き、縦1cm幅に切ってマリネ液に漬けます。

【酸っぱ過ぎないマリネ液】
白ワイン…1カップ弱、米酢…1カップ弱、水…1カップ
砂糖…100g、塩…大さじ1を鍋に入れて火にかけ、砂糖と塩を溶かします。
黒、白、ピンクペッパー、グローブ、シナモン、ローリエを入れます。
c0002260_22292233.jpg
c0002260_94295.jpg

by eight-b | 2008-04-29 22:29 | Comments(0)
簡単もも焼きとタルタルソース
宮崎県の郷土料理、チキン南蛮と宮崎地鶏のもも焼きをイメージした
チキン南蛮モドキ。

チキン南蛮からタルタルソースを、地鶏のもも焼きからはそのまんまもも焼きを

これを帰宅後いかに簡単に手早く作るか、現代は時間との戦いです。
さあ、あなたの胃袋に挑戦します。
タイム・イズ・マネー、1分間で腹一杯のチャンスです。
果たして超人的なあなたの胃袋はこのチャンスをどのように生かすか。
胃袋タイムショック!  by 二郎


合わせておいしい一品になりました。
c0002260_22271343.jpg
鶏の骨付きもも肉は皮目に切り込みを入れて、裏は骨に沿って包丁を入れて
火の通りをよくします。肉全体にクレイジーソルトとセロリソルトを振りかけ
これを熱したフライパンで両面焦げ目をつけたら、キッチンペーパーで余分な
油を取りながら蓋をして、弱火で15分。

■■■■■■■■■■■■■■■■■
チキン南蛮のタルタルソースは、酸っぱい
方が美味しいのでパプリカのマリネ液を加
えました。 (材料の玉ねぎとピクルスは、 
お正月に作ったマリネの余りのペコロスと 
セロリをみじん切りにしたものです) ■■
c0002260_885991.jpgゆで卵を用意し、先ずこれをFPでみじんにします。■■■■■■■■■■
次に冷水にさらさなくていい新玉ねぎ、ピクルスをFPにかけ、最後にパセリをFPにかけます。■■■■■■■■■■
FPにかけたものを全て合わせたら、マヨネーズ、マリネ液、塩、こしょうで味を調えます。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


帰宅後、20分で仕上げました。ごちそうさま。


3分クッキング
by eight-b | 2008-04-29 22:23 | Comments(3)
パセリのスープ
c0002260_811270.jpg
土曜の朝の楽しみに、テレ朝の「食彩の王国」という番組がある。
毎回一つの食材を採り上げ、その食材の由来や、その食材を使った様々な料理を
知ることが出来る。
紹介される料理はその道のプロから素人までと幅広い。
その素人の作る料理が侮れない。素人と言ってもそれは栽培農家の方が自ら育てた
食材を、毎日いかに飽きずにおいしく食べるかを工夫したもので、それはプロが作る
料理とは違い、手早く簡単で、そして家庭的な温かさを感じるものも少なくない。
まさに目からウロコ、鼻から巨乳・・・

好きな番組の熱い語りは置いておいて

今回採り上げられた食材は「クレソン」でした。
そして紹介された料理の中で心惹かれたのは「クレソンスープ」。

さてクレソンですが、これがお高い。自生しているならともかくスーパーで求めると
一把¥198。しかもこれが一番ポピュラーな肉料理の付け合せ程度の量でです。
スープにするにはCPが悪過ぎる。
そこで我が家の野生化しつつあるプランターパセリが思い浮んだというわけです。
実は前回紹介した我が家のプランターパセリの横に、同じく巨大化しつつある
イタリアンパセリもその勢いを増しているのです。
これは今こそ使うしかない。

ついでにフェンネルやローリエも仲間入り
c0002260_7221612.jpg
クレソンスープのなにが琴線に触れたかと言いますと
クレソンの葉だけでなく茎の部分も丁寧に処理して使えるというところ。
そこでパセリの葉と茎を分け、それぞれFPでみじんにします。(写真 左)
パセリのみじん切りを葉と茎に分けたところで、とろみの元であるじゃがいもと、そして玉ねぎを、先に作り置きしてあるブルギニョンバターで炒めます。
鍋にオリーブオイルを入れて、ブルギニョンバターを溶かし、そこにじゃがいも、玉ねぎ、パセリの茎のみじん切りを入れて炒めたら、ひたひたのブイヨンを加え、ローリエとブルギニョンバター作りで残ったパセリの茎を入れて、じゃがいもがやわらかくなるまで煮ます。(写真 中)
じゃがいもがやわらかく煮えたらパセリの葉を入れてもう一度煮ます。(写真 右)
c0002260_7293673.jpg
鍋を火から下ろし鍋の中身をザルに空け、ザルの中のローリエと茎のままのパセリを取り除き、ブレンダーに入れたらスープを少し加えてピュレにします。
スープとピュレを合わせ、もう一度鍋を火にかけて、牛乳、豆乳を加え、塩味を調えます。
c0002260_7213070.jpg

なんて爽やかなパセリのスープ。
もっとパセリのくどさが前面に出るのかと思いましたが、それどころかあんなにこれでもかとパセリを入れた割りに控えめな主張。そしてこれがまた仄かなパセリ風味で上品なスープに仕上がるのです。
牛乳や豆乳でのばさないでコンソメ仕上げにしてもいいくらいです。

お手本にした、番組で紹介された由布院「玉の湯」さんのクレソンスープは
実は鎌倉に住む辰巳芳子さんの元に通い詰めて、今では「玉の湯」の看板料理の
一つになっているそうです。
そこでそうだったと思い出し、辰巳芳子「あなたのために」いのちを支えるスープ
本棚より取り出しました。
そこには今日見た「玉の湯」のクレソンスープのレシピと、「玉の湯」さんの名前がちゃんと
明記されていました。
そしてよくよく読めば、材料の「蒸し炒め」がキーポイントだということをすっかり忘れた
辰巳さんの足元にも及ばないパセリスープでしたとさ。
これが本当のお粗末さま。(座布団三枚撤去)
by eight-b | 2008-04-28 12:47 | Comments(8)
太くて軟らかい
「大きくても軟らかいよ」そう言われて頂いた
豆ぞう散歩道のでか過ぎるタケノコ。

薄味の和風タケノコメニューが続いたので昨夜はコチュジャン味噌でガッツリ
アジアン風味に炒めてみました。

本当だ、言われたとおりとってもやわらかくてタケノコの風味豊かでありました。
おいしく頂きました。ごちそうさま。
c0002260_919980.jpg


おからサラダ
キュウリ、人参、玉ねぎ、蒸したササミ
蒸かした新じゃがと豆乳を加えたおからのサラダです。
おからを豆乳でしっとりさせて、あとはポテトサラダの要領で。
c0002260_9285253.jpg

by eight-b | 2008-04-26 09:30 | Comments(6)
ブルギニョンバターの朝一番
c0002260_864689.jpg昨夜のアサリのブルギニョンバター焼きが美味しかった。

そしてプランターには勢いのいいパセリが今を盛りに、天に向かって伸びている。

年明けに母のところから持ってきたときは背丈10㎝足らずのか細いパセリで、しかも一本苗(?)だったのに、今では茎も太くなり、背丈30㎝は優にあるでしょうか。

季節の移り変わりを糧にして、目を見張る成長ぶりだったので、料理の飾りつけだけではもったいなくてそのまま摘むに摘めず観賞用になっていたプランターパセリ。

今朝はお豆と一緒に摘みとって、朝からブルギニョンバターを作り置きしました。


摘み取ったパセリ…ボウルに半分くらい 無塩バター…125g ニンニク…2片
昨夜の残りのエシャレット 補足の長ネギ…1/3本 塩 こしょう
 
c0002260_8133777.jpg
■バターは角切りにして20度のレンジにかけて練っておきます。
■昨夜は少量だったので香味野菜は全て包丁でみじん切りにしましたが、今朝はパセリ以
 外は大きめのみじんに切ってFPへ。最後に茎を切り取ったパセリを入れて攪拌します。
■バターにみじん切りの香味野菜を入れて混ぜ、塩、こしょうします。
c0002260_8392714.jpg
ラップに包んで冷凍庫へ。
c0002260_844465.jpg

バゲットとワインを買ってこよーっと070.gif

by eight-b | 2008-04-26 07:39 | Comments(2)
アサリのブルギニオン・バター
目が冴えてしまったのでこんな時間に更新。
プルギニオンバターは我楽多工場分室のこちらで知ったものです。
バター、パセリ、ニンニク、エシャロットを混ぜるだけとありました。
そのパセリはみじん切りにしたものを冷凍して置いたもの。
そして、ああそうかパン粉振るの忘れたー。
c0002260_021774.jpg

by eight-b | 2008-04-26 00:27 | Comments(11)
アサリご飯
c0002260_8231197.jpg
          アサリ入りおから煮が好評だったので、また作ろうと思って
          殻つきアサリを買って来た。
          一晩砂抜きしたアサリを真水で洗い、殻を合わせてよく洗い
          鍋に入れたらひたひたの水を加えて酒を入れる。
          鍋を火にかけて中火で沸騰させてアサリの口を開け
          ボールにザルを重ねて鍋のアサリを空けます。
          アサリ汁とアサリを分けて、アサリを殻から外します。

          ここまで下準備をして気が変わる。

          そのアサリ汁で炊き込んだご飯に、殻から外したアサリを
          のせて蒸らして、アサリご飯の出来上がり。
          母にもらった去年のギンナン(冷凍)も入れてみました。
          敢えて筍(下茹で済みの)を入れなかったのは
          このところ筍尽くしで、少し飽きてきていたから。
          本来は旬のもの同士を合わせるのでしょうが、敢えてこの組み合わせ。
          良い子は真似しないで、旬の食材を合わせてね。
c0002260_8233123.jpg

日ごとおいしくなっていくカンパっつぁん♡
熟成されて旨味が増すことを日夜感じつつ
初日でめげて以後一切手をつけないドッコイが哀れ
  チューブ入り山葵は、かつて富士の白糸の滝辺りで買ったものがめちゃくちゃおいしくて
  同じチューブ入りのものを買うのだけどあれとはベツモノです。箱根で買いました。
c0002260_21401039.jpg

カンパチのアラ煮
初日のカンパチを食べて「おいしくないね」と言った若人に好評だったカンパチのアラ煮。
c0002260_823383.jpg
釜揚げひじきと生湯葉と鶏ササミのサラダ&ほうれん草とベーコンのサラダ
c0002260_8234619.jpg
頂きものの赤霧をロックで
c0002260_8252354.jpg

by eight-b | 2008-04-25 07:35 | Comments(2)
犬も歩けば
筍にあたる

お豆の散歩途中呼び止められて担いで帰ってきた筍
しかも巨大筍
c0002260_1792652.jpg

怖くて新聞紙の包みが開けられないその下の皿は
会社のランチで強引に食べてもらったカンパチのお皿。
その皿が小さく見える
のか筍がでか過ぎるのか。
さてこの巨大筍をどうやって茹でるんだグーググーググーショッキングー。(グーの音) 
by eight-b | 2008-04-22 17:23 | Comments(7)