<   2007年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧
シマガツオとキンメダイ
本日の釣果
シマガツオ(エチオピア)とキンメダイ / 伊豆下田 須崎
漁師さんたちはシマガツオでなくエチオピアを短縮して「ピア」と呼んでいるようですが、元となる「エチオピア」の由来を知るとどーなんでしょうか?って感じ。詳しくは詮索しませんが。
獲りたては銀色に輝く美しい魚だそうですが、死ぬとたちまち黒く変色します。
c0002260_6565985.jpg
シマガツオは聞くのも見るのも、もちろん触るのも初めてで
「外道だけど食べてみる?」
と言われて恐る恐る刺身に卸してみれば、これがなんとまあ美味しい刺身だこと。
しっとり肌理の細かいその味は適度に脂ものって、これが本当に漁師に疎まれる魚とは信じ難い。おかげでキンメの湯引きの刺身がくどく感じられるほどシマガツオの品のよい旨さが際立ちました。
名前にカツオとありますが全く別物です。同じくマナガツオという、カツオと名のついた魚がありますが、こちらもエボダイ科だそうです。カツオの獲れる時期に一緒に獲れるからカツオの名が当てられたとか。もっと真面目に命名して欲しいですわ。(マナ、シマ代弁)
c0002260_6572265.jpg
c0002260_6573623.jpg
キンメの姿蒸し
c0002260_6575024.jpg
キンメはこれが絶品の一品に。
ウロコを丁寧に引き、エラと内臓をとりのぞき、塩を振って、ショウガとネギを添えて15分~18分蒸しあげます。その間に合わせ調味料、酒、紹興酒を各大さじ1、醤油大さじ2、砂糖大さじ1を鍋に入れて沸騰させておきます。蒸しあがったキンメだけを皿に移し、合わせ調味料をかけます。キンメの上に白髪ネギと糸三つ葉をのせたら(或いは香菜)、上から煙が出るほど熱したピーナッツオイルを回しかけます。
c0002260_923957.jpg
ごっちゃんでした。

by eight-b | 2007-03-31 11:25 | Comments(2)
豚の竜田揚げ
ホーホケキョ 今朝は今年一番の春を告げられました。
c0002260_713999.jpg
c0002260_715018.jpg
締めはネギ飯で
c0002260_7491346.jpg

by eight-b | 2007-03-30 07:46 | Comments(4)
鰤の竜田揚げ
私はもしかしてすごく業突張りで欲張りなんじゃなかろうか
そんな今夜のメニューは鰤の竜田揚げです。

先日、鯖を6尾頂いた時、その場で気前よく3尾を手放して以来
鯖の竜田揚げが食べたくて食べたくて

─ 追悼 ①鯖の刺身 ②しめ鯖 ③鯖の塩焼き ─

このままでは心残りで死ねないので、今夜は天然鰤でその思いを遂げました。
これでもう思い残すことはないので、辞世の証拠をパチリ。

だのにドッコイ待ちで目の前にあるのに食えないもどかしさ。
私は鰤の竜田揚げの上から黒酢あんをかけたいのだ。


しょうがないワインでも飲んで待とう。
c0002260_19255933.jpg
c0002260_6584383.jpg
待ってる間のカチョカバロ(北海道八雲チーズ工房)

by eight-b | 2007-03-29 19:31 | Comments(8)
牛すじの煮込み
下茹で済みの牛すじ肉は冷凍保存の分。解凍後は茹でこぼしたこんにゃくと味がしみこむ程度に煮込むだけでOK。最後に豆腐を加え、さらし葱をのせて、どうぞ。
c0002260_883416.jpg
c0002260_8102049.jpg

by eight-b | 2007-03-29 08:11 | Comments(8)
ひじき
ひじきの五目煮(人参、こんにゃく、油揚げ、椎茸、他)で二品。

ひじき寿司
酢飯にひじきの煮物を混ぜ込んで、青みにのらぼう菜、赤みに辛子明太子、天に錦糸玉子をたっぷり盛りました。(家にありものってことで)
c0002260_7465839.jpg

ひじきの白和え
出勤前に豆腐の水切り準備をして行くと、夕飯の支度がうんと楽になる白和え。こちらは絹さやの斜め細切りを混ぜ込んで、しゃきしゃきの歯触りも楽しみます。
c0002260_7524184.jpg

by eight-b | 2007-03-29 08:03 | Comments(0)
ひじき寿司
c0002260_21441782.jpg
早く余震が終息して、一日も早い復旧がなされますように。
輪島で購入した輪島塗に盛り付けました。
by eight-b | 2007-03-28 21:44 | Comments(2)
のらぼう菜
たぶん市場には出回っていないと思われる地場野菜です。
私は近所の農家の直売所で一把¥150で購入。
湯掻くだけの簡単なお浸しが一番美味しいと思いますが、葵さんの自家栽培の
のらぼう菜の胡麻和えに見惚れて、のらぼう菜の摘み芽で胡麻和えもう一品。
お浸しには築地発「朝削り」の鰹の削り節を乾煎りしてふり掛けました。
c0002260_76181.jpg

c0002260_761872.jpg
春の食卓には、こののらぼう菜と、三浦の株ごとワカメが毎日のように並びます。
【茎ワカメの佃煮】
c0002260_78026.jpg

by eight-b | 2007-03-28 07:32 | Comments(2)
イカの沖漬けのホイルバター焼き
c0002260_21311027.jpg
温かいメニューにしたかったのでイカの沖漬けレシピでググる。
そこでなんてことのないホイル焼きを見つけたのですが、一つ面白いことにバターをのせて焼くのです。するとこれが何ともイカ味噌に絶妙に絡む。
今夜は休肝にしようと思っていましたが(昨夜飲み過ぎ)、辛抱堪らず〆張鶴一合。
c0002260_726396.jpg
締めはざる蕎麦で。

by eight-b | 2007-03-27 21:56 | Comments(2)
アサリのむき身入りおから煮
c0002260_21232860.jpg
人参、こんにゃく、ごぼう、軟白長ネギ、浅利のむき身と茹で汁、自家製干し椎茸と戻し汁かつお、いりこ、昆布出し、砂糖、酒、しょうゆ
by eight-b | 2007-03-27 21:54 | Comments(0)
〆張鶴「雪」
c0002260_23124046.jpg
揚げだし豆腐 秋田のなめこ缶
c0002260_6513860.jpg
くずきりの辛子明太子和え 紀州薄塩梅
c0002260_6531412.jpg
しらすとレタスのチャーハン
c0002260_6571441.jpg

by eight-b | 2007-03-26 23:13 | Comments(6)