<   2005年 09月 ( 47 )   > この月の画像一覧
今夜のディナー
絵にかいた餅
c0002260_21271130.jpg


餅は餅屋
by eight-b | 2005-09-30 21:27 | 花子 | Comments(3)
芋栗なんきんキノコカレー
実りの秋の収穫カレー
c0002260_20451428.jpg
c0002260_8211369.jpg●薩摩地鶏のムネ肉は蒸して手で裂く。(仕上げに入れる)
●玉ねぎ、梨&リンゴ、梨、人参、セロリ、酒粕、にんにくのすりおろしは何れもブレンダーにかけて用意する。
●市販の鶏ガラスープは高いので、¥71の鶏ガラを買ってスープ出し。
◎玉ねぎ、キノコを数種のスパイスを入れて炒めたら、果物、野菜のすりおろし、鶏ガラスープを加え、10分煮てカレーフレークを入れて出来上がり。

芋、栗、なんきんの炊きこみご飯
研いだタイ米に分量の水を入れ、芋、栗、南瓜と、サフラン、バター、オーサワの野菜ブイヨン(粉末)を入れて炊き込む。
c0002260_20453019.jpg
芋、栗、南瓜がどれもホクホクと甘みを増して美味しい炊きこみご飯になりました。
キノコカレーもフルーティーに仕上がり、タイ米のサフランライスと相性抜群でした。
c0002260_2046478.jpg
水菜サラダ
セロリ、フライドオニオン、釜揚げシラスを散らして簡単サラダ
c0002260_8522796.jpg

by eight-b | 2005-09-29 20:46 | | Comments(12)
ジンジン、ジンギスカン
日曜日に食べた鹿肉が実に頑なだったので、玉ねぎと梨のすりおろしに一昼夜漬け込んでみました。
野菜(キャベツ、もやし、ニンニクの芽、人参、玉ねぎ、しめじ等)の上に味付けした肉を乗せたら、蓋をして蒸し焼き10分。
c0002260_842837.jpg
大成功!
蝦夷鹿のジンギスカン
言われなければマトンもシカも分かりません。んメェ~
c0002260_8422111.jpg

※鹿肉を鮭にかえて、味噌カツソースを回し掛ければ、一変ちゃんちゃん焼きに変身します。

そして性懲りもなく
by eight-b | 2005-09-29 08:42 | | Comments(3)
豆腐味噌カツ
年に一度食べたくなるトンカツですが
では、「年に二度食べたくなったらどうしよう」とお悩みの方へ
豆腐のトンカツです
「えーーー、豆腐とカツはわかるけど、どこがトン?」
それは、黄金色の衣と白い豆腐が愛し合って一つに結ばれる♪その狭間に・・・
見えませんか

しゃぶしゃぶ用のミクロな豚が
c0002260_8152152.jpg
【作り方】
①豆腐はキッチンペーパーに包み重しをして充分水切りをする。(朝仕度をして置くと夕方丁度いい感じ)
②水切りした豆腐に塩、胡椒し、しゃぶしゃぶ用の豚肉を重ならないように豆腐に均一に巻く。
③後はいつものトンカツのように衣をつけて揚げる。

そしてこれが重要
ヘルシーな豆腐カツにぴったんこソースは何といっても味噌カツソースということで
八丁味噌、冷蔵庫の片隅の沖縄あぶら味噌、りんご、酒、味醂、すり胡麻、出汁醤油、唐辛子味噌、胡麻だれ、酒粕とか色々入れて(忘)ブレンダーで攪拌し鍋に移して煮詰めました。
c0002260_8322943.jpg
二度と同じ味は作れないだろうと思いますが、これが豆腐カツに見事マッチするソースに仕上がりました。
味噌ソースあってこその豆腐カツ。なんて絶妙な味なんだ。
一人一丁はイケマス。
ウマ過ぎる。
by eight-b | 2005-09-29 08:37 | 洋食 | Comments(0)
朝の風景
路傍のくちなし今現在
栗きんとんの色づけにはまだまだです。(花器は湯呑みを作ったはずの夫ドッコイ作)
c0002260_8294376.jpg
※敷物は五(いつ)の四(よ)までのミンサー織り

糠床現在
c0002260_8324153.jpg
そしてOKANは豆を煮る
c0002260_8332497.jpg

by eight-b | 2005-09-28 08:33 | 季節 | Comments(3)
秋刀魚苦いか塩っぱいか
やっぱりこれが丸々秋刀魚の王道ですね(わた含む)
c0002260_812840.jpg
c0002260_93821100.jpg
                    ぺろり(南極2号作)
c0002260_8115528.jpg


もう一品 ハチミツ梅、胡麻、胡麻油、紫蘇の葉で叩く
c0002260_88543.jpg
秋刀魚のうめろう(なめろうの梅バージョン)
c0002260_89529.jpg


おまけの栗サラダ
c0002260_894483.jpg
麹ドレッシングって美味しいんですよ(おかーさん、残りわずかです)
c0002260_814415.jpg


秋刀魚の歌
by eight-b | 2005-09-28 08:17 | | Comments(0)
エリンギの金平
輪切り唐辛子でピリリと辛い。下ろし間際にバターを加えて。
c0002260_2231087.jpg
つづきは明日。ZZZZZZZZZZ
by eight-b | 2005-09-27 22:05 | | Comments(5)
鍋焼きうどん
今夜は熱々鍋焼きうろん
こちら二人前
c0002260_752154.jpg
c0002260_7533351.jpgc0002260_755676.jpg                              








麺食いにはうれしい一人用鍋焼きうどんです。土鍋に生うどんを入れ、ほうれん草、いんげん、生麩、焼きちくわ、ワカメ、長ネギ、湯葉、しいたけ、卵、えび天やかき揚げを盛って用意して、後は帰宅順につゆを加えて鍋を火にかければいいだけの、お手抜きなわりに大層喜ぶ夕餉鍋です。
(生うどんは「一徹手打ちうどん」) 


うどんといえば富士吉田のうどん街道をご存知ですか。(といって検索したら190000ヒット)
こちらのうどんがめちゃめちゃ腰があり、まさに腰食ってるようなうどんなのです。その衝撃たるや、しばらくうどん嫌いになったほど。※すみません麺はくたくたの腰抜けが好き。
それでも稲庭や水沢や讃岐やたぬきやきつねと騒がれる中、近場に評判のうどんがあったことが驚き。しかも山梨といえば伝家の”ほうとう”ですよ。チャレンジャーやなあと思いませんか。思いませんね;。

「水清ければ魚棲まず」とも云うように、富士吉田のうどんは富士山の伏流水から作り出される清冽なるうどんなのですな。
註:文中のことわざは内容となんら関係はございません。

ともかく、彼岸が過ぎて急に涼しくなったとはいえ、やっぱり鍋はまだまだ暑くて土鍋抱えて扇風機ガンガンでお召し上がりになりましたとさ。とゆ話だったんだろうか。
by eight-b | 2005-09-27 07:59 | Comments(4)
休日ほっこり夕ご飯
煮っ転がし
c0002260_2301821.jpg
大根と揚げの煮しめ
c0002260_824490.jpg
バンビの焼き肉
c0002260_8243871.jpg


来月に迫った南極の挙式。今夜は最終打ち合わせに南極とヨメと二人で訪れるというけれど
「夕飯食べに行ってもいい?」って毎週二人で来てないか?(結婚したら有料にしよ)

恙無く無事に終ればそれだけで いい結婚式だったね と言われるのだから
どうぞどなたもオチを狙わず普通でいてください。


最後に新郎の父親の挨拶で〆るのだからふつーでいてね。ふつーで。

ちち奇特 『 オレは今、挨拶の言葉を三パターン考えているんだ

       一つ目は、寅さん。 二つ目は、小林稔侍。 三つ目は、高倉健 』

南極  『 寅さんはやめて 』  
ヨメ  『 高倉健がめちゃめちゃ気になるー 』 



キケン・高倉
     『 本日は、、、、、、、、、(3分経過)、、、、、、、、、、、電車入りました。 』
      
                  ポッポやかよ(ーー;)




           
         
                     そして母しのぶ・大竹は、
                         「そんなことしたら、裸踊りしてやる」 
                            一人ココロに誓うのであった。。。。。

参考までに
by eight-b | 2005-09-25 22:59 | 和煮込み | Comments(8)
休日のんびり朝ごはん
c0002260_15443915.jpg


More
by eight-b | 2005-09-25 15:49 | 朝食 | Comments(4)