愛しのニンニクポット(パクリ)
暇なのでこんなものを撮影してみました。
ヨーコさんのところで見せ付けられてつい通販で衝動買いしてしまった
スペイン・バレンシア地方で作られたニンニクポット最後の一個。
c0002260_1544570.jpg
ニンニクにとって、どこがどういいのかわからないけれど
ばりばり昭和の我が家のだいどこには全然似合わないけれど
いいでしょう。
c0002260_1548746.jpg

by eight-b | 2006-11-04 15:49 | Comments(4)
Commented by anzumadamu at 2006-11-04 19:30
オ~~~!これが愛しのニンニクポットさまなのね♪
オサレだわ~。(うちのには負けるけど^m^)
そこはかとなくスペインの香りが漂っておりますわん。
後ろのモサモサと手前のブレスとも
ベストツーマッチざます(笑)
ニンニクポットの効能はズバリ「長持ち効果」ざます(^^)b
陶器の通気性がニンニクにとって、「程よくってよ」
ドッコイさまに、あまり食べさせてはなりませぬ(意味不明)
Commented by eight-b at 2006-11-04 20:14
>(うちのには負けるけど^m^)
しまった。
同じこと書いて悪いかなあと思って消したのに、言われてしまった。
さすがに35歳に達してないので人生の機微に疎いわ(笑)。
それはそうと、なかなかいいショットが撮れました。
モサモサは西洋ススキだと思うけどパンパスグラスでなく
なんていう名前か忘れてしまったけど豪華です。
黄金色のブレスは日光土産。
中禅寺湖金谷ホテルで¥1,500。は、オフレコでお願いします。

Commented by ちろりーぬ at 2006-11-05 22:51 x
骨壺

かと思いました>個人的に旬なネタ  ぷ。
Commented by eight-b at 2006-11-06 13:02
ちろりーぬさん
あーばかばかばかば!
なんで気が付かなかったんだろ
まさに喉仏さんにちょうどのツボですがな(^◇^)
至急宮古のハブゑさんにお送りしますっ!
<< このお酒は35歳以上で、人生の... イカと里芋の煮っころがし >>