アンキモの塩麹/スキレット焼き
c0002260_2233311.jpg
この時季、青森のアンキモがスーパーに並んでいました。しかもお手頃価格で。
旬の頃には難しい国産のアンキモが手に入ったので、これを塩麹に漬けてみました。
二日漬けたところで取り出し、塩麹を洗い流します。
アンキモの水分をきれいに拭き取り、小麦粉をはたきます。
スキレットを熱し、サラダ油を引き、アンキモを両面ソテーしたら弱火にして蓋をして
中までじっくり火を通します。
仕上げに茹でたブロッコリーを加えてもう一度蓋をしてブロッコリーが温まったら出来上がり。
熱々のままスキレットごと食卓へ。レモンを添えます。

尚、二日漬けるとやや塩が回り過ぎなので丸一日くらいが食べ頃です。

魚卵、白子にも抜群の威力を発揮する塩麹だというのがあぶかもさんのところで
実証済みなので、アンキモの塩麹漬けになんの不安もありませんでした。
いやー、見事にウマい!アンキモの塩麹漬けでした。ご馳走さま。
by eight-b | 2009-06-05 21:03 | Comments(4)
Commented by abukamo at 2009-06-06 11:31
このフォアグラチックな見た目!
塩麹に漬けたものは焦げやすいので、スキレットはどうかなぁと
思っていたのですが、さすがスキレット使いのふぐさん。
そんな不安を一掃してくれました。
肝、魚卵、白子と濃厚なものに合うかと思えば、
豆腐やら砂肝みたいに脂っ気のないものにもピタリとハマる。
不思議ですね。
意外と野菜(漬けもの)は難しくて、今いろいろ試し中です。

ちなみに、わたしはアン肝をソテーしたことはありません。
カワハギの肝ならありますが。^^;
Commented by eight-b at 2009-06-08 12:48
■あぶかもさん
塩麹アンキモ「蒸し」も考えたんですが
これスキレット焼きだからかえってよかったのかもしれません。
宝山(焼酎)の炭酸割りに合うんだよ(笑)
豆腐、砂肝、魚卵、野菜と、そそられますが
先ずは塩麹の自作に挑戦します。
生麹が手に入らないので乾燥麹から・・・

なんか急に道が遠くなったような(笑)

Commented by abukamo at 2009-06-08 16:55
わたしも塩麹の在庫が少なくなってきたので、先週生麹を通販で
注文しました。そのあと、ふぐさんが「生麹がない」と嘆いているのを
拝見して、あぁ、多めに注文して分ければよかったと後悔しましたが
あとの祭りです。ごめんちゃい。_o_

で、さっそく仕込んでみましたが、今日見たらすでに良い感じになってます。
味をみたら、もう塩麹の味です(もちろんまだ全然発酵が足りませんが)
かあちゃんが乾燥麹でもちゃんと作ってましたが、やはり生のほうが
発酵は早いみたいですね~。

そうそう、ハタハタも塩麹に合うみたいです。
秋田の郷土料理だそうですよ。
Commented by eight-b at 2009-06-08 17:10
■あぶかもさん
私はのんびり乾燥麹で作ります。^^
いつでもお手軽に作る方法を身につけとこう。

>そうそう、ハタハタも塩麹に合うみたいです。
>秋田の郷土料理だそうですよ。

ハタハタを食べた記憶がまったくないドッコイですが(笑)
これはいいかも。
ハタハタの卵と塩麹のコラボが今から待ち遠しい~。


<< オニオンリングのヨーグルトソース イカスミパスタのミートソース >>