「私にジントニックをください」
c0002260_1025126.jpg
9月×日
新横浜発 6:18 の「 のぞみ 」に乗り込み、約5時間の旅の道連れにと
選んだ一冊が 「おやじのための自炊講座」 でした。
私のこの料理ブログが細々と4年続くその初期の頃に、料理からだったか
エッセイからだったか、この本の著者であるjimihenさんのHPを知りました。
以来、PCの「お気に入り」の一つになっていました。
そんな雲の上の人がある時同じエキサイトブログに新たに居を構えると知り
それからは勝手に極身近なファンのつもりでいました。
そのjimihenさんがご自身のブログで、この度本を出版すると告知され
その日のうちにamazonで先行予約したのは言うまでもないことです。
発売日9月12日に届いたそれは白い表紙の実に簡素な一冊でした。
華美でなく、ご自身が言うところの「足るを知る」「求めない」
そのままの地味な単行本でした。
それを彼岸の入りのこの日まで約一週間ページをめくらず
手元に置いたままにしていたのは、きっと忙しいからだけでなく
いいかげんに慌しくページをめくりたくなかったからかもしれません。
そしてついにそんな私だけの時がやってきました。
誰にも邪魔されることなく一人ページがめくれる。
知らない他人だらけの新幹線の座席で、表題の「おやじ」の三文字を気にしながら
もうすっかりおやじ化しつつある私が珍しく恥じらいながらページをめくります。

ある日のおやじの夕食
豚肉とチーズのお好み焼き
石鍋の冷凍餃子
コールスローサラダ
あんかけ焼きそば
マーボー丼
牛すじカレーとレタスとクレソンのサラダ
キャベツと大根の浅漬け
タコのマリネ
じゃこと大葉のチャーハン
韓国ニラお焼き
ふきと油揚げの炊きこみご飯
韓国海苔の穴子巻き


だけど実はこれ、料理HPから派生したレシピ本ではないのです。
料理をツマに綴るこれは立派な珠玉のエッセー本なのです。

文字になるその一文字一文字が心地いい。綴られる言葉のその感性が心に沁みる。

料理が好き、美味しいものを食べることが好き、旅が好き、酒が好き、本が好き、映画が好き
そして家族が好き。
jimihenさんがその好きなことを語るとき、jimihenさんから溢れ出す、文字が、言葉が
私たち読者を魅了するのです。
この人のチョイスする題材のすべての感性が好きだ。

--------
第二章
「僕にジントニックをください」

これはjimihenさんが好きでよく見る「全国居酒屋紀行」太田和彦さんの
名物番組の決めゼリフだそうです。
そのシリーズを知らない私までが、jimihenさんの綴る文字の世界に引きずり込まれ
まんまとその情景の中にもぐりこみます。

---------


5時間後福岡に降り立ち、福岡の叔母さんの遺影と遺骨に手を合わせ
無事その責務から解き放たれたその夜、一軒の居酒屋に立ち寄りました。
そしてそこで思わず発した一言は

「私にジントニックをください」

まったく、そうつぶやく私がいたのです。

-------------------






え、写真はジントニックじゃなくて山崎のハイボールじゃないか、ですって?


ハハハ、痛いところを突かれました(-_-)。


jimihenさん、どうかこれに懲りずシリーズ化してください。









c0002260_10252154.jpg
c0002260_10253153.jpg
c0002260_10254020.jpg
c0002260_10255992.jpg
c0002260_10261023.jpg
c0002260_10262793.jpg
c0002260_1026182.jpg
おかげで美味しい水炊きを求めて二件もはしごしちゃったわーい。
by eight-b | 2008-09-24 20:58 | Comments(13)
Commented by ちろる at 2008-09-24 21:48 x
こだわりばかりが強くて、なんか自己中などうでもいい料理を作るオヤジは
ご遠慮したいですが、こちらは…なんといいましょうか「美学」ってやつで
しょうか。そんなものを感じますね。

昨日はみんなで焼き肉を食べに行って「コーラマッコリ」で失敗しました(黙)
Commented by ジミヘン at 2008-09-24 23:30 x
ジミヘンです。
先ほど、宴会から戻りました。
今まで読んだどの文章よりも感激しました。
過分なお褒めの言葉に恐縮です。
どうも、ありがとうございます。
Commented by eight-b at 2008-09-25 08:11
■ちろるさん
大体そういうおやぢはシモネタも下品よね。
下品か上品かの違いは、そこにユーモアという品格があるかなしかだと思います。
上品を装う下品なおやぢは救えません。
●ン●剪定(笑)の「HOW to SEX」からやり直し。

>「コーラマッコリ」で失敗しました(黙)

だーかーらー
マッコリを割るのはJINROだってばー。
「文字のかけら」の二階堂でも可。


※答=パ●ツ選定
Commented by eight-b at 2008-09-25 08:18
■ジミヘンさん
こちらこそ心満たされる豊かな時間をありがとうございます。
9年間の凝縮がこの一冊なら、1/9として引き続き2、3とシリーズ化を
切に願います。
そんな思いが届くように、今夜はハニーチキンと鯖の生姜煮を酒の肴に。
Commented by ちょんまげ女 at 2008-09-25 08:31 x
ごめんなさい、読んだことない・・。
でもほれました。
シモネタ下品なとこに・・。
がるううです。
Commented by eight-b at 2008-09-25 08:36
■がるるちょんまげ女さん
だーかーらー
どんだけシモネタなのか
ちょっとパンツ脱いで立ってなさい。

「せんせーもう勃ってます」

お後がよろしいようで。。。  違。
Commented by yamatogokoro-mi at 2008-09-25 12:07
わぁ、あたしも是非買いますっ!
太田和彦さんのファンです(意味違)
ジミヘンさんのHPやブログ初めて見ました。
美味しいつまみを作れる男子って素敵です♡
Commented by eight-b at 2008-09-25 16:39
■ヤマトのかぁちゃん
もちろん酒の肴のレシピも載っています。
そして常々料理のレシピを自分の言葉で伝えるのって難しい
と思う私はjimihenさんのレシピにも舌を巻くのです。
どうしてこんなに美味しいそうに表現できるんだろう。
そう思う前に数行のレシピを読むだけで絶対美味しいだろうと
想像を掻き立てられます。
ちぢみちゃんにも教えてあげよう。
そしてOKAN経由で買わせよう。
三割り増しの値段で(^m^)ぷ。
Commented by yamatogokoro-mi at 2008-09-25 21:15
すぐさま注文しちゃいました♪
言葉の表現力って難しいと常々思います。時には
思いも寄らぬ誤解も招くし。届くのが楽しみです♪

あ!そうだ!オカンたまがお留守の間に、ちぢみちゃん
が代表取締役のイクラの醤油漬け通販会社が出来、
オカンたまはラケットイクラ製造部門主任になりました。
社長はお金持ちなので五割り増しでもダイジョブです。
しかも「千代の一番」を早速試していたので、あたしも
すぐさま真似しようと思います。
Commented by anzumadamu at 2008-09-26 12:04
太田和彦さんの「全国居酒屋紀行」わたすも見てまつ。
ちなみに今は2008バージョン?を放映中でつ。
太田さんデザインのお猪口を訪問先のお店に配っているお姿が
拝見できまつ。
一度オカンたまにこの番組の事を知らせようと企んでおりますたが
すっかり忘れておりますた。

かしこ。(^m^)
Commented by eight-b at 2008-09-26 12:37
■ヤマトのかぁちゃん
ご購入ありがとうございますm(__)m
読み切りなので読み終わったらちぢみちゃんに
着払いで送って差し上げてください。(いらんことを)

>オカンたまはラケットイクラ製造部門主任になりました。
就任祝いに金一封とかあるのかしら。
300万もあれば助かります。
Commented by eight-b at 2008-09-26 13:15
■アンズヨーコさん
おせーよ(-_-)

その前にwowowも解約されて(「贅沢は敵だ」と花子に)
スカパー導入の道はあるのでしょうか・・・。
Commented by eight-b at 2008-09-26 13:16
違う。

太田和彦さんはどーでもいいの(笑)
<< 氷結ゴーヤの焼酎割り 老陳酢 >>