ゴーヤビーフン
c0002260_8591495.jpg
花子に
「毎日毎日ゴーヤなのによく飽きないように作るね。すごくおいしい。」
と言われたゴーヤビーフンは、
「酒中日記」のaonamiさんより。
ビーフンを美味しく仕上げるコツは、
偏に「ラード」で炒めることだと思っているので
今回は黒豚の背脂ラードで極上のゴーヤビーフンに仕上げました。
そして干し椎茸の代わりに
戻した丸干大根の細切りを入れてみました。
モーマンタイ。美味。
c0002260_883126.jpg

by eight-b | 2008-08-28 13:06 | Comments(4)
Commented by aonami24 at 2008-08-28 18:03 x
この時期ならではの ゴ-ヤビーフンですね。
豚肉の切り方がビ-フンにドンピシャに見えます。
我が家のゴ-ヤも次第に小型化してきています。
今は植物油全盛ですが、炒め物は暖かい状況ですぐ食べるのであれば
良質のラ-ドで高温でいためるのが最高だと思います。
特にビ-フンの食感にはピタリだと思います。
昭和30年代後半にお江戸に出て覚えた焼きビ-フンの味は全てラ-ド
餃子も半数はラ-ドで焼いていた店がありました。
あんかけやきそば に次いで 名店の一品ができたようですね。
Commented by eight-b at 2008-08-28 21:24
■aonamiさん
実はラードのビーフンは母の味なんです。
そしてその最たるのがチャンポン。
苦労かけられっ放しの母ですが(笑)
料理の腕は今も唯一自慢できるところ
もうじき母手製のニンニク味噌が出来上がります。
そのうちaonamiさんにも画面でお裾分けいたします^^。
TBありがとうございます。
Commented by yamatogokoro-mi at 2008-08-28 22:27
今日ランチで食べたのはセブンイレブンのビーフン
でした...あぁ~、これはなんて美味しそうなんでしょ。
黒豚の背脂ラードってどうされたんですか?
それだけで美味しさ倍増な感じです。
ウチの母の作るビーフンもラードだったので、あたしも
頑なにラード使ってます。いいなぁ、花子ちゃん。
あの...下宿させてください。
Commented by eight-b at 2008-08-28 22:49
■ヤマトのかぁちゃん
チューブ入りのラードとはそりゃもう段違いの出来でした。
黒豚の背脂は行きつけのスーパーにありました。
案外見落としてるかもよ、肉売り場で目を凝らして探してみてください。
私たちの母世代はラードをよく使ってましたね。

すかんぴん花子とトレードでかぁちゃん下宿させます(笑)
<< 無花果田楽 揚げ無花果 >>