シェフの忘れ物
泊まりのゴルフから帰ってきたドッコイとアルピノへ。

アルピノに予約を入れてから、そうだドッコイは土曜日の同窓会の日(追記あり)も
仕事が終わって花子とここで夕飯を食べたんだった、と思い出した。
「どうする」と訊くと、「アルピノだったら続いてもいい」というのでそのままアルピノへ。

「こんばんは」の挨拶の後は、「アルピノも久しぶりだな」「しばらくぶりですね」の
ドッコイとシェフの会話が交わされる。ばかみたい(笑)

それでもそっと「ご主人寂しがってましたよ」と
どちらにも気を遣ってくれる工藤シェフ。
今夜も気分よくアルピノでの食事が始まります。

_____________

「好きな牡蠣があるよ」
たった一泊の留守番を労ってくれるのか
自分は生牡蠣が食べられないくせに勧めてくる。
それでは遠慮しつつ珠姫牡蠣を一つ。
c0002260_15454653.jpg
物足りなさそうに見えたのか(アタリ!)
「もっと食えば」のエールに応えて、追加の松島牡蠣を二個。
アルピノの生牡蠣はおいしいのでオイスターバー並に食べられるなあ
と思いながら(オイスターバー行ったことないけど)次のおいしいものを待ちます。
c0002260_15455785.jpg
おいしいベルギービールを手始めに。
c0002260_1546690.jpg
ヤリイカと茸のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ(ドッコイとシェア)
「ごめんなさい、ボクのミスです」と工藤ちゃん。
言われるまで気づかなかったけど、ヤリイカ入れるの忘れたようです(笑)
ヤリイカは忘れられたけど、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノをここまで
おいしく作るシェフに免じて許す(笑)
c0002260_15461462.jpg
北海道真鱈と帆立のロールキャベツ
忘れられたヤリイカ入り(笑)
美しいロールキャベツの中身は、帆立と鱈のすり身だったのかな。
c0002260_15463719.jpg
北海道産チェリバレー種鴨肉のロースト
ボリューミーでやわらかい鴨肉はドッコイと半分ずつでちょうどいい量でした。
c0002260_15465762.jpg
そしてここで花子登場のカプレーゼを爆食い
c0002260_15472375.jpg
ドッコイが一番好きだというカルボナーラ(メニューにはない)は
花子とドッコイで食べました。
c0002260_15474354.jpg
いつもの白を一本空けて、今夜も美味しかったアルピノでした。ごちそうさま。
c0002260_15453888.jpg

by eight-b | 2009-11-17 15:48 | Comments(6)
Commented by penseeflower at 2009-11-17 19:32
こんばんは~
ここものすごくおいしそうですね^^
ご友人の方は連ちゃんでも食べてもいいとまでいわせるお店!
やりいかのロールキャベツなんですか?
初めてかも~
カルボナーラもおいしそう!
ぜひいっってみたいので、場所教えてくだい^^
Commented by eight-b at 2009-11-18 17:07
■penseeflowerさん
お近くならぜひどうぞ。
イケメンシェフが待ってま~す^^
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1402/A140204/14000353/
Commented by penseeflower at 2009-11-18 23:49
ありがとうございます^^
残念な事に少し遠いので、すぐには行けないのが残念です^^
Commented by eight-b at 2009-11-19 15:28
■penseeflowerさん
どう板橋区^^。
越すに越せない多摩川越えは私もちょっと躊躇します。
Commented by 巧真。 at 2009-11-20 08:45 x
>「ごめんなさい、ボクのミスです」
「ボクのスミです」なんて言ってくれると話しが膨らむのに(笑)
Commented by eight-b at 2009-11-20 09:44
■巧真。さん
イカだけに。墨ません。座布団は出ません(笑)
<< 蕪と鶏肉の豆乳シチュー アラフォーなアラフィー >>