丹後半島死のロード
天橋立(縦断編)
c0002260_16585799.jpg


二日目 
ホテル前8時集合7時55分出発(゜゜)
平均年齢70古希の集団行動は時間に厳しく正確過ぎて
5分前に集まろうものならなにやら平身低頭な遅刻気分で
バスに乗り込むことになります(笑)
今日のメニューは朝一で天橋立3,6kmを歩いて渡るんだそうです。
昨日につづき、今日も天橋立ということは、そうかこのツアーって
天橋立がメインなのか、と今更気づく還暦二人(ここでは若手)。
そりゃそうだよね。なんせ日本三景だもんね。
天橋立、松島、、、、えーとあと一つ、、、
宮島さんごめんなさい。
M子は数年前お一人さまツアーで行ってます。
私は修学旅行で行きました。48年前に。


==============

廻船橋の小天橋(しょうてんきょう)を渡って天橋立公園を縦断しまつ!
c0002260_1654754.jpg
しじみ漁でしょうか
c0002260_16574239.jpg
いざ白砂青松へ
c0002260_16534622.jpg
飛龍観から眺めたのこぎり状の白砂の先端が見えます。
c0002260_16545826.jpg
岩?
岩が積まれた堆砂堤
c0002260_1764449.jpg
どうやら岩で堆砂堤をこさえて流出する白砂を食い止めている
と後にwikiで知りました。
私ら道草しつつの最後尾だもんでガイドさんの説明聞いてません。
c0002260_16225480.jpg
けっこうごつい岩だけど飛龍観からはきれいに波打つ砂浜に見えます。
c0002260_1623228.jpg
夏は海水浴場になるんだそうですよ。うらやましい。
c0002260_1655838.jpg
景観を損ねないシャワーも完備。
c0002260_1723626.jpg
なんて美しくていい季節なんでしょうか。
c0002260_16574267.jpg
磯清水「日本の名水百選」
なんと真水が湧き出る磯清水。海の真上ですよここ。神秘極まりない。
ほのかに磯のかほりがしますが。
c0002260_17203480.jpg

はし立てや松は月日のこぼれ種  蕪村
M子がすらすらっと詠んだのでびっくりしました。ぷ。
c0002260_17185445.jpg
c0002260_17144556.jpg
ゴールは元伊勢籠(この)神社
みなさん天橋立3,6kmをなぜに急いで渡るかと言うと制限時間内に
ケーブルカーに乗って笠松公園へ。そこで今度は天橋立を内海から
眺めようという文字通り斜め一文字の天橋立でございます~。パチパチパチ。
あ、私ら若手は棄権。
その代り、年配のバスガイドさんお勧めのお土産屋さんで丹後ちりめん
の洗顔パフ買いました。これすっごくいいです。¥630




そしてここから怒涛の丹後半島めぐりに突入します。
先に言っておきますが平均年齢70に届きそうなツアーです。
至れり尽くせりとは言え、メニューぎゅうぎゅう詰めな観光巡り
と言うか、“終活旅行”と言っても過言ではありません。

天橋立から丹後半島 鬼退治伝説の 立岩 へ。
高さ30m、周囲約1kmの巨大な一枚岩(玄武岩)だそうです。
c0002260_16253240.jpg
ここでの滞在時間20分だったでしょうか。
あの向こうの立岩までみなさん律儀に歩いて行かれるんです。
天橋立を疾走したばかりなのに。orz
そばには間人皇后(はしうどこうごう)と聖徳太子の母子像が
遠目に見える。
地名は「間人」と書いて「たいざ」と読む。
超難関な読みのワケは自力で解いてください。をい。

c0002260_1626356.jpg
はい、私ら待機組。
波打ち際で時間つぶしてました。
c0002260_16263067.jpg

袖志の棚田「日本の棚田百選」
ここも歩いて上ります。全員参加。
真夏日近い炎天下に上ってはみたものの、さほど達成感が
ないのは、近年の過疎化、高齢化で休耕地が増えたせいかもね。
それともみなさんもっとすごい「日本の棚田百選」眼をお持ちだとかw
c0002260_16354244.jpg
c0002260_1637548.jpg
c0002260_16374093.jpg
c0002260_16382595.jpg


経ヶ岬 (丹後半島の先端)
の灯台まで徒歩20分が本日最強のカリキュラム(@_@;)
おいら岬の灯台守は妻と二人で沖ゆく舟の無事を祈って灯をかざす灯を かざす♪ですよ。
ここをね、天橋立、立岩、袖志の棚田からの~全制覇する古希軍。
c0002260_16385322.jpg
登らない私らは経ヶ岬公園で弁当広げて食べました。
c0002260_16391597.jpg
鳴砂の琴引浜
日本の白砂青松100選・日本の渚100選・日本の音風景100選
c0002260_16414370.jpg
穏やかな日本海と美しい白砂ですがこれもすべて
「琴引浜の鳴り砂を守る会」の方々の人力で守られています。
禁煙はもちろん、砂も持ち帰っちゃだめなのよ。
c0002260_1642899.jpg
こんなむくんだ足でもきゅきゅっと鳴きます。
c0002260_16423927.jpg


そして本日のゴール! 
縁もゆかりもない城崎温泉へ(号泣)
c0002260_1645342.jpg
c0002260_16512080.jpg
c0002260_16514250.jpg
c0002260_16521144.jpg
c0002260_16544057.jpg


                         つづく(うわ~ん)
by eight-b | 2016-05-30 16:55 | Comments(2)
Commented by jojo at 2016-06-06 19:29 x
聞き捨てならぬフレーズがあった為
いそいそとコメントさせて頂きますが、
「日本三景トップバッターは、誰がなんと言おうと
宮島にじゃけん!」(by広島出身者)

そして私も岩に向けて走る派だなぁと
改めて思いました。
なんかそれでやっと金の元が取れる気がする
から、というのが理由ですけど疾走のし過ぎで
命落として逆に大損だったりしてw
Commented by eight-b at 2016-06-07 16:39
■jojoさん
仰る通り!
日本三景唯一の世界遺産じゃけえ!
なめたらいかんぜよ!(極道かよ)www

メニューすべてこなした方によるとこの日の
歩数は一万歩だったそうです。
健康には理想的な歩数ですね。
というか一万歩ってこんなに歩くのかと
日ごろの運動不足を痛感しました。
ふくらはぎマッサージの次はランニングマシン
借りてきます。





<< ちょっと振り向いて見ただけの丹... 象のはな子が死んだ >>