簡単べったら漬け
c0002260_93044.jpg

c0002260_12575411.jpg
c0002260_9275373.jpg



用意するのは
大根、塩、甘酒の素、だけのお手軽
べったら漬けですが
おいしく仕上げるのは少しの手間と時間が必要です。






揃えるものは大根、塩、市販の甘酒の素、とは言え漬物樽だの桶だの、
ましてや重石をお持ちの奥さん挙手しなさい。

し~ん。

ならばこれ。
c0002260_7371060.jpg

洗い桶と、果実酒の保存瓶を重石の代用にしましょう。
なければペットボトルと洗面器。どうだこれならないとは言わせない。
その下には落とし蓋。落し蓋がなければ鍋の蓋。

<作り方>三回作った経験談。
大根の皮を厚めに剥きます。半分に切って(縦割りは無用)塩を振ります。
塩は大根と呼び水1カップ(大根の水上げを誘う水)の3%。
そして水が上がるまで三~四日、日陰の身で待ちます。
さて、すっかり水が抜けて小さくなった大根を水揚げします。(優しくしてね)
水気をきれいに拭き取り、蓋のある容器に移し、甘酒の素をかけますが
市販の甘酒の素は、少し煮詰めてとろとろにしたほうが大根に味が馴染みます。
そしてまた待ちます。五~六日。今から作ればちょうどお正月に間に合いますね。
私も四回目のべったら漬け漬けよっと。
by eight-b | 2004-12-20 09:11 | 漬物、保存食、乾物 | Comments(3)
Commented by ちろりーぬ at 2004-12-22 21:56 x
でさ、味はどうだったのよぉ ψ(`∇´)ψ
Commented by eight-b at 2004-12-22 22:26
三回目にして、完璧!
詳しいレシピは年賀状が出来上がってから(虫の息のふぐ)
Commented by eight-b at 2004-12-23 08:07
ちろりーぬさん、たった今載せました。未完の年賀状山積みなのに(ーー;)
<< 鮭の親子丼 忘年会 >>