パセリの天ぷら
「パセリが萎びてきちゃったから早く使わないと」と言う花子に
「だったら天ぷらにしようか」と恐る恐る言ってみる。
もちろん花子は天ぷらなんて作ったことはない。
けれど、経験値より先に、その気になってしまうB型なのである。
「どうやって作るの?」と聞くので「天ぷら衣をつけて揚げる」と答えると
そのままパセリに天ぷら粉をまぶして揚げようとする。をいをい。
パセリが水気を含んでいると危ないので、先ず粉をまぶすのは間違いではないことを説明し
カラッと揚がる天ぷら粉をボールに移し、そこに冷水を加え天ぷら衣を作ってみせる。
それを横目で見て「なんだ天ぷらって簡単なんじゃん」と言って私に揚げさせる。
c0002260_8135659.jpg
家事一切を任されて約10日、そしてようやく私に快復の兆しが見え始めたので、今夜は花子のリクエストでスパークリングワインを一本買って来ました。
ヴァンクゥール シードル OKANにとってはりんごジュースのようなワインでささやかに乾杯しつつ、二人でドッコイの帰宅を待たずに飲み始めたのでした。
c0002260_8142623.jpg
c0002260_8144260.jpg

by eight-b | 2007-05-25 08:14 | Comments(0)
<< SO MEN' 07 ─ 花子めし ─ ⑤ >>