<   2004年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
砂肝ときのこの南蛮漬け
えりんぎ、しめじ、しいたけ、ひらたけ等等、きのこをたっぷり使って
ちょっと変わった砂肝の南蛮漬けをどうぞ。
お父さんの晩酌のアテにすると、めちゃんこ喜ぶこと間違いなし。
の、はずのウチの夫どっこい

         『砂肝、硬くて嫌い』

                  あのなー ボゴッ!(左ボディーブローが見事に決まる)
c0002260_19315629.jpg

                             因みに、砂肝とは鶏の胃袋です。
                            (「このチキン野郎!」バギッ!でもよかったな)

レシピはこちら
by eight-b | 2004-11-30 19:32 | SAKE酒の肴 | Comments(0)
串工房
c0002260_818845.jpg
c0002260_8184575.jpg


お通し/生キャベツ味噌        海老マヨ串揚げ         トマト・アスパラ、餅巻き
c0002260_8291790.jpg

朝引きレバー/タレ、塩は胡麻油で じゃが揚げ明太子      ぼんぼち
c0002260_9481474.jpg

湯豆腐の柚子あんかけ      揚げだし豆腐           比内鶏の鶏鍋
c0002260_948316.jpg

ウーロン茶ゼリーの練乳がけ   九平次(純米) /愛知     黒龍 /福井
c0002260_9485245.jpg


                                            ☆串工房☆☆
by eight-b | 2004-11-30 08:47 | ご案内 | Comments(5)
牡蠣
我が家の食卓に牡蠣が上がるということは
今夜は牡蠣嫌いの夫ドッコイが留守だということです(がっつ!)
だからって何もパスタを希望しなくてもと思いつつ、
2号の熱烈なるリクエストに、気が乗らないまま作ってみました。

【牡蠣ときのこの豆乳クリームスパゲッティ】
ちょっとまじいんじゃないかえ?
こりゃなんでもやり過ぎ。いくらちょうどいい塩梅にアボカドが熟れているからって…
c0002260_2227836.jpg

c0002260_22314342.jpg
豆乳クリームの隠し味は自家製のアンチョビです。アンチョビの作り方はまたゆっくりアップすることにして
クリームにとろみをつけるためブールマニエを覚えましょう。小麦粉とバター同量を鍋で炒めるように練っておきます。少し多めに作って、ラップに包み冷凍しておくとよいでしょう。

c0002260_11523830.jpg【牡蠣のクリームシチュー】
牛乳にブールマニエでとろみをつけると、市販のホワイトシチューの素は必要ありません。
↓去年のダーリン留守メニューも牡蠣でした(ガチョン!)
c0002260_22433388.jpg
by eight-b | 2004-11-28 22:45 | 麺、パスタ | Comments(0)
ホワイトアスパラ
今夜は大根菜と小女子のチャーハンオムライスにしようと思っていたら、
息子二人が忘年会で留守なので、メイン料理がなくなりました。

■鯖のハーブフライ
冷凍保存の、鯵のような鯖をフライに。
プランターで健気に育つイタリアンパセリ、ローズマリー、タイムのみじん切りと、
パルミジャーノ(チーズ)をおろしてパン粉に混ぜました。
c0002260_010286.jpg


■ジェノベーゼ
冷蔵庫の野菜室で死後硬直の始まったバジルとオレガノ(しかも見切り品)と、
捨てられる運命のブロッコリーの茎(茹でたもの)も入れちゃって
水増しジェノベーゼソースを作ります。
ブレンダーで一気に作るのでオリーブオイルが乳化しますが、これはこれで
ムースなジェノベーゼで美味しいのです。
ジュメリというマカロニと、リングイネを四つに折って時間差で茹で
粉ふきいもと共に混ぜると、中途半端に余ったパスタ整理とは思えません。
夏には、バジルをゴーヤに換えて、にがうりジェノベーゼもお試し下さい。
そうそう、松の実は高いので安いところを探してね。
(OKスーパーの松の実は三倍入ってて値段は半額に近いのでお値打ちです!)
c0002260_0112792.jpg


■オーストラリア産のホワイトアスパラ。
下半分はピーラーで一皮むいて、2cmほど切り落としたほうが食べやすくなります。
ポーチドエッグとジェノベーゼソースを添えました。
c0002260_0114765.jpg

by eight-b | 2004-11-28 00:12 | SAKE酒の肴 | Comments(7)
ペさま来日
c0002260_212230100.jpg
あー気持ちワリ。
昨夜は調子こいて飲みすぎたおっかさんです。
おこんばんは(ォェ)

料理が趣味です。
趣味がペ・ヨンジュンじゃなくてほんとによかった
と心から思う今日子の心。飲みすぎなきゃ完璧な妻でいられるのに、
との反省も交えて爽やかメニューをどうぞ。

カプレーゼ(トマトとモツァレラとバジルのサラダ)の賞味期限が危ないので
滅多切りにしてスパゲッティに入れて食べちゃいました。
生のモツァレラチーズは最後にフライパンの余熱で和えたほうが
溶けすぎなくていいと思います。
フルーツトマトは湯通しして皮をむくのをお忘れなく。(舌にさやしい配慮で好感度アップ)
by eight-b | 2004-11-27 21:23 | 麺、パスタ | Comments(0)