いぶりがっこ
真正の秋田っこはいぶりがっこと書いていンぶりがっこと読みます。
いわゆる大根の燻製のタクアン。昨日横須賀に住む秋田の義母から送られてきたものです。
このいンぶりがっこに人参と昆布を入れて、松前漬けのように漬けたものがなんともウマい。
昆布のとろみでトロトロネバネバした中に、燻されたがっこの香りが・・ああお伝えできないのが実に残念です。いぶりがっこ漬けの横にあるのは秋田のおばちゃんが漬けた大根のビール漬け。ビールで大根がこんな風に甘く漬かるものなのですね。わからねだべけど。
c0002260_940545.jpg
他にも、氷頭なます、松前漬けと、まるで盆暮れ正月がまとめてやってきたような品揃え。
         めでたさも 腹いっぱいの おらが春 と言ったところですね。(違)
c0002260_9395632.jpg





***秋田のおよねちゃん(誰?)より学んだ秋田弁卍コーナー***

秋田の方に、がもといってはいけません。それを証拠に、どんなに一流ブランドでもフェラガモはこっ恥ずかし言葉なのだそうです。それなのにご丁寧におフェラガモなんて言った日には市中引き回しの打ち首です。

これはうそっちゃあるようなあだりめでね話。
語訳:これはウソのようなホントでない話
by eight-b | 2005-12-08 22:13 | Comments(4)
Commented by ゆいゝ@また暑い at 2005-12-09 18:33 x
ををいぶりがっこ!しかも松前漬風!!
いぶりがっこファンとしては垂涎ですわ。
水前寺清子ぢゃありませんことよ。(冴えない)

ホント既に正月の様相ですね。
あぁ正月料理どうしよう・・・黒豆いつも山ほど炊いちゃって
2月まで食べてるし(汗)
Commented by mikisuke-de at 2005-12-10 09:19
祖母の家(仙台)ではよく松前漬けを食べたものですが、関東ではあまり見かけないような気がします。久々に食べたくなりました。クリスマス料理も楽しみにしてますので、まだ正月にならないでください!
Commented by eight-b at 2005-12-10 18:15
ゆいゝちゃんは日本全国美味しいものはなんでも知ってるねー
いぶりがっこもこういう風に食べるのは初めてなんですが
これは心から うめーなー と唸る一品。
なので一夜にしてなくなりました。残念!
Commented by eight-b at 2005-12-10 20:58
ドイツから一気に仙台だよ(笑)
今年のクリスマスは新婚家庭にお邪魔するので
さてどうなるのでしょうか。
mikisukeちゃんの行動力とがんばりは
OKANは密かに尊敬しているところでもあります。
だってこちらは多摩川を越えるだけでいまだにドキドキ…心不全かしら

なんか嬉しいなあ
ドイツにも我が子がいるみたいで

そんな一杯加減のOKANです。今夜も(^-^;)

<< 石狩鍋 oka-tyanの晩酌 >>