<   2007年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧
落ち鮎
c0002260_2332663.jpg
c0002260_23114360.jpg
c0002260_2311529.jpg

by eight-b | 2007-08-31 23:12 | Comments(5)
鯵のなめろう
梅味噌で和えてみました。
c0002260_838596.jpg
絶品!なのは実はなめろうの向こうの秘伝豆
山形特産市でしかお目にかかれない秘伝の豆です。
浸し豆より数倍ウマい。浸し時間8時間~10時間の後、塩茹で15分。
c0002260_8391858.jpg
澤屋まつもと 純米山田錦特等兵庫県産 700k
年に一度の限定出荷のお酒です。
澤屋まつもと、最初からこのレベルでいっちゃってよかったんでしょうか。
京都らしいはんなり気品あるお酒でよろしおすなあ。常温で。
c0002260_8394993.jpg

by eight-b | 2007-08-31 08:51 | Comments(0)
イケメン料理研究家コウケンテツ
コウケンテツの韓流冷汁ソーメン
(郁恵・井森のデリ×デリ キッチンより)

動くコウケンテツを初めて目にしたその日のメニュー再現です。
テンションいきなりに逆戻り~

ちょうど素麺の残りを持て余していたところ
にゅうめんで食べるにはまだちょっと早いし

そんな微妙な季節の変わり目にぴったりの素麺に仕上がりました。
もう、イケメンだとなにしてもオイシイんだから♥♥♥
c0002260_8211438.jpg
c0002260_8193026.jpg


memo
by eight-b | 2007-08-31 08:46 | Comments(2)
秋のメニュー始まりました。
c0002260_15421295.jpg
c0002260_1541275.jpg
c0002260_15404852.jpg

by eight-b | 2007-08-30 17:09 | Comments(16)
関東、ようやく涼しくなりました。
同時に、食卓にも秋のメニューが並びます。

きぬかつぎ、ごぼうと牛肉の土佐煮、ぼっちゃんかぼちゃの肉詰め
水菜とワカメとシラスのサラダ、、秋刀魚の塩焼き、夢幻
c0002260_15425122.jpg
昨日好評だった牛肉とゴボウの黒酢炒めに引き続き
牛肉とゴボウの土佐煮
これまた好評の理由は、いつもより牛肉を奮発したせいである。舌は正直だ。
c0002260_154524.jpg
〆のご飯は、白米に雑穀と豆(小豆、黒豆)、麦入りご飯に、蕪の葉の塩漬けを混ぜ込み
穴子の佃煮をトッピングしました。糠漬け、きゅうり、大根、人参は自家製。
c0002260_15452056.jpg
ご飯も蓋付きお椀によそうとちょっとよそ行き風。
c0002260_1015262.jpg
余ったご飯に梅を混ぜ込みおむすびに。
私がにぎるとおむすびころリんじゃなく、鋭角なとんがりむすびに。(角のある性格そのまま)
c0002260_10225.jpg

by eight-b | 2007-08-30 17:08 | Comments(0)
豆はパンのみにて生きる
あんまりまとわりついてうるさいので
歯が立たないくらい硬いバゲットを一切れ与えたら

なんと、水に浸してやわらかくして食っている。

豆ぞうから知恵ぞうに昇格させようと思う。
c0002260_7525586.jpg

by eight-b | 2007-08-29 15:58 | Comments(8)
恋におちて -fall In Love- (老いらくの恋編)
川口・ヨーコのマネをしてヨーコさんに捧げる(笑)
評判悪いCDジャケットよりいい男に撮れてるでしょう。
c0002260_85138100.jpg
私はもう、大山往復の車の中で散々聞いたのでいいかな
と思っていましたが、今朝のBS2(欠かさない「朝ドラ」からの流れ)で
この間見逃した徳永特集やっているではないですか。
今回の大ヒット「VOCALIST3」だけでなく、往年のヒット曲(昭和歌謡ですか?)まで。
(I love you は入ってなかったですけど)
タイプではないですけど(^m^)プ、本人の映像交えて聞くほうが数倍いいです。
特に「恋におちて -fall In Love-」はしっとりと歌い上げて、聴き入っちゃいますね。

とは関係なく昨夜のメニュー
8月より長年愛読のY新聞から3ヵ月ほどA新聞へ浮気します。
(勧誘のおっちゃんにビール券で釣られた)
その新聞レシピから牛肉とゴボウの黒酢炒め
c0002260_922344.jpg
さっとレシピに目を通した後は自己流に仕上げます(^^;。
いつもの牛肉とゴボウのしぐれ煮のしょうがを黒酢に換え、最後火を止めて青葱を加え
混ぜ合わせて出来上がり。残暑にちょっと甘酸っぱい黒酢炒めの出来上がり。
泥つきゴボウ一本、牛肉100gが瞬く間になくなりました。これは確かに酢の威力。

ブロッコリーのおかか和え
削り節をフライパンで乾煎りし加えます。しらすを加え、出汁しょうゆを一かけ。
c0002260_11515944.jpg

もやしの辛子明太子和え
昆布茶と生クリーム大さじ1が隠し味、って明太パスタじゃないですか。
c0002260_11521379.jpg
c0002260_94856.jpg

by eight-b | 2007-08-29 12:52 | Comments(6)
阿夫利大山
阿夫利神社ケーブルカー乗り場までの、こま参道に並ぶ唯一の酒店「遠州屋酒店」
そこの遠州屋オリジナル「阿夫利大山」を試しに買ってみました。

観光地の酒って侮れませんね。
確か、四方温泉のときのお酒もべらぼうに美味しかった記憶が
そしてこれもなんておいしいお酒でしょう。常温で旨い酒。

この日の鶏わさと、マグロのほっぺのステーキととろに文句なしに合う。
こんなことなら一升瓶で買ってくればよかった。
c0002260_16121319.jpg

by eight-b | 2007-08-28 16:13 | Comments(4)
大山 1251.7m 
丹沢大山国定公園
c0002260_165050.jpg
土曜の夜不意に「明日は大山に行こう」なんて言うものだから
これはウマい豆腐料理でもご馳走してくれるのだろうと、今年最後の?
猛烈な残暑の中、喜び勇んでついて行きました。
ああ、それなのに「一応、念のため」なんて、どうして登山靴なんて持って行くんだ馬鹿。

それもこのクソ暑い炎天下、下から(駐車場から)歩く気満々のドッコイをなんとか押し止め
無理矢理登山ケーブルに乗せて下社まで。(6分乗車の下社駅の標高は678m)

※午前9:30 伊勢原大山阿夫利神社ケーブルカー下の駐車場着。すでに駐車場は
  満杯だったのですが、朝一で大山登山を終えた登山者の出庫を待ってなんとか駐車。
c0002260_1615679.jpg
下社駅に着いたら神の山 阿夫利神社 を目指します。
c0002260_16154560.jpg
鳥居をくぐれば阿夫利神社下社。
c0002260_1615588.jpg
下社左にある登山口で、お賽銭を投げ入れ、祓串で自ら身を清めて入山します。
c0002260_16161248.jpg
先ず一発目から
前途多難を物語る、長く険しい階段が聳えます。

           「やっぱりやめようか」
c0002260_16162525.jpg
先行く人は黙々と
c0002260_1619552.jpg
ただ黙々と登るだけ
(一体どこが面白いんだ、とか言わないように)
c0002260_16191735.jpg
息も絶え絶えに、8丁目の「夫婦杉」とか、14丁目の「天狗の鼻突き岩」とか
15丁目の「牡丹岩」とか制覇しながら(苦し過ぎて写真どころじゃない)
「一体何丁目まであるんだ」と、キリのいい10丁目が頂上だと思っていたドッコイを
軽く裏切りつつ、これが28丁目まで続くのだった。ぜーぜー。
c0002260_16184857.jpg
見苦しい姿を見せることなく頂上へ。
下界とは10℃の差。天空25℃の快感。汗びっしょりの身体に、急に衣服が冷たく張り付く。
c0002260_1616383.jpg
そして見事視界ゼロ。
c0002260_16201795.jpg
本当ならば伊勢原の街を眼下に俯瞰、どころか遠く東京都庁やら(方角的に合ってますか?)、富士山までも見渡せるのです。
c0002260_16203270.jpg
思いきり普段着で登ってますけど、足にはなぜか登山靴。それがこの日の運命の分かれ道(-_-)。
c0002260_16172692.jpg
何はともあれ生ビール。肴は氷水でキンキンに冷えたきゅうりで生き返る。
c0002260_16215064.jpg
山小屋の主の下、袖振り合ったハイカーたちと再会。
先週につづき来月も北海道利尻富士に行くと息巻く
老後を津々浦々の山めぐりで楽しむロマンスグレーの紳士や
弱冠4歳で大山を登りきったお嬢ちゃん
(両親とお兄ちゃんと4人で登るものの、お母さんはお兄ちゃんと先に歩を進め
それを泣きながらお父さんと追いかける。
そしてついに頂上でお母さんと感動の再会を迎える。)
途中、絶対無理だよねと噂していただけに、そばで感動のシーンに遭遇し
こちらもついホロリとしました。
「よくがんばったね」と讃えたものの、こんな子たちがごろごろいました。(-_-) 
幼児ハイキングコースに負けるな五十路!
それにしてもこんな幼子を、上手く登らせるコツがあることを知りました。
付かず離れず、必要以上に甘やかさないその躾を目の当たりにし
今さらながら子育ての妙を知りました。なんともあっぱれ。豆に生かそう。
c0002260_1622670.jpg
そして名残惜しく下山します。(ひつこい)
c0002260_16222738.jpg
帰り道は一瞬のうちに霧に包まれ、さすが「雨降らしの山」と謂われる所以か
なにやら幻想的ですらありました。
c0002260_16224174.jpg
そして振り出しに戻る。
c0002260_16225875.jpg
実は当初の目標は、このままケーブルカーの追分駅まで下る予定でしたが
膝が笑って力尽きる。o_ _)oパタ
でもここからの女道、男道の道すがらがとてもいいんですよね。
特に秋の紅葉シーズンは目も眩むようです

登頂まできっちり一時間半、そして下山一時間の後
本日ようやくまともな食事をとりました
が、熱中症の私(自己診断)はそばを半分残す。
c0002260_16231451.jpg
豆腐料理三品は、胡麻豆腐、山菜とろろ豆腐、いがぐり豆腐。
c0002260_16233663.jpg

そしてやっぱり山なんてきらい
て、こんなミソもクソも一緒な〆でいいのか私。




帰りは七沢温泉にでも寄って帰ろうと言われましたが、そのパワーも尽き、家路を急いだのでした。家でゆっくりバスクリンの湯に浸り、9:30に就寝した安上がりな私。zzzzzzzzz。

ところで下山の道すがら、ドッコイからこんな問題が
「坂には上り坂、下り坂とあるけど、実はもう一つ、三つ目の坂があるけどなーんだ」

答えは三秒後。

Moreベターよ。
by eight-b | 2007-08-28 08:33 | Comments(16)
カオマンガイとレッドカレー
c0002260_7585315.jpg
茹で鶏のスープでご飯を炊き込み、そのご飯の上に茹でた鶏をのせたものが
タイのチキンライスカオマンガイです。
今日は鶏のガラでチキンスープを摂ったので
カオマンガイ(チキンスープ煮ご飯)を我が家風に。

c0002260_1410534.jpg本来は茹で鶏スープにいろいろ味付けて、スープでご飯を炊き込みますが、これは香り米のジャスミンライスに、塩味を調えた鶏がらスープを入れ、その上に軽く、塩、こしょうした生の鶏肉をのせてご飯と一緒に炊き込みます。
ドッコイの希望でターメリックとサフランも入れました。

ご飯が炊けたら、鶏肉を取り出して切り分け、ご飯をお皿によそい、スライスした鶏肉をのせます。
(鶏がらスープのとり方はオイさんのこちらを参考にどうぞ)
そして本日は出血大サービス。
ドッコイがどうしても脳の不調改善カレー(ハーブとスパイスのカレー)が食べたいと泣くので
(みのもんたの「午後は○○おもいっきりテレビ」で見たらしい)
プランターのペパーミント、バジル、バイマックルー(こぶみかんの葉)を摘んできて
トマトとりんごとしょうがを加え、ブレンダーでハーブペーストを作りました。
市販のレッドカレーペーストをココナッツミルクでのばし、そこにハーブペースト(というか液)とシナモン他スパイス類を合わせます。茹で鶏をご飯の上にのせているのでカレーには肉は入れず、タケノコと皮をむいた茄子とインゲンだけの野菜カレーです。
最後にナンプラーも忘れずに。
c0002260_81254.jpg
c0002260_18163075.jpg
c0002260_815571.jpg

by eight-b | 2007-08-28 08:31 | Comments(0)