雪中百姫(せっちゅうももひめ)
百田 尚樹

つい

ひゃくたももき

て言っちゃう。

どうでもいいですが。orz



中国観光客しかいなかった雪の大内宿から雪中百姫長女(四年熟成)
c0002260_9355776.jpg

  大内宿三澤屋の深井戸から汲み上げた地下水を逆浸透膜方式でRO水に替え
  会津の名酒、醸造元「花春酒造」にて特別純米酒として作り上げました。
  作りたての香りを封印したままにまろやかさを追求し大内宿の山中『雪の中』で
  1月から100日間寝かせます。
  その後に冷凍庫に床替をし、清々と育てます。まろやか美の探求です。
  5℃前後に冷やしてお召し上がりください。


長女(四年熟成)価格:4,000円と訊いて急に酔いが回ったという
なんともかんともな晩酌でした。(マジで目が回った)

椎茸の肉詰めと小松菜とレンコンのサラダ
c0002260_9415231.jpg
c0002260_942359.jpg
c0002260_9432366.jpg
c0002260_9444748.jpg


尚、雪中百姫 長女(四年熟成)は以下もございます。
次女(三年熟成)、三女(二年熟成)、四女(一年熟成)
最初からハードルの高い長女じゃもう戻れません。orz モモキ~
by eight-b | 2014-01-22 08:57 | Comments(2)
Commented by stcl at 2014-01-22 16:17
ももでんしょうじゅ、ゆきなかひゃっき…おさめ(長女)食いたい、いや飲みたい。
Commented by eight-b at 2014-01-23 08:03
■stclさん
おさめ長女は手強かったす。orz

可愛い顔してあの子割りとやるもんだよね♪ ( ̄十 ̄)アーミン
<< 会津坂下から喜多方へ 鰤照り >>