<   2007年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧
永ちゃん
ロックンロールな夕べ。
WOWOWの永ちゃん、どうよベイベー。

数年前、友だちに誘われて永ちゃんのコンサートに行った。

衝撃のキャロルデビューは高校生のときだっただろうか。
時代がキャロルについていけなかった。
当時ぢまめで品行方正な私の趣味ではなかったけれど、皮ジャンキャロルの後、ツナギのダウンタウンヴギウギバンドの港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカヨコハマは地の利の勝利だった。(言いたいことは分かる)
あれから気が遠くなるほどの時を経て、大人になった目で永ちゃんに再会した横浜アリーナ。


永ちゃんは、新興宗教の教祖さまになっていた(笑)。


ステージの永ちゃんには遥か遠い、階段席二段目の私たちだったけれど
それでも横浜アリーナに漂うその一種異様な空気に包まれ
YAZAWAのバスタオル(¥5,000)を購入してアリーナの空に舞い上げたのは言うまでもない。(一人タオルを放つタイミングを外していたけどこれも儀式だから)

そして2007年の今、団塊世代が次々と退職を迎えようとする中
今年58歳を迎えるとはとうてい思えない永ちゃん、カッコよ過ぎ。

「まだロックやってんの?」 

「おかげさまでバリバリだよ」


今夜はそんな永ちゃんにしこたま酔った1時間40分でした。
                          by 泡盛「瑞泉30°」のロック・んろーらー
c0002260_21253027.jpg
■栗原はるみの鶏レバーとひじき煮   ■鳴門金時とぼっちゃんかぼちゃの胡麻味噌たれ
  ■マグロの山かけ                  ■豆鯵の唐揚げ甘酢あんかけ
c0002260_21335329.jpg

by eight-b | 2007-01-31 21:26 | Comments(2)
豆鯵の唐揚げのあんかけ
c0002260_21203258.jpg

by eight-b | 2007-01-31 21:20 | Comments(2)
春菊のナムルとイカのコチュジャン炒め
c0002260_2101722.jpg
■春菊の葉の部分とさらし葱を【胡麻油、すりおろしニンニク、塩】で和える。
 すりこ木で叩いたピーナッツと糸唐辛子をトッピング。
■スルメイカをイカワタとコチュジャンで炒める
by eight-b | 2007-01-30 21:01 | Comments(0)
青パパイヤのグリーンカレー
細切りタケノコを青パパイヤに替えてみた。
タケノコのシャキシャキした食感はないけれどパパイヤの旨みが辛いグリーンカレーに合いました。
c0002260_20555172.jpg
実はタケノコもナスもなくて野菜室の片隅に忘れられてた青パパイヤが一つ。(宮古島ハブゑ産)これが功を奏しました。その他、サラダで食べようと思っていたミックスレンズ豆(下茹で済み)も入れてみましたが、これは五穀玄米ごはんに同化し過ぎて、言わなければ誰も分からなかった。
c0002260_2151736.jpg

by eight-b | 2007-01-30 20:59 | Comments(4)
練り味噌
4月と10月に秋田から手作り麹味噌が送られてくる。それぞれ夏に向かう味噌と冬に向かう味噌はおのずと保存方法が違ってくる。それは生きている味噌だから。温度が上がると醗酵が進み過ぎて真っ黒になってしまう。だから冷蔵庫入れなさいって言ったのに『お味噌がこんな色になっちゃいました』とヨメ。新しい味噌を代わりに持たせこれは練り味噌に仕上げます。丁度切れたコチュジャンもどきに韓国粉唐辛子を使い唐辛子味噌に。醗酵が進み黒くなったとはいえ、味噌自体が美味しいので抜群の出来に仕上がる。甘いもの摂り過ぎのアスリート宮古島ハブゑにカプサイシンダイエット味噌として送ろうかしら。
もう一つの練り味噌は、いつまでもある柚子の残りで柚子味噌の作り置き。こちらはお酢を加えれば酢味噌に、それに芥子を加えれば芥子味噌に、玉子の黄身を加えれば玉味噌にと変化します。
c0002260_21401423.jpg
c0002260_2133518.jpg
c0002260_2134633.jpg
c0002260_21342414.jpg

by eight-b | 2007-01-29 21:41 | Comments(0)
サムゲタン
【参鶏湯】
サムゲタン向きの雛鶏、若鶏が手に入らないので、作るのは半ば諦めていたのですが
久しぶりに入った大型スーパーで偶然見つけた若鶏を購入したのがドック前・・・
今夜は ”体脂肪体脂肪体脂肪” の念仏を泣く泣く?封印して
念願のサムゲタン若鶏1000gをスープまですべて完食しました。(体脂肪目盛急上昇)
c0002260_207254.jpg
丸鶏のお腹の中をきれいに洗い、そこにもち米、なつめ、にんにく、(栗)、高麗人参を詰めて、約一~二時間チキンスープで煮込みます。
サムゲタン用の鶏が手に入ればいつでも作れるよう材料は揃えていたとはいえ、棗(なつめ)、高麗人参なんてそうそう手に入りません。
c0002260_8392362.jpg
実は、お気づきでしょうか、気分は高麗人参の正体は牛蒡のしょうゆ漬けです。なつめは信州の方からのいただきもので、松の実も買えば高いのです。これだけで安い丸鶏を超えちゃうんじゃないでしょうか。
実際作って食べてみると、薬効効果さえ期待しなければこれらのものは入れなくてもいいんじゃないか、そんな気もするnori風サムゲタンはこちら。これなら若鶏、雛鶏さえ手に入れば実に手軽に美味しそうに出来ますね。
c0002260_203122.jpg
宮崎新知事の東国原英夫知事さまへ
鶏インフルエンザの風評被害対策に宮崎地鶏の「そのまんまサムゲタン」なんて売り出したらいかがでしょう。
宮崎地鶏一羽、宮崎地鶏のガラスープ、なつめ、高麗人参、松の実、栗、にんにくセットで
さていくらでネット販売しましょうか。
by eight-b | 2007-01-28 20:03 | Comments(8)
カレーうどんときつねうどん
蓮根、牛蒡、新玉ねぎの茎?の部分、牛肉
昆布とかつお出汁のつゆにS&Bカレー粉を溶いて、片栗粉でトロミ。
ほうとう(上) 稲庭うどん(下)
c0002260_1092160.jpg
油抜きした揚げに落し蓋をして甘辛に煮てそのまま置いていた揚げをのせて。
稲庭うどん
c0002260_957442.jpg

by eight-b | 2007-01-28 10:05 | Comments(0)
あおさのり
いつもはお味噌汁にぱらぱらと振りかけて、磯の香りのお味噌汁で美味しいのですが
今日はセリのお浸しにたっぷりのせたら、おかーちゃんの分まで残らず食べられてしまった
牛深より届いた九州伝統名産 天草 あおさのりです。

あおさのりとセリのお浸し          新玉ねぎポトフ
c0002260_9403278.jpg
ベビーリーフとちぎりモツァレラの野菜サラダ
(ベビーリーフ、トレビス、紫玉ねぎ、温室トマト、黒オリーブ、生モツァレラチーズ)

こうしてメニューを見てみると、どれにかけても似合いそうなあおさのりですね。c0002260_23105589.jpg
↑ここまでが基礎代謝の低い人用メニュー。
追加メニューの300円引き松坂牛のしゃぶしゃぶは基礎代謝の高い人用。↓c0002260_2310431.jpg
体脂肪体脂肪体脂肪の念仏を唱えながら、紫の辛み大根おろしだけ箸をつけた私。
by eight-b | 2007-01-27 10:06 | Comments(7)
新玉ねぎのポトフ
小さめの新玉ねぎがカブのようにまとまって売っていたので
昆布とトンデンファームのベーコン二枚と塩でコトコトポトフにしました。
今夜はトロトロ玉ねぎが心の体脂肪を優しく癒してくれました。←散々だった人間ドック帰り。
c0002260_233143.jpg

初めての人間ドックメニュー
問診、内科診察、身体測定、血液検査、尿検査、便検査、腹部超音波検査、胸部X線検査、胃カメラ、心電図、血管血行動態検査、聴力検査、乳腺検査、医師面談
オプション
直腸診・肛門鏡検査、胸部CT検査、頭部MRI・MRA検査、呼吸機能検査、甲状腺機能検査、血液検査
結果
週二回の休肝日を設け、酒は一日一合まで

「酒は一日一合」

せんせ、それは出来ません。
一合しか飲めないなら死んだ方が飲まない方がマシです(T-T)。

c0002260_8102988.jpg
しかし、何十年かぶりに身長、体重
体脂肪測定をしたのですが
身長が7mm縮んでました(T-T)。
それなのに敢えて目をつぶっていた
体、体、体重、体、死亡。。。
▄█▀█●

━ 身長、体重、体脂肪測定器 ━
隔世の感の三位一体測定器にびつくり
いえ、一番の驚きはあなたの体脂肪ですから

c0002260_74035.jpg
註:順番間違えて胃カメラの後に血圧を測るのは止めましょう。

by eight-b | 2007-01-26 22:55 | Comments(6)
豆乳うどんなモーニング
「朝、うどんが食べたい」というリクエストに応え豆乳うどん。
豆乳仕立てにするとおつゆを残さず飲み干す我がファミリー。乳好き。
c0002260_10131036.jpg
ついでに餡子フェチなドッコイ用に炊いてきた。○んこ。←意味無く伏字。
お汁ひたひたのまま砂糖を加え、土鍋で蒸らすこと一時間 パカッ! 土鍋の蓋を開けると 
こんな具合。
c0002260_10132661.jpg

by eight-b | 2007-01-25 10:12 | Comments(2)