おからこんにゃくと砂肝の黒こしょう炒め
c0002260_19441745.jpg
メインがボケてますが
オレンジページ「おいしい肴とうまい酒」より
砂肝とこんにゃくの黒こしょう炒め
こんにゃくはせっかくなのでおからこんにゃくを使います。
一枚を一口大に手でちぎります。
鶏の胃袋の砂肝は半分に切り離し、白い部分を取り除き一口大に切り分けます。
それぞれ下茹でして、砂肝には酒、醤油をかけておきます。
こんにゃくをフライパンで充分乾煎りしたらサラダ油大さじ1/2を入れて、次に砂肝を加えて炒め合わせます。
こんにゃくと砂肝に油が回ったら出し汁をカップ1/4、酒大さじ2、醤油大さじ1、砂糖大さじ
1/2を加え、煮汁がなくなるまで炒め合わせます。
仕上げに黒こしょう大さじ1/2を振り入れよく混ぜ合わせて出来上がり。
c0002260_7344150.jpg
c0002260_19445589.jpg
c0002260_1442186.jpg

by eight-b | 2006-09-21 19:47 | Comments(4)
Commented by anzumadamu at 2006-09-21 20:35
アラ汁の汁が飲みたいでつ。
ついでに、チーブルクロスがナイスな組み合わせざんす。
酢橘を絞って召し上がれ!
レシピはまたあすた。
                  以上一人しりとり遊びですた。かしこ。
Commented by eight-b at 2006-09-21 21:00
>レシピはまたあすた。
たしかに、一杯機嫌でレシピを起こすのは面倒だわ
わたしまけましたわ
うついけんしはしんけいつう
たけやぶやけた

          以上一人回文ごっこ(レパートリ少な)ですた。早々。
Commented by aonami24 at 2006-09-21 23:35
  秋田の高そうな酒が見えますね。
  酒も男も秋田が一番ですか。
  大曲から角館に遊んだ40年以上前、
  大曲で<秋田富士>、角館で<国の花>など
  解りやすい名前の酒を覚えました。
  今も在るのだろうか。
  湯沢の奥の羽後町に<若返り>と言う此れも
  解りやすい名前の酒がありました。今も在るだろうか?。
  
Commented by eight-b at 2006-09-22 07:54
aonamiさん、おはようございます。
秋田もお詳しいですね、恐れ入りやの鬼子母神でござんす(笑)。
実は秋田のお酒はちょっと苦手なんです、といってもaonamiさんの
足元にも及ばない酒歴ですが(^-^;)。
それが唯一「刈穂」だけはうまいなと思っていたら、「燗」でお勧めとあったのです。
それにしても秋田といえば「高清水」くらいしか思い浮かばない私の
認識不足ですね。羽後町の<若返り>を西馬音内の盆踊りを肴に
飲んでみたいものです。
<< 中取り純米「楯野川」出羽燦々 マナツノカジツ >>