東山温泉「向瀧」から
今回は桐の間(本間10畳、次の間6畳)をお願いしました。
通常は三名様からの広いお部屋です。
山の斜面に沿って上り詰めた一番奥の部屋になります。
c0002260_14245863.jpg
今までの景色とは一変
自慢のお庭をお部屋から鳥瞰します。
c0002260_14421564.jpg
三千坪の敷地に24部屋
一つとして同じ部屋がないので
毎回違う造りのお部屋に泊まれることも楽しみです。
c0002260_14255782.jpg
c0002260_143667.jpg
c0002260_1436581.jpg
c0002260_1437159.jpg
c0002260_14372970.jpg
c0002260_14392372.jpg
食事の前に一風呂浴びてパソコンをLANに繋げてまったりしました。
c0002260_1453384.jpg
c0002260_14583396.jpg
c0002260_1456347.jpg
c0002260_14585494.jpg
c0002260_152501.jpg
c0002260_1535968.jpg
c0002260_1593531.jpg
c0002260_1595612.jpg
c0002260_1510682.jpg
c0002260_15135112.jpg
c0002260_1514658.jpg
c0002260_15141775.jpg


なんてったって会津は米どころご飯がおいしい
夜も朝も御櫃が空になるほど食べてしまう。助けてー。
c0002260_1524510.jpg
c0002260_1542668.jpg
c0002260_15263866.jpg
c0002260_15264966.jpg
c0002260_1527398.jpg
c0002260_15271425.jpg
c0002260_15272412.jpg



お湯よし、食事よし、気分よし
いつもいつも気持ちよくおもてなしをしていただいて
とてもゆっくりできました。

11月最後の向瀧さんを後にして
師走に突入した次の日から
さっそく雪が舞い散る会津になりました。
今年の雪見ろうそくは幸先がよさそうですね。
次回は桜の季節に伺うことを夢見て

またね。
c0002260_1544233.jpg






aonamiさんのリクエストにこたえて
津軽の馬鹿塗りこたつ板の全容をどうぞ。
c0002260_8472367.jpg

by eight-b | 2012-11-30 21:56 | Comments(7)
Commented by aonami24 at 2012-12-06 22:22
津軽の馬鹿塗りのテーブルが素敵です
テーブルの前景が欲しい
津軽塗のテーブル、最近は少なくなりました
ここの旅館なら さぞかし良いものかと
こぼれる画像から 眺めています
Commented by eight-b at 2012-12-07 08:45
■aonamiさん
> 津軽の馬鹿塗り
初めて知りました。
そうと知ったら今までなんとも思っていなかったのに
急に後光が射して見えるから不思議(笑)
実は最近こたつ板を替えました。
昔ながらの裏が麻雀できる緑のフェルト張りのものでした。
それを桐のこたつ板に替えたのですが、なんだか軽くて
頼りなくて、「中が空洞だぞこれ」とか言われちゃって
あの時津軽の馬鹿塗りを知っていればなあ
なんて思う師走の朝です。
今日は寒さ対策のため今季初めて灯油購入予定です。
Commented by eight-b at 2012-12-07 08:50
津軽の馬鹿塗り画像追加しました。
Commented by 一筆啓上ミフネ at 2012-12-07 10:06 x
ふぐさんの恥の上塗り画像の追加も待たれます。
Commented by eight-b at 2012-12-07 12:29
■一筆啓上ミフネさん

69  みんな違ってみんな好き
Commented by 温故知新ミフネ at 2012-12-07 17:46 x
「マグロ」は四十八手に含まれますか。
Commented by eight-b at 2012-12-08 11:23
惜しい!

「トド」の一本釣りに軍配!

<< 会津の野菜 御薬園から東山温泉へ >>