料理のハードル 
好きだけどなかなか手をつけられない料理があります。
たとえば茶碗蒸しなんてのもその一つ。
仕舞い込んだ蒸し器を取り出し、一人各一個の器を用意して
干し椎茸を戻したり、丁寧に出汁をとったり
卵と出汁の割合だの、仕上げの吸い口に柚子や三つ葉は必須だろ
とこだわる割りにメイン料理にならず。
気がつけば縁遠いメニューになっています。

これらはすべて作り慣れないからに他なりませんが

そして昨日はきのこ料理をあれやこれやと考えて「きのこの茶碗蒸し」を思いつき
チルド室で出番を待っている鶏のひき肉も使わなくちゃと、「ひき肉の茶碗蒸し」で
ネット検索をかけて見つけた このHP の画像が素晴らしい。
どうやらプロのカメラマンと料理のプロのコラボだそうでしばし見入っちゃいましたよ。

ということでこちらのレシピを参考に
きのこのあんかけ茶碗蒸しを手間なく作りました。
ひき肉の茶碗蒸しに、秋を感じさせるきのこのあんをかけるというもので
見た目豪華な割りに茶碗蒸し自体は簡単なものです。
銀あんは季節に応じて具材をいろいろ変えてもいいですね。
この日は来るインフルエンザに立ち向かう為にしょうが汁を絞って
ぴりりとしょうがあんです。
c0002260_22285094.jpg

私が知りたかったのは卵液に混ぜ込むひき肉の下味でした。
しょうゆと砂糖が同じ割合で、尚、ひき肉50gに対してしっかりした味つけの分量です。
しかも卵液の割り下がひき肉や牛乳でコクを出すとありました。
主な割り下は鶏ガラスープですがこれは市販のもので間に合わせるとしても
牛乳は初めての試みです。

c0002260_22293860.jpg
まあなんだかかんだと書きましたが、要は簡単でおいしかったということです。
先日の高山なおみさんの豆乳プリンも簡単なのにそのおいしさに驚き
手軽にリピートメニューとして我が家の定番になりつつあります。

そんなこんなで茶碗蒸しもプリンももっと手軽に食卓に上るメニューになりそうな

天高くふぐ肥ゆる今日この頃でした。


※このブログに頂くコメントで知ったのですが
  きのこの茶碗蒸しに舞茸を入れると固まりません。
  なまの舞茸はタンパク質分解酵素を含んでいるので加熱してから使いましょう。
  それもあんかけなら心配はいりませんけどね。
by eight-b | 2009-09-16 09:14 | Comments(4)
Commented by kyoe_noriko at 2009-09-16 11:46
うちの相方は茶碗蒸し好きの、具だくさん嫌いなので、だし汁だけでも喜んで食べてくれます。
有り難いことです。
先日はしらすだけ入れたのんを作りました。大喜びでした。
有り難いことです。
Commented by eight-b at 2009-09-16 15:31
■noriちゃん
それで相方さんの長身痩躯も納得です。
というよりアクティブなその原動力が具なしの茶碗蒸し
とは有り難いことです(笑)

それはそうとブルギヨンバター重宝してます。
おいしいねー。
Commented by abukamo at 2009-09-16 19:16
さっすがふぐさん、またえらく良いサイトを見つけられましたね!
メニュー豊富だし、レシピのシンプル。
FLASHサイトにしては見やすいし、印刷もOK。
週末の来客に何を出そうか思案中でしたので、大変助かります!

茶わん蒸しってよく作る人は手早く気楽に作りますよね。
わたしもけっこう縁遠いメニューです。^^;
Commented by eight-b at 2009-09-17 12:56
■あぶかもさん
きれいな画面はやはり惹きつけられますね。
あぶかもさんのブログもそうでしたが
「見入る」と「魅入る」の使い分けが分からず(^^;
確かあぶかもさんのところでは「魅入る」と使ったような。

きれいな料理のきれいな盛りつけをカメラの腕前でよりいっそうおいしそうに撮られると
観ているこちらもイマジネーションがかき立てられます。

プロ顔負けの料理を作るあぶかもさんの博識と
プロはだしの釣り師のカメラマンのご主人と
二人三脚の合作料理ブログはプロ並といっても過言ではありません。

それでパーチーメニューは決まりましたか?
ぜひ披露してくださいね。
<< アサリとキャベツのブルゴーニュ風 クロックムッシュ&クロックマダム >>