インゲンと挽肉の炒めもの
干扁四季豆
インゲン3袋を激ウマで食べ尽くす。
前々日の牛肉とピーマンのさっと煮のピーマン同様、インゲンを一度に
こんなに食べたのは初めてかも、というくらいおいしかったです。
ピーマンもインゲンもどちらも先ずフライパンで炒めておくというのが
下ごしらえ。
次に挽肉200gを炒めるときに干しえび大さじ1を加えて一緒に炒める。
この干しえびがいい仕事をするんですね。長年知りたかった台湾料理の
風味、香ばしさの素はこれだったのか!ウルウルウル/ _ ;
今まで干しえびの使い方がイマイチ分かってなかったんだと知りました。
3人で競うようにインゲンを食べました。うますぎる。
こちらの作り方を参考に、炒め調味料は刻み生姜、カルディのにんにく、
唐辛子オイル漬け(フレスキサポーリ アーリオオーリオペペロンチーノ)
大さじ1で激辛! 減塩醤油大さじ1、塩 でした。
c0002260_735494.jpg


大皿料理が続きます
イカのマリネサラダの香味野菜は前日の鰹サラダ用の余り。
c0002260_6564963.jpg

えびとブロッコリー入りワカモレ
c0002260_6572024.jpg

栃木牛のたたき
c0002260_6574435.jpg


家族が一人増えて(出戻り)大皿料理が瞬く間に消えていくw
by eight-b | 2016-06-25 10:07 | Comments(0)
<< 借りぐらしのアリエネェ 生姜ラバー >>